fc2ブログ

ブログも書く。

SNSを沢山やり始めてここの存在意義を考える毎日です。笑

19日は池尻大橋CHADさんで
unpluged 2man live セカイ部屋vol.65「スーパーギタリスト来宅」でした!
夏のクラクション歌ってたらクラクションは鳴るなどの神がかりシーンが沢山。笑

素晴らしい時間でした。

市川セカイさんとは自分でもやってても思いますが、声や音楽。
人間性の相性が良い!
と観てた皆さんに沢山言って頂き、ビックリするくらい一体化出来ました。

あと、セカイさんがギター上手だったのがビックリ!


いやあ、盛り上がりましたね!
セカイさんのコンセプトで前に1人に58一つ置いて歌もギターも演奏するスタイルはなかなか良いもので、会場と音響設備のバランスもあってか素晴らしく楽しい環境でした。

持って行ったATUSHI NAKAMURAのガットギターが生鳴りが半端ないのでこれにピッタリ。
自分のライブでも生音に近い環境の時に使ってみたいと思ってましたがここまで良いとは。

ハカランダ単板ボディの低音と音の飛び方は素晴らしいの一言でした。
またマイク収録や生音系をやりたくなりましたなあ。


会場には満員の皆さん。
沢山CDも買って頂けて嬉しい!

ありがとうございました!


少しの間歌うライブはお休み。
といいつつ今年は思ってた以上にライブを沢山やっている一年になってます。
歌うことの楽しさや意味を噛み締めております。

今まで以上にライブは思いを込めて歌いたいなと思います。
今後とも応援よろしくね!




スポンサーサイト



普通じゃないツアー。

短い期間でしたが、Scott Chadwickさんとのツアー
「My Guitar Trail Tour」
東京、京都、岡山公演。

そして3月から東京、名古屋、京都、大阪、神戸と続いたUkenとのツアー
「フジタユウケンツアー」
姫路のアクリエひめじでのライブが無事終了しました!

東京は昼はワークショップもやって夜はライブ。
フリージャムセッションには、マシータさん、もっくん、ヤスオミ、小山晃一さんが駆けつけてくれて一緒に演奏できて嬉しかった。

京都はモダンタイムスでスコットさんとじっくりライブ。

かなり音楽的になってきた感触もあり、セッションでも
初めてバンドを組んだメンバーの石田尚穂君と、京都から上京するまで一緒にRIDE on BABYをやっていたシロマサキさんと。
LOVE LOVE LOVEのドラムさんちゃんとRAJASの七條さんとセッション。
スコットさんも入って沢山演奏して、アメリカ人のお客さん相手に踊らせる為のセッションしたり。笑
アメリカで演奏するときのような心持ちでやってました。

岡山ではついてきたおかんと一緒に観光して。笑
GUITAR TRAILERさんでのライブも素晴らしい空気感と音楽的空間にどっぷり浸かりました。
本当に演奏が良くなってきてたので終わるのが勿体無い感覚あります。

姫路ではUkenのライブにゲスト出演。
自分も歌い、ギターも弾き。
勝手に企画で弾き語りをさせたり、新曲を作って持ち込んで、
照明のアイデアを出したり。
イベントの進行も絡むくらい、ゲスト感のない1日でしたが、笑
沢山のお客さんを1人で集めたUkenの努力に感動して、弾き語りで1人きりでもステージを背負い、新曲では自分のイメージしていた空間を再現してくれました。


自分ももはや、普通にギター弾くんじゃダメなんだなって実感。笑

自分がいてこそ意味がある事にしか興味がなくなってるし、自分のテーマである、「自分じゃなきゃ出来ない事」に集中できたツアーだったと思います。

次へのステップに向けて色々と準備も進めていきたいと思います。

ありがたい事に来年のお話もどんどん頂いているのでそれの実現のためにさらに音楽感を磨き進みたいと思います。
お会いできた皆様、ありがとうございました!

セッションしたい。

今月末のツアー、

7/30東京 学芸大学Cherokee
8/4京都木屋町Modern Times

ではライブ終了後、アフターライブと称して、当日集まった人でセッション大会を開催したいと思います。
もちろん一緒にツアーに回るScott Chadwickさんにも参加して頂きたいと思っています。

シンガーの方は歌ってもらってもいいし、とにかくミュージシャン同士の交流が刺激的であることと、そこで生まれる音楽が特別であることを観てくれる人にも伝えたい。
ぶっちゃけプロモアマも関係ないです。

その場でしか生まれない空気と音楽をもっと大事にしたい。

なので、ミュージシャンの方もドンドン遊びに来てほしいのです。
初めての人同士で繋がることもあるかもしれないし、仕事につながることもあるかもしれない。
僕と一回も演奏していない人も来てくれたら演奏できる機会になるし、まずは気楽にジャムセッション。

お客さんにも声で参加してもらいたいな。

偶然生まれる音楽やミュージシャンの出会いも楽しみたい!

39歳のスタート。

三軒茶屋グレープフルーツムーンでのフジタユウスケワンマン無事に終了しました!
先週の京都に続き、くるりの佐藤征史さんとくるりの最新作や映画にも参加している森信行さん、もっくんとのバンド編成。

そこに京都はScott Chadwickさんが入ってくれましたが、東京はJonathan Katzさんがピアノで参加。

リハーサルを経て良い状態でのライブでしたが、本番も良き!
バンド感もありつつ、配信やグレフルの音響やキャパも考慮しての音作りは皆さんさすがの一言。

バランスも良く音がとても好評でした。
プレイも冴えて、よくまとまったなあと我ながらに(笑)

ジョナサンとにduo編成での演奏も痺れましたね。
彼のプレイには本当に学びが多いです。

今年は本当にやりたい人。
音楽的に進化出来る仲間と演奏すると決めてのこの編成のライブ。
また一歩前に進めた気がします。

楽器周りでは、この度僕の元にお迎えすることになった
Gibson ES-345 1962
そしてお馴染みの
Fender Stratocaster 1961
Fender Telecaster Custom 1976
と言うヴィンテージギターファイルのような顔ぶれに、Ibanezのアコギ。

そしてアンプはCeriatoneとtube worksのキャビの組み合わせ。
もうこれで決まりでしょ?ってくらい音量抑えても出しても良い音が出る組み合わせでいい仕事してくれました。

キクタニさんで購入したDanelectroの3699FUZZもよかった!

ワンマンは自分の機材を思いっきり登場させる機会でもありそう言う意味合いでも楽しめますね(笑)

沢山の方々にお祝いもして頂き。
打ち上げも楽しく。

素敵な短いワンマンツアーでした。

また近いうちにやりたい!
と素直に思えるライブでした。

参加いただいた皆様本当にありがとうございました!
39歳のフジタユウスケもどうぞよろしくお願いします!

さて次はトミショーのライブへの出演。
そしてスコットさんとのツアー。
Ukenさんのツアーファイナル。

と続きます。
お楽しみに!

無事に39歳なりました!

本日無事に39歳になることが出来ました!

38歳は音楽的にも大きく変わることが出来た一年でした。
ライブはもちろん、配信、ワークショップなど音楽との関わり方も幅が増えて一年前とは全く違う感覚の毎日を過ごせています。

今までも沢山の方々に支えられてここまで来れましたが、ここからは更に、皆様のお力を借りつつ、40歳になる頃にはまた新しい自分になれるよう、この一年もミュージシャンとしてだけでなく音楽に関わる人間として。そして人としてもっと大きくなれるように精進したいと思います。

随分とご無沙汰してしまっている方からもメッセージ頂いたり、繋がりを感じます。
ツイッターでも沢山メッセージもらえて誕生日のありがたさも感じております。
みんなありがとう!

お世話になった方々に少しでも何かを返せていけるよう、頑張りますので、
今後ともフジタユウスケをよろしくお願いします!




2023.06.23.Fri
フジタユウスケ 39th & 森信行 48th Birthday Party!〜東京編〜
形式:バンド形式(Ba:佐藤征史 Dr:森信行 Pn:Jonathan Katz )
場所:東京三軒茶屋・グレープフルーツムーン
出演:フジタユウスケ
時間:OP18:15 / ST19:00
価格:前売5,500円 ・当日6,000円 (ビュッフェ付き各1ドリンク別途) 配信2,500円
予約:動員チケットは3/11 12時より以下の専用フォームにて予約受付。
https://tiget.net/events/234841

配信は以下から購入可能。(アーカイブは2週間)
https://twitcasting.tv/c:grapefruitmoon_/shopcart/221857

まずはその第一歩!
ワンマンライブです。
どうぞよろしくお願いします!