FC2ブログ

5/9は無料配信やります。

前回はライブ、音楽をお届けする為に、有料配信しましたが、それを踏まえて次は無料で配信します。

届ける側も、受け取る側もさらに検証が必要だなと思った次第です。
配信側の考える配信と視聴者側の考える配信にどれだけ差があるのか。
それを共有する事で皆で良い配信生活ができるのではないかと思います。

僕が配信に対してどう考えているか。
皆さんが聴きたいものがなんなのか。

配信に適した環境はどんなもので、wifiやモバイル通信で観ている人がどう見えているのか。
スマホやタブレットのスピーカーでそのまま聴いている人とヘッドホンやオーディオで聴く人とでどれだけ差が出るか。
こんな話はオンライン飲み会とかで沢山話題になるんですが、色々視聴者の皆さんの意見も聞いてみたいなと。

そこに賛同して、参加してくれることになったユースムースアヴェニューのお二人をお迎えして色々と検証、討論してみようと思います。

内容的に短めの配信になると思いますし、歌もあんまり歌わないかもしれませんが、興味のある方は是非とも!

https://twitcasting.tv/nineuplive1




スポンサーサイト



音楽の価値とは。

明日は初めての有料配信と言うものに挑戦します。

お金とるからにはちゃんとやらんとなと日々考えて、明日はまずお試しではありつつ、可能な範囲で良い環境でお届けしようと思っています。

やるからにはお客さんに音楽の価値を委ねる投げ銭制や「とりあえず弾き語り」みたいなので500円だけ頂く的な事はあんまりしたくなったので(なんだかちょっとクオリティに引目を感じてるように感じてしまう)、場所を提供して頂けるスタジオさん(本当に感謝!)助けてくれるスタッフ、メンバーのお力添えもありですが、自信を持ってお届けできる形になりそうです。


とは言えお金を取る配信には少し不安もあって「本当に観る人いるんかなとか」考えたりもあるし、初めてという事もあるし、なんせ今のご時世、何やっても何かと角が立つ(笑)
それでもこのタイミングで有料でやるのはミュージシャンとして価値を維持したいから。
無料で動画を上げたり、配信する事も時にはあるけど、本来はお金をいただいてその価値を責任もってきちんと音楽を届けるのがプロとしての仕事だと思ってる。

もはや無料で動画なんて誰でも上げてて、やってて当たり前だし珍しくもない。
昨今の状況でも、出来る事をなんとかってボランティア的に皆やったりもしてるし、それ自体はとてもいい事なんやけど、それを続けてたらお金を頂いて音楽をやってきたミュージシャンはきっとこのままだともたなくなる気がしてる。
お金がないからとかじゃなくて(それもあるけど笑)ミュージシャンとしての自分の価値がだんだんはかれなくなってくると思うんです。

ツイッターで見てても、やっぱりどこか皆がこういう音楽が溢れている状況に慣れてきて、本来お金を頂いて披露していた演奏や録音物などの音楽の価値が下がってきてるように感じます。
ほんまはそういう事じゃないんやけども。


だから、いつも手伝ってくれる方々に少しでもお返しをする為にも、これから自分の音楽を良い形で届ける為に、僕らが音楽家として価値を持って生きていけるように色々と挑戦します。
うまく行ったらミュージシャンをはじめ、今コロナで困ってる音楽業界の素晴らしい技術を持っている方々とも、新しい事に皆で挑戦出来るようになるんじゃないかと希望も持ってます。

新しい音楽の伝え方として世の中に定着していくような気もします。
温かく見守っていただけたら嬉しいです。

とりあえず明日は最初の試み。
沢山の人が観て楽しんでくれますように!!

「ysk music labo. vol.1」
https://twitcasting.tv/nineuplive1/shopcart/2580

新しい事を始めます。

まさかこんな事になるなんて、今年の年明けには思ってもみなかった。
沢山決まっていたソロのライブや、サポートのライブも4月は全て中止、もしくは延期になってしまいました。
4/8新宿レッドクロス、4/9三軒茶屋グレープフルーツムーンは中止。

そして4/22に予定していた下北沢ニュー風知空知でのワンマンも延期となりました。
とても悔しいし、残念です。

でも僕だけじゃない。全てのミュージシャン、演劇、エンタメ
いや、全ての人達が悔しい思い。悲しい思い。不安と戦っています。
何か出来る事はないかと、皆が必死の思いで今を生きています。
ミュージシャン達はツイッターで短い動画をiPhoneとかで撮ってあげたり、少しでも自分の音楽を、想いを届けようと皆が模索しています。

僕自身も気持ちを制作に切り替え新しい機材や環境を整えて制作に入ってましたが、やっぱり皆さんに向けて何かしたい。
こんな状況でも楽しめて、繋がれて。喜んでもらえる事はないかなと考え、更にそれを闇雲にではなく自分のミュージシャンとして培ってきたものならではのもので、これをきっかけに新しい世界が広がるようなものがしたかった。

そこでフジタユウスケチームで目をつけたのが配信。
配信というものもこの状況下で沢山の人が始めています。
ライブハウスも始めてたりと新しい音楽の届け方となりつつあります。

ただやっぱり配信というのは、どうしても画質や音質などには厳しい面があり、「こんな時だからせめてもの。」という想いの他に、本来自分の伝えたい音楽の素晴らしさや楽しみ方が伝わる方法がないものかと考えました。

元々は海外では主流になりつつあるYouTubeなどでアップされている「無観客」で行われる「スタジオライブ」がすごく好きで、ライブの空気とはまた違う、歌や演奏の質感や音楽をじっくり深く楽しむ演奏が沢山アップされていて自分もやりたいなと思っていました。
現在の状況でも自分の今を、ライブを届けるなら、自分らしく少し偏ってて変態じみた(笑)音楽の楽しみ方や実験を配信に乗せてやってみたいと思ったのです。

そこで、今までにやってきた少しライブよりも音楽を掘り下げた少し「実験的」なものを「ライブで」お届けする「ysk music labo.」というチャンネルを立ち上げ、ツイキャスで配信ライブをする事になりました!


2020年4月22日(水)
「ysk music labo. Vol.1」
場所:オンライン・ツイキャスプレミアム配信
出演:フジタユウスケ(w/木下裕晴・川西嵐丸)
時間:ST19:00(スタートは遅れることがあります。終演時間は未定です。)
価格:2,000円(各自ドリンク準備推奨)
予約:以下のプレミアム配信チケットを事前にご購入ください。お支払いは、クレジットカード、ネット銀行、ペイジー、コンビニ支払い、Amazon Payに対応しています。 ライブは生放送のほか、放送終了後2週間視聴できます.
https://twitcasting.tv/nineuplive1/shopcart/2580


配信ライブというもの自体にはまだ感覚的にも慣れていないですが、今の状況で出来るライブを。
ライブを観る感覚で、でもライブとは違う内容の音楽を家にいて楽しめる方法をこれから皆さんと一緒に模索したいと思っています。

しばらくはアーカイブにも残りますので、生で観れなくても追いかけられます。
音質も簡易的にマイクひとつや簡易レコーダーで撮ったものではなくレコーディングに近いシステムを組んでお届けします。
これを配信で届けるには、技術的、環境的に色々工夫が必要でめちゃくちゃ大変でした(笑)

その為、ネットの回線状況(wifiで観るかモバイル通信で観るかなど)で音質や画質も変わります。
なので出先でリアルタイムで観て、家に帰ってからじっくりヘッドフォンやステレオに出してじっくり観ることも出来ます。

やっぱりライブとしての音楽の良さは、生の演奏には敵わない部分はあるので、配信だからできる、スタジオライブだからできる、そもそもライブとは違うベクトルの楽しみ方を皆さんに提供できるようにしていきたいなと。
僕もシステムとしてはまだよくわかっていないですが(笑)第一回を延期になった4/22に配信しようと思います。

コメントなどでコミュニケーションも取れるそうな。
皆さんの新たな楽しみの一つになれることを願って、良い質の音楽をライブで配信で届けられる術を身につけて皆さんとネット上でお会いできればと。
そして皆さんの要望やアイデアや改善の為のお声を頂きつつ、まさに音楽を楽しむ為の研究所的な配信を皆で作れたらなと思います。


よろしくお願いします!



ただライブをするということがこんなに大切なんて。

東京に帰ってきました。
急遽編成の変更があったりでバタバタしたり、最終的にはコロナの影響で結果的に予約の半数がキャンセルになったり、色々とありましたが、京都 拾得でのライブは開催されました。


来てくれた人もキャンセルしてくれた人もそれも皆さんが自分自身できちんと考えてくれた事。


全てに感謝したいです。


賛否はあるだろうけど、それぞれの意志があって決めたことにはなにも言うことはないし批判もない。


参加する出演者、スタッフ、会場の方々、お客さん全てが、参加する意義と自分の行動に責任を持っていればいいのかなと思うし、難しいことであっても僕はそれを信じたいなと思う。
それは今回の件に限ったことではなくいつだってそうあるべきだと思う。


何百~数千。何万という大きい規模のライブでは不確定要素や状況があまりにも多すぎて、影響が大きすぎて、そらあ自粛も考えないといけないだろうとも思う。


でもぶっちゃけて、今の僕個人の活動規模はまだどんなに頑張っても数十人の規模です。(悔しいかな。。)
もちろんそれでも不確定要素はあるし、無視はできないんだけども、そんな活動の中においては出演者もスタッフも、会場の方々も皆さんときちんと話出来る環境だし、
お客さんだって顔や名前を知っている人だって沢山いるし、そこにいる皆さんと、直接、会って、「また来てね」って「人として」直接話ししたりすることだって普通にある活動しています。


だから僕はまず「人として」関わる会場やスタッフ、出演者、仲間やお客さんにきちんとそれぞれの意思を自分自身で判断して欲しいと伝えた上で、その判断を尊重、信じたいと思いました。
そんな自分でもやれることはあるだろうと。


街ではなんとか元気に過ごそうと友達と出かけたり、ご飯食べたり飲みに行って笑っている人達もいて、いざお店行こうと思っても意外とどこも満席だったりします。
それこそ一つの空間に数十人単位で集まり沢山の方々が時間を共有しています。
家にいたらわからなかったけど出てみたら分かることも沢山あるなあって。
それでそこにいる人達の楽しそうな顔を見てたら、自分の音楽もそんな力の一部になりたいなと思ったんですよね。


同じような規模や状況にも関わらず、世間が言うような「音楽イベントは自粛しないといけない」という雰囲気はなんだか違うと思うし、それぞれに置かれた状況を冷静に見極めた上で判断したい。
もちろん、それにはきちんと責任をもって行動すべきだけど、いざやってみたらそれを伴っても元気になりたい人は沢山いるんやなあと思いました。(自分も含めて)


とは言えどうしても見たいけど不安な方。行きたいけど諦めると判断をしてくれた皆さんも沢山。
それも正直な気持ちだと思うし、正しいことだと思う。
全然引け目を感じる必要もないし堂々と言えばいい。大丈夫。


だからそんな皆さんのためにも今回は少しでもライブを楽しんでもらえたらと、急遽でしたが、ツイッターで生配信をしました。


アーカイブで11日の夜までは観れます。
会場ではギターの音が出なくなったり、マイクスタンド倒れたり、色々トラブルもありつつ、最後はとても素敵な音楽になりました。
是非観てください!


東京60WATTS(ゲストで参加してます)
https://twitter.com/takataku777/status/1236584991707910144?s=21
フジタユウスケ
https://twitter.com/takataku777/status/1236603293150801920?s=21


急ごしらえという事で通信や音質画質など改良点はありつつ、やってよかったと思いました。
やっぱり生の音や空気がええなあとも思いましたが(笑)
だからこそ次はまた皆がおもいっきり楽しめる状況を作りたいし次に繋げたいと思いました。


拾得の皆さんが
「今日はほんまやってくれてありがとう。今のこの時期にみんなの心意気が気持ち良かったです」
「僕らなんかよりミュージシャンの皆さんの方が大変やと思います」


と言って頂けたけど僕はただ、大好きな店を守りたい。そこに集まる音楽を愛する人達が大好きなだけなんです。


「皆で乗り越えましょう。」

と握手を交わしてきました。(その後皆すぐ消毒してた 笑)
日本最古とも言われるライブハウス(拾得はライブハウスだとは言ってないけど)の皆さんとそんな話が出来ただけでもやってよかったなと思えました。


またコロナに水を差されないタイミングで東京60WATTSさんたちと一緒にやろうと思っています。
そん時は来れなかった皆も一緒に集まりましょうね!


そして、大変な状況の中、意志を持って来場してくださった皆さん。ありがとうございました。
皆の音楽愛に僕はテンション上がりました。
少しでも僕の音楽が力になったら嬉しいです。


改めて、こんな状況で僕がライブを開催することで色々考えさせてごめんなさい。
それぞれに考え、僕に直接意見を言ってくれる人もいた。
向き合ってくれて本当にありがとう。


これからも不器用ながらに頑張ります。
皆さん、どうぞよろしくお願いします。




フジタユウスケ





自分の意思で。

ブログに画像などが投稿しにくくなって書かなくなってしまっていましたが、最近アプリを手に入れて快適になったので久々にブログを書いてみる。


世の中のイベントが延期、中止になる中ライブしてきました。
想像以上にレッドクロスには人が集まってくれて、演者さんもお客さんもそれぞれマスクしたりこまめに手を洗ったり対策をしながらも、思い思いライブを楽しんでいました。
集まってくれた皆さん本当にありがとう。皆さんの顔見たらやってよかったなーと心から思えました。
自分の意思でやりたい、見たい事に対してはケアをして周りに迷惑をかけないようにする責任は発生するけど、それは何もコロナがあるからではないし、インフルだって風邪だって、ウイルスや病気でなくても、いつでも、なんでもそうあるべきだなとも思う。
不安だからやめておこうも、やりたいもそれぞれの判断でそれぞれが責任を取れる、納得のできる形で何を選びとるかでしかないですしね。正解や間違いもない。
だから人の選んだ行動に称賛も批判もしない。


ミュージシャンとして自分がやりたいこと(音楽)で飯食って、誇りに持ってやっていることに対しては常にそういった責任を持ってやっているつもりだし、これからもそうでありたいです。
だからやめなさい、やめてくださいと言われるまでは「自分の気持ちとしては」やりたいと思います(笑)
僕にはこれしかないんです。


同じ気持ちで集まった東京60WATTSさんとも気持ちよく楽しくセッションできた。
全員マスクで厳重に。(どっちかというと花粉のせいですが 笑)






来週の京都拾得も開催できますように。


参加したい!と思える方は是非、会いましょう。一緒に楽しみましょう。
こんな時だからこそ。


でも予約したけど不安な方はキャンセルして頂いても構いません。
無理はなさらぬようにお願いします。




2020年3月8日(日)
「そうだライブ、いこう。vol.32 ~京都拾得へおこしやす~」
場所:京都・拾得
出演:フジタユウスケ / 東京60WATTS
時間:OP17:30 / ST18:30
価格:前売3,000円 / 当日3,500円(各ドリンク代別途)
予約:より拾得へのメールにて受付。( jittoku@hotmail.co.jp )
予約方法詳細は以下のサイトをご参照下さい。
(必ずご希望のライブの日程を記載してください。)
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/yoyaku.htm