fc2ブログ

振り返りを振り返って。

本日は昨日の収録をお届けする生配信でした。10年前のレコーディングのことを振り返って皆で話していると色んな思い出が蘇ってきました。


当時渾身で録音に取り組んでたけど、今とは根本的に違う部分が多々あって、自分でも成長出来たなと思える部分もあったし、10年やってきて良かったなと思いました(笑)


当時今やっている演奏や歌、音のミックスについてやトークなど全てが追いついてなかったし、背伸びしまくってた(笑)
その背伸びのおかげで今があるのでそう言う時期も大事だなと思いました。


木下さんのこの10年で変わったことの話も面白かったし、山田雅人の変わらなさも驚いた。
何が良いとかではないが自分自身が今の自分に納得できているか。
自分との戦いはずっと続くのだなと。


良い振り返りでした。
アーカイブもありますので是非!


https://twitcasting.tv/nineuplive1/shopcart/92066


また前に進もう!



スポンサーサイト



10年前のアルバムを。

今週末、14日は配信。
今回は10年前に発表した「グッドモーニング」という僕にとって3rdアルバムを振り返る企画。
全曲は難しいですが、当時のレコーディングメンバーにも来て頂いて、アルバム曲を今の自分たちで演奏、アレンジしてみます。


鍵盤を当たり前のように弾いたり、機材が当時とは全く違うくらいに揃っていたり。
当時は借りまくってましたからね。本当、お世話になりました(笑)


曲は素晴らしい曲揃いで(自分で言っちゃいます 笑)演奏し甲斐はあるのでいかに曲の良さを知ってもらいつつ、今の自分の歌、声、ギター、音楽センスで表現するかかなあ、と思ってます。


新しいCERIATONEも登場しますが、こいつも久々に登場。
世界一の爆音アンプ。Marshallのいわゆる1959。


キャビとの相性はどうでしょうか。
そして、このアンプに対してCERIATONEはどのように鳴ってくれるのか。


ボードも今回はメインボードでお送りしますので、Brush Eightさん色の強い機材でお送りいたします(笑)
ほんとお世話になってます。


ただ配信するだけでなく、楽しみは作っていかないとね!(笑)


オリジナルの音源もサブスクでも聴けますし、出来るならCDで良い音で聴いて欲しいので、まだ聴いていない人にも届くといいなと思って配信します。


よろしくお願いします!


https://twitcasting.tv/nineuplive1/shopcart/92066









37歳になりました。

もう37なのか。。。正直なところそんな気持ちもなくはない(笑)
ただ毎年この時期になるとライブや最近だと配信の準備で全く実感がないまま歳が増えているので
今年もそんな感じで気がついたら歳越えてました(笑)




今年はいつもと違って人は少なく、磯貝サイモン君がゲストで出演してくれる以外は基本1人での配信。
今まで沢山の出演者がいる状況が多かったのでなんとも新鮮。




内容はどんな曲でもリクエストに応える恒例の配信企画。
沢山の方に視聴頂けて、お祝いして頂き嬉しく、幸せな時間でした。




ゲストに磯貝サイモン君が来てくれて3時間カヴァー歌いまくった後に登場して1時間喋り倒して、最後二曲をバシッと決めてくれました。
その2曲が自分にとっての最高のプレゼントになるような素晴らしい演奏でした。


もっくんこと元くるりの森信行さんとの配信を行き来しての動画セッションも楽しかった(笑)


来月配信に読んでいただくことになったTHE BOOMの山川浩正さん、動画編集でいつも助けてもらっている青江好祐君、来月新潟の野外イベントに呼んでいただけることになったひなたのお二人からもお祝いコメントも頂き、ありがとうございました!


23曲を歌うだけでもなかなか大変ですが、全ての曲にアレンジを施し、収録曲は自身でミックス、動画編集もして、完全に1人の人間がやれるキャパシティのギリギリを攻めました(笑)


撮影、進行の補助、コメントの編集などを社長が進めてくれているので集中して出来ました。
2人で作る配信としてはかなり濃い内容だったのではないかと思います。
配信中のコメントやゲストさんのおかげもあって盛り沢山な配信になりました。
ありがとうございました!


配信内で告知しましたが、
7月は色々やります。




7/7はTHE BOOMの山川さんの配信、YAMA’S Roomに出演させて頂きます。
今回たまたま山川さんに所縁のある曲をカヴァーさせて頂いたので、答え合わせのような気持ちでそれらも出来たらなと考えています。


詳細はまた追って!


そして、7/18は新潟県長岡市で行われる、


『相愛傘フェス‼︎vol.3』に出演させて頂きます!


こちらは入場無料の有観客ライブ。
ゲスト人にお久しぶりのナカノアツシさんも出演。
コロナ禍においてこういったイベントに呼んで頂けれるのは嬉しい限り。
久々の弾き語りでのライブ。楽しみです!




そして11月。12~14日の3日間。
群馬県にある廃校になった小学校を使った合宿のようなイベントを開催。
配信のテーマである、音楽実験。
今までは配信でこれらをお見せしてきましたが、それを研究結果発表。そして皆さんにも体験して頂けるようなイベントをやりたいと考えています。


詳細は追ってお知らせしますが、特別体験を皆様と。
楽しみにしててください。




7月後半は久々に振り返り配信も出来たらいいかなと思ってます。
盛り沢山な内容でお届けしまくってたのに2週間で消えてしまうのはもったいない!


そんなわけで、37歳も大いに歌い、大いに弾きまくる一年にしていきたいと思います。


今後ともよろしくお願いします!!


最後に配信のセットリストを
アーカイブもありますので是非!!




2021年6月21日(月)
フジタユウスケ 37th Birthday Online Party
~また一つ大人になったリクエストショー~


1.Gene Kelly / Frank Sinatra「Take Me Out to the Ball Game」スウィングジャズっぽく
2. RIDE on BABY「席替え」弾き語り
3. 猿岩石「白い雲のように」弾き語り
4.トミタ栞「エンドレスゲーム」サーフロックバンドアレンジ
5.あいみょん「愛を知るまでは」弾き語り
6.SMILE「昨日の少年」12弦ギターで弾き語り
7.比屋定篤子「Allelujah」ガットギターで原キーカヴァー
8.玉置浩二「カリント工場の煙突の上に」弾き語り
9.フジタユウスケ「ユリリガドミー」(with 森信行)ドラムとギター動画にベースでセッション。
10.岡村靖幸「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」エレアコで弾き語り
11.NiziU「Make you happy」エレクトロアレンジ
12. Raul Midon「State of Mind」叩き語り
13.DREAMS COME TRUE「空を読む」リズムと弾き語り
14.THE BOOM「釣りに行こう」弾き語り
15.中川敬 / 山口洋「満月の夕」三線と弾き語り
16.フジタユウスケ「クロスロード」弾き語り
17. Oasis「She's Electric」バンドアレンジ
18.桑田佳祐「悲しい気持ち(Just a man in love)」弾き語り
19. 斉藤和義「歌うたいのバラッド」弾き語り
20. フジタユウスケ「マチガイナイ」弾き語り
21.フジタユウスケ「魂の歌」弾き語り
~サイモンタイム~
22.ゆず「GreenGreen」サイモン君のピアノと
23.フジタユウスケ「星に願いを」サイモン君のピアノと


アーカイブはこちらから!
https://twitcasting.tv/nineuplive1/shopcart/80272









Real Camp Fes 無事終了!

去年から温めて来たイベント、Real Camp Fes。キャンプ場でディスタンスを保ちながら、でも今までのように声を出したり思いっきり空気を吸い込んでもらえるイベントをやりたい!とフジタユウスケチームで進めてきました。


テストライブをしてみたり、色々な問題に直面しながらも、発案者である木下さんをはじめ、キャンプを管理するVillage inc、音響チーム。
皆さんの力をお借りしながら無事に終了しました。


天気は雨予報ではあったものの本番日は見事に外れてなんとか完走!
前乗り日は最高の気候で、気温も高く、快晴。
人数が少なかった為、桟橋から会場までの数十メートルの砂浜搬入がなかなかこたえました(笑)


しかしこういうのがグルーヴを産むもの。
無事運び終えた後の飲み物がたまらなく美味かった。
その後はセッティングしたら釣りしたり、サウナ入ったり満喫。




ライブ当日は鳥の声で目が覚める。
天気も良くって、頭が「もう起きたい」というので短い睡眠時間でしたが早く起きる事に。


コーヒー飲んでついでにちょっと釣り。
朝ご飯食べて、シャワー浴びて、セッティング。
私の思い出が到着してリハーサル開始。


そのまま本番へ。
久々のライブは1年ぶりのコールンドレスポンス。
拍手やイエー!という声。
天気は最高で、その場所の空気という空気が最高でした。
ユースムースの近藤君入りの編成はコーラスやマンドリン、ギターを弾いてくれたおかげで曲が本来の形に表現できるようになり、より豊かになりました。


ユースムースのライブも素晴らしく(アコギとマンドリンのシンプルな編成の時の栗原さんの音作りがまたお見事)、続く寅君、私の思い出の一年ぶりのライブも良かった。


僕たちチームが開催まで目指した、「何もないところでの良い音楽環境」は見事な形で当日をむかえました。
ほんと音良かったなあ!音楽イベントとして守りたい部分をきっちり守り切れました。
機材は翌日が雨予報だったので当日のうちにバラそうと思ったら押したりしたのもあって船が帰ってしまい一時騒然となりましたがなんとか無事機材も戻すことに成功。


JC120を持って浜辺を全力疾走して、翌日まで残るダメージを負いましたが(笑)




帰りの日は大雨になり、船での搬入搬出はかなり痺れましたが、それも初回ならではであり、思い出に残るイベントになりました。


ライブシチュエーションとしてもとてもよくお客さんも思い思いのキャンプを、ライブを楽しんで頂けたようでなんとか開催できてよかったなと。
villageの皆さんのおかげでキャンプとしてのホスピタリティも素晴らしく、楽しんで頂けたようで良かったです。


振る舞いコーヒーも100杯くらいは淹れました(笑)
ずっとコーヒー淹れてたな(笑)
皆さんが寒くなってきたときにコーヒーを飲んでるとうまそうに飲んでくれるんです。
嬉しかったな。
福岡のハッピーヒルの豆も1キロ以上使いました。
皆さんの協力あっての感想でしたなあ。


何かを一丸となって作ると言うことが改めて心地よく、また次なるイベントに向けての意欲になりました。


イベントを支えてくれた出演者、スタッフ、協力者の皆さん。
そして何より、この大変な時期にこのイベント選び、その労力、時間、お金をこのイベントにかけてくださったお客様には本当に感謝でいっぱいです。
ありがとうございました!


またみんなで思いっきり音楽を楽しめる空間を作っていく所存であります。
これからもよろしくお願いします。


帰ってからは16時間寝てこれをダラダラ書いてました(笑)
また次なるステージへ!



















京都は温かかった。

配信ツアーとして公演数としては少ないながらも京都経由で、初日は岡山で配信しましたが、翌日は京都の僕の実家から配信。


元々僕の祖母が使っていた部屋を、祖母が亡くなってからは僕が帰省した時に寝る部屋として使ってました。(自分の部屋は物置き。。)
まさかそこで配信をする事になろうとは。。(笑)


でもこの一年培った配信チームはどこでも環境を構築できる力を身につけてて、あっという間に完成。
狭い6畳の和室が配信セットに変わりました。


今回も岡山の青江君と同様、2階で母親が配信を観ている後ろ姿を僕達がモニターで観れる環境を作り、演奏。
母親はいつもライブにも来てくれるので、観ている姿は見慣れたものですが、普段こうやって配信を観たりしてるんやなあと思いながら、揺れる母親の後ろ姿に心打たれる瞬間がありました。
京都でライブをすること、歌う姿を母親に見てもらうことはもう何度も何度もやって来ているので特別に気持ちが入る!なんて事はあまりないのですが、毎回自分が成長している姿を見せてきちんと音楽家としての姿を届けようと思っています。


そんな中コロナがあり、あれだけ行っていた京都にもなかなか帰れなくなり、貴重な機会となってしまいました。
コロナ禍で帰省を諦める声も聞きますし、おそらく反対する方もいらっしゃるのだろうとは思いますが、きちんと理由と自分自身の意識を持って、その先で会う人達と話し、了承を得ていればいいのかなと思っています。

今回もきちんと話をしていたので京都で会う人達はいつものように迎えてくれました。


実家からの配信という事で、一緒に上京して今は実家に帰ってきている兄貴もいる事から、15年振りくらいに組んでいたRIDE on BABYを一曲だけ復活することに。
昔サポートしてくれていたベースの小山晃一さんやドラムのよっちゃんこと川崎祥元さんもサプライズで動画で登場。
配信でなければありえない展開に、配信をやることの意味を強く感じました。


兄貴とは音楽性の違いや仲が悪くて休止とかした訳ではないので、別に一緒にやる事を拒む理由はなかったのですが、皆さんに見て頂く以上、きちんとしたものをお届けしないといけないという思いは常にあって、そこに対して空白の年月が埋めれるのかなという思いから、これまで実現はありませんでした。


しかし配信という形、そして何よりこの一年の配信を通じて、信頼できる仲間との配信で実現できそうな気がしたので声をかけてみました。


兄貴が京都に帰って15年、音楽を表現するフィールドは大きく離れてしまったけど、緊張しながらも、衰えながらも(笑)一生懸命やってくれた事に嬉しかったりしました。
当時、僕に今くらいの人間的、音楽的器量があったらまた違ったのかなあとか思いながら。
兄貴が居なかったら、上京することもなかったかもしれないし、今の自分はない訳で、そう考えると感謝しないといけないなと思います。


そんな事を考えて一緒にやっている息子達の姿を母親は、母親として大層喜んでくれまして、それはそれでこのツアーのコンセプトでもあって良かったなと思います。


昔の曲を沢山演奏しましたが、僕の現在進行形の新しい曲「マザー」で想いは伝えたし、母親がフリップで画面越しに書いてくれた「がんばりよしや。わたしもがんばる。」の言葉で、それが伝わったような気がしたのでこのタイミングでやれてよかったなと思いました。


実家で歌って母親が上で観る姿を見る。兄貴が歌ってる、などと訳がわからない状況でしたが(笑)家族としてはとてもありがたくミュージシャンとしては時の流れを噛み締める大切な時間になりました。
お付き合い頂いた視聴者の皆様、一緒に配信を作れた仲間に、本当に感謝感謝です。


まだしばらくアーカイブで観れるようになってます。
長い配信ですが、昔から僕を知っていただいている方はもちろん、ソロの僕しか知らない人も一つのドキュメント的に観ていただけたら嬉しいです。
https://twitcasting.tv/nineuplive1/shopcart/53862




終わった後はなんだか体バキバキに疲れてましたが(笑)岡山と2日間の配信に達成感を皆で共有できてまたツアーとしても良い最終日になりました。


色々な不安要素もアイデアと経験で乗り切れるユースムースアヴェニューとフジタユウスケ配信チームのコンビネーション。
もうどこ行ってもできるんではないかと思っちゃいます(笑)


色んなシステムを導入、使いこなし、更なるフェーズに入ったフジタユウスケの配信。
これからも進化し続けたいなと思います。


さて次はどこから配信しましょうかね。お楽しみに!!