FC2ブログ

ツアーは続く。

久しぶりの更新になっちゃいました。

9/1は京都先斗町歌舞練場。
今年のフジタユウスケの一つの目標であった、歌舞練場公演。

去年末に行って一年経たずに実現できました。
先斗町の皆さん、メンバー、スタッフの皆さん。
出演してくれた、LOVE LOVE LOVE、私の思い出。舞妓の秀華乃さん、市結さん。
皆さんがが居てくれたからこそ。

本当に、ありがとうございました!


今回は先斗町の名店、
長竹さん、あだち、そして雅美屋さんに飲食も出店していただいたり、まさに街をあげてのお祭り。
自分の中ではこの先斗町の活動は異文化交流が目的だったりする。
踊りと音楽。
邦楽とロックやポップス。

どちらも好きになってほしいけどまずは知るきっかけになればいいと思いました。
もっともっと、続けて行きたいと思います。
音楽活動とともに皆さんの応援がなくては実現出来ない夢。
どうぞよろしくお願いします!

歌舞練場

歌舞練場皆で


そのわずか2週間後、また京都に戻りバンドで磔磔。
共同企画の「おこしやす」の27回目。
ザ・シックスブリッツとバレーボウイズが出演してくれることに。

ブリッツの西島さんは京都の最大級のライブサーキット「いつまでも世界は」の主催者でもあって今年の出演から仲良くさせてもらってます。
骨太サウンド。

ブリッツ


バレーボウイズは初めましてでしたが、素晴らしいバンド。
独特の世界観になんだか懐かしい匂いのする音楽。

バレーボウイズ


フジタユウスケは久々にゴリッとロックセットでした。

磔磔3人

9/14 磔磔 セットリスト

1 ユリリガドミー
2 ヘイヘイヘイ!
3 京はいつも通り
4 You’ve Got A Friend
5 Door
6 マチガイナイ
7 LET IT GO
EN
マイウェイのハイウェイ

出会いをお求めて共同企画したイベントとしては、素晴らしいイベントでした。
ただ、自分も、一緒に出てくれていたバンドさんも、もっともっと沢山の人観てもらえるように頑張りたいなと思った。

次回、11/2に再び磔磔と共同企画が決定!
なんと次回は念願の「金佑龍」さんとご一緒できる事に!
初めましてのTHE HillA ndonさんも楽しみ過ぎる。
是非皆で京都の素晴らしい音楽を共有しましょう!
よろしゅうに!


2018.11.02.Fri
フジタユウスケ&磔磔共同企画「そうだライブ、いこう。vol.28 〜京都磔磔へおこしやす〜」 ​

形式:バンド形式
場所:京都・磔磔
出演:フジタユウスケ / 金佑龍(BANDSET) / THE HillA ndon
時間:OP17:30 / ST18:30
価格:前売2,800円 / 当日3,300円(1ドリンク別)
予約:予約方法と当日の入場順は以下のとおりです。
・9/14より磔磔店頭・フジタユウスケ物販コーナーにて公演終了後より手売り開始。
・9/22 10時より各プレイガイドで販売開始。
ぴあ
イープラス
・9/22 12時より以下の専用フォームで予約開始。
https://tiget.net/events/36909




そして移動して私の思い出の登さんとのツアー。「秋もこんちきちんツアー」。

なんと山口県は小郡の光明寺でライブしてきました。
お寺でライブは初めて。

光明寺


最近、ライブした場所を思い出してみると、

台湾
ゲームが沢山あるライブバー四日市ドレミファといろは。
富山は高岡にあるインド料理ガンディー。
京都は歌舞練場。
そして酒蔵の磔磔。

普通の場所がほとんどない(笑)

会場を作る所から考えるライブばかりなのでPAや機材にも知識と感覚が必要になってきました。

でも異空間だからこそきちんと音楽やれないと空間に音楽が食われてしまいますしね。
やっぱりミュージシャンである以上音楽は1番完成されてないと。と思うのです。
日々勉強やな。

お寺でのライブは気持ちが正される感じ(笑)
曲もお寺に引っ張られてました。

とても貴重な体験をさせて頂きました。

ツアー限定のCDを制作していたのですが、光明寺さんの木魚などをお借りさせていただきレコーディング作業もさせていただきました。
これがまた良い感じでさ。聴いて欲しい!

寺REC

寺REC2


呼んでいただいた光明寺の皆さん。盛り上がって頂いた山口の皆さんにも感謝!
ご来場頂いた皆さん、ありがとうございました!


お寺で二人



翌日は高松ラフハウスでライブ。
こちらもツアー感マックスな場所(笑)
もはや慣れたけど、よく考えたらコの字型のカウンター前で歌うのもかなり特殊な環境だなと(笑)

歌の内容も不思議なことに全く違うものになりますね。
マスターの今城さんのPAとのコンビネーションももはやラフハウスの醍醐味。
曲に魔法をかけてくれます。

登さんとのセッションライクなライブも盛り上がって最高な1日になりました。
高松大好きです。

ラフハウスで 3人


東京に帰ったらまた四谷Lotusでのライブの準備。
ツアーは続くのです。

ライブをやり続けることって楽しいけどその分本当に大変。
やりがいがあればあるほど終わればさみしいし(笑)

沢山も観て欲しいし、何度観ても発見があるようなライブにする事を考えています。
毎回来てほしいのはいつも言ってるけど、本当は難しいのはわかってる。

だからみんな来れるって時に僕がいつでも楽しいライブをしてて、いつでもいい音楽を聴ける場所を作り続けて行きたいと思っています。
だからいつまでも、観てて下さい。
そして一緒に楽しめる時間がいつまでも続けば素敵やなと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。

次は東京でバンドライブ!
台湾で共演したreading noteと再会。
台湾で感じたこと、仲良くなったこと。出していけたらいいなと思います。
お楽しみに!


2018.09.28.Fri
Music State2018 台湾→東京
形式:バンド形式
場所:四谷・LOTUS
出演:フジタユウスケ / reading note O.A.藤田悠也
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売3,500円 / 当日3,800円(2ドリンク込)
予約:予約方法は以下の通りです。当日のご入場は手売りチケットの番号順、以降アーティストWEB予約(フジタユウスケ分は会場メールのみ受付)
・会場メール予約のお並び順での同時案内となります。
・7/20終演後よりフジタユウスケ物販コーナーにて手売りチケット限定販売。
・7/20 12時からLOTUSのメール app@yotsuyalotus.com にて予約開始。
メール件名に「0928チケット予約」と記入し、お名前(カタカナ)とチケット枚数、お目当のアーティストの記入をお願いします。


スポンサーサイト

夏が過ぎてく。

7月から続いた 弾き語り旅は一旦終了。
よく考えたら先月頭から台湾でのレコーディングやライブに始まり、入間、四日市、富山、京都のこんちきちんツアー。
ビートルズイベントでドラムを叩いたり、西院フェスがあったり。

色んなことがありました。
ここ1ヶ月の話には思えないくらい。

台湾でライブを観てくれた皆さんに「Facebookページはないの!?」と言われて日本はもちろん海外にも発信する場所が欲しいと思い、Facebookページを作りました。
7月の活動はそこにもレポや動画など、色々と書いていますので、そちらも是非観てもらえたら嬉しいです。

https://m.facebook.com/ysk0621/


旅は充実してたし、新しい出会いも沢山。
台湾でも出会い沢山。初体験も沢山。
こんちきちんツアーでは入間ではEG君という素晴らしいシンガーにも出会えたし、あの日、自分的には1つ音楽的な感覚を見つけた日でもあった。
四日市、富山は初めてのライブだったこともあり新鮮な時間やったし、素晴らしい人達に出会えて感動。
京都は重点的に活動してきた事により、自分のルーツを常に感じれるとても大切な場所になってきた。

なんだかメチャクチャ充実した日々でした。


そんな日々の中で、ライブ以外でも京都に帰ってました。
ライブがないというのは殆どない。
というかどこに行くのもライブとかしないと気持ち悪い感覚になってしまってます。

今回は従兄弟の結婚式がありまして、親族として出席。
よく考えたら親族としては初めての結婚式。

従兄弟は母親の妹の長男。
昔からおばあちゃんっ子だった僕と従兄弟との思い出は祖母の家での思い出ばかり。

そんな祖母が去年の夏亡くなった。

祖母は15歳から上京する20歳まで一緒に住んでいたので、とても寂しく悲しいお葬式ではあったけど、そのお葬式の時に従兄弟に20年ぶりくらいに再会して話をした。

僕が音楽をやっていること。
従兄弟もギター弾いたり好きな歌を歌ったりして仲間でイベントやったりしている事。
僕の音楽も応援してくれていた。

そんな従兄弟が結婚するということで呼んでくれたので駆けつけて、従兄弟の好きだという自分の「僕らの旅」を歌った。
とても寂しいお葬式ではあったけどそこで再会して、そこからの縁で結婚式で歌を歌うというのはなんだか祖母のちょっとした計らいでもあったのかなと思った。

祖母も結婚式にきているような気がしたので、祖母と従兄弟に向けて歌いました。
いつものライブとは違って、すごく個人的な思いもあるけれど、自分の曲で、歌で、式はとても盛り上がって、本人や新婦のご家族もとても喜んでくれたし、親族として参加した家族も嬉しそうやった。

1つの歌う理由として、誰かが喜んでくれる、誰かの為に歌える、という本当に基本的なことに改めて気がつかされた帰京でした。

結局ライブの打合せや9/1に再び行う歌舞練場公演の話や挨拶周りなどをしまくって、歌って帰ってきたのでいつもと変わらない感じもしたけど(笑)

気がつけば実家の愛犬ジェンが亡くなってからもちょうど一年。
思う事は沢山あったけど、皆に会えたような気がした京都滞在でした。


20180806222544729.jpeg


20180806223130f64.jpeg

34歳になりました。

34歳になりました。
いつもこの時期は自分の誕生日ライブのおかげで誕生日を意識することが出来ない(笑)
準備に練習に頭がいっぱいなのでつい誕生日であることを忘れるのです。

でも今回はなんか年齢や状況を実感しながらじっくり迎えることが出来たのは、やはり年齢のせいでしょうか(笑)
毎年この時期にはワンマンをやるのですが、今年は去年に比べてワンマンを少ないこともあり、じっくり構想から準備まで進めることが出来ました。

4月に行ったアコースティックの進化系として「THE MEGANE STIRINGS」との対バンでのストリングスとの共演。
そして去年の年末の歌舞練場で大変好評だった京都バンドことベース、佐藤征史さん(くるり)、ドラム、森信行(Exくるり、うつみようこグループetc)のお二人との合体。

ガラパゴスに比べてパワー感ではないロック感とバンド感、柔軟な演奏スタイルがストリングに合うんじゃないかなと思ってました。
そんなやりたい事を2つ合わせたのが今年の誕生日ワンマン。
京都は拾得。佐藤さん、森さんも学生時代にくるりを組む前から出ていた場所でカントリーやルーツに合わせたライブ。
東京は初めての会場二子玉川 Gemini Theaterでバイオリン、チェロ、ビオラと生ピアノとの共演。

どちらも今の自分が一番やりたい事。
本当に楽しかったしライブを観たら人には僕がどんなに楽しんでたかわかってもらえたと思う(笑)

ライブについては盛り沢山過ぎて書くのも大変なのでこちらを見て下さい(笑)
ツイッターハッシュタグ「#ysk_jp


誕生日やし、自分のやりたいことをやりまくろうと思って実現させていただきました。
それも支えてくれるスタッフやメンバー、そして付き合ってくれる、聴いてくれるの皆さんのおかげです。
本当にありがとう。

だんだんと年齢を重ね、嫌でも体力も気持ちも老いていく方に近づいていくけど、その分楽しいこと、噛み締められることが増えてきた気もする。
とても素晴らしいことやと思うし、人間こっからやなあと。
今までの自分からすると「もう34歳」やけども、人生の中の自分からすると「まだまだ34歳」。
自分の中の「今までの感覚」をいかに脱ぎ捨ててもっと大きな世界を知るというのが大事だと思ってる。

ツイッターにも書きましたが、これからはもっと「人を愛する」ことや「何かを与える」ことをしていこうと思う。
特定の人だけでなく、全ての物事に対してそういう気持ちでいたいし、音楽に直接関わることではないかも知れないけども、そういう人間の音楽って素敵やろうなと思うから。

僕の尊敬する人は皆、なんでそんなに大きな器なんだろうと思うくらい人を受け入れ、与えることができる人。
結果それは人や音楽、色んな物への愛情なんやろうなと思います。

そういう意味で両親や家族には愛情を与えてもらったなあと実感します。
だから両親にも感謝。産んでくれてありがとう。

今まで沢山の人に与えてもらったものを少しずつでも与えることにシフトして新しい自分になれたいいなと思います。
それには自分には音楽の力を借りないと何も出来ないので、音楽とともに生きて参ります。

皆さんいつもありがとう。
これからもよろしくお願いします。


6/16 拾得ワンマン セット

1 カントリーロード
2 マイウェイのハイウェイ
3 京はいつも通り
4 べっぴんさんがゆく
5 鴨川
6 もしも僕がいなくなったら(弾き語り)
7 夕焼け小焼け
8 波のまにまに
9 オーシャンゼリゼ(鹿島静Ver)
10 Smoke Gets In Your Eyes(The Platters カヴァー Jazz Bossa Ver)
11 Pistol Packin’ mama(Bing Crosby & The Andrews Sisters カヴァー)
12 ラッキーオールドサン(久保田麻琴と夕焼け楽団カヴァー)
13 ユリリガドミー
14 ヘイヘイヘイ!
15 星に願いを
16 Door

アンコール
1 雨が降っても(弾き語り)
2 歌を歌おう(弾き語り)
3 Road of Life

演奏メンバー
Vo Gt フジタユウスケ
Ba 佐藤征史
Dr 森信行
Vn 鹿島静

IMG_9822.jpg


6/21 東京 二子玉 Gemini Theater ワンマンセット

1 Doowop!
2 マイウェイのハイウェイ
3 京はいつも通り
4 べっぴんさんがゆく
5 鴨川
6 Good night Sleep tight (弾き語り)
7 アヴァンチュール
8 波のまにまに
9 夕焼け小焼け
10 オーシャンゼリゼ
11 Smoke Gets In Your Eyes
12 ルパン愛のテーマ ※ゲスト ルパン青江
13 ルパンのテーマ
14 ユリリガドミー
15 ヘイヘイヘイ!
16 星に願いを
17 Door

アンコール
1 雨が降っても(ストリングVer)
2 Road of Life 

演奏メンバー

Vo Gt フジタユウスケ
Ba 佐藤征史
Dr 森信行
Vn 鹿島静
Va Vc のかもと
Pf 佐藤達哉
Lupin 青江好祐

IMG_9951.jpg

IMG_9939.jpg



今回ほど集合写真撮った編成は無いなと思う。
そのくらいのバンド感があったな。
次は9/1歌舞練場で会いましょう!!

ワンマンに向けて!

ワンマンのリハーサルに入りました。

一昨日は6/21東京用。
昨日は6/16、京都拾得用。

6/16、京都拾得は

Vo.,Gt.:フジタユウスケ
Ba.:佐藤征史(くるり)
Dr.:森信行(元々くるり)
Vn.:鹿嶋静(THE MEGANE STRINGS)

6/21 二子玉 Gemini theaterでは

Vo.,Gt.:フジタユウスケ
Ba.:佐藤征史
Dr.:森信行
Vn.:鹿嶋静
Va.,Vc.:のかもと(THE MEGANE STRINGS)
Pf.:佐藤達哉(aiko,ZIGGY,LINDBERG etc)

という編成で。

リハーサルは順調で、昨日なんかも京都拾得メンバーでリハの打ち上げもみんなでやって、メチャクチャグルーブ(笑)

メチャクチャバンド感出た。
もしかしたら自分は、自分の音楽を演奏する上で、集まってくださったメンバーとバンド感を出すのが得意なのかもしれないとすら思った(笑)

それでも佐藤さん、森さん2人が持っているような、バンド感は一生手に入らないものなので、ジェラスも感じつつ、バンド感を持つ事や、とにかく音楽を楽しむ、楽しませる、いい音楽をを届ける、自分に出来る事は目一杯やっていると思う。

もちろんまだまだなんですが、売れていようがいまいが、今の僕のようなまだまだ知られていないミュージシャンでも、こんなにいい音楽があるんだぞと胸張って言える。

今頑張ってるバンド、ミュージシャンは皆そう思ってると思うけど(笑)

それを信じていいんだと思う。
とにかくいい音楽を、目指そう。
皆で胸張って鳴らそう。

僕らがそうすればそれがムーブメントになる。
それは小さくても波になり、人が感動して、泣けて、踊れて、歌えるものなんだと思う。

とりあえず、京都拾得は音楽の神様がいるハコ。
凄い事にしてきます。
そして京都で打ち上がって、6/21東京に向けてさらにグルーブします。

正直これに来なくて何に来る!って思うライブです。
悩んでいる人はマストにしたほうがいいと思います。

バンドメンバーが初めましてメンバーが多いこともあり、初めて観るもいらっしゃるかもしれません。
なのでカヴァーなども沢山やります。
楽しんでいただけるかと思います。

是非、興味ある方は遊びにいらしてください!
よろしゅうおたのもうします。


2018年6月16日(土)
「YSK BIRTHDAY2018 ~CASUAL MEETING~」
形式:バンド形式
場所:京都・拾得
出演:
Vo.,Gt.:フジタユウスケ
Ba.:佐藤征史
Dr.:森信行
Vn.:鹿嶋静(THE MEGANE STRINGS)
時間:OP17:30 / ST18:30
価格:前売3,500円 / 当日4,000円(1ドリンク別)
予約:4月14日(土) 12時〜拾得へのメールにて受付。( jittoku@hotmail.co.jp )
予約方法詳細は以下のサイトをご参照下さい。
(必ずご希望のライブの日程を記載してください。)
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/yoyaku.htm

2018年6月21日(木)
「YSK BIRTHDAY2018 ~FORMAL PARTY~」
形式:バンド形式
場所:二子玉川・GEMINI Theater(旧・KIWA)
出演:
Vo.,Gt.:フジタユウスケ
Ba.:佐藤征史
Dr.:森信行
Vn.:鹿嶋静(THE MEGANE STRINGS)
Va.,Vc.:のかもと(THE MEGANE STRINGS)
Pf.:佐藤達哉
時間:OP19:00 / ST19:30
価格:前売3,500円 / 当日4,000円(1ドリンク別)
予約:4月14日(土) 12時より以下の専用フォームにて予約受付開始。
https://tiget.net/events/26710


201806140821039de.jpeg


2018061408210553b.jpeg

鴨川をどりコラボイベント、京夜祭ツアー終了!

5月も早くも後半へ入り、ドンドン時が過ぎていくのが恐ろしくもあり、日々の充実を感じます。
なんか最近思うのはもっと上げてかんとなと。(笑)
ライブもとてもいい感じにできているし、お客さんや周りの皆さんからも好評いただいて。

今年ももうすぐ半分ですが、すでにお座敷ワンマンから始まってミキオさんとのピアノとギターのみのツアー、
もっくんこと森信行さんをドラムに迎えての新しいバンド編成。
MIKIO TRIOバンドのサポートでのライブ。
京夜祭ツアーでの各地の旅。ストリングスとの共演。上海でのライブ。。。

色んな事やってきて、こんな事が実現出来るなんて、良い物が残せてるなんて、すごいことだと。
皆さんのおかげやと。
そういう意味でもっと感謝して、そして上げていきたいなと思うのです。
そう思いませんか?(笑)


という訳で5月は地元京都の先斗町での特殊なライブ2days。

母型の家系は先斗町出身という事もあって、小さい頃から先斗町の皆さんにはユウスケ少年も可愛がってもらっていました。

そんなことがきっかけで沢山の人達に協力して頂いて完成させた去年の歌舞練場公演。
ネットでのチケット受付、Facebookやインスタ、ツイッターなどでの発信も去年から本格的に初めて、あれだけ新しい事に慎重だった先斗町の皆さんがドンドン前向きになって、歌舞練場ライブも「またやりましょう!」と言っていただけるようになりました。

僕も先斗町の親戚や街の皆さんとも
「一緒に先斗町を変えていきましょう!」
と言ってた正に改革元年だった去年から、今年の鴨川をどりは攻めに攻めてました(笑)
演目がシェイクスピアだったり誰でもわかりやすいような演出や笑いがあったり、イヤホンガイドが導入されたり。
外国人のお客さんや若い人もかなり増えてたな。

鴨川をどりロビー


舞妓になりたくて動画検索して僕の「京はいつも通り」を知ってくれた女の子が舞妓さんとして今年から親戚のお茶屋からデビューしをどりに出演したり、先斗町の舞妓さんや芸妓さん、お店の方やそこに出入りされる方々がええ曲やと口ずさんでくれるようになったり、自分が去年描いていた事が少しずつ形になっているように感じました。

秀華乃さんと

こちらがそのデビュー間近の秀華乃(ひでかの)さん。僕の親戚の所から5/30にお店だしされて正式に舞妓となります。
よろしゅうお頼もうします。


そんな中で僕が小さい頃からお世話になっている先斗町の割烹、あだちさんからの提案や力添えもあって、今年181回となる年に一度のお祭り、鴨川をどりのチケットを特別に手配していただいてライブと一緒に楽しむというイベントを開催。

ライブを観にきてくれる皆さんに自分のルーツでもある先斗町や鴨川をどりを知ってもらうきっかけになればと思い挑戦しましたが、ありがたいことにsold outで、皆さんからも「また観たい!」と好評いただき、「初めての人にも踊りを楽しんでもらえた」と先斗町の皆さんにも喜んで頂けるイベントになりました。

片山さんと鴨川をどり

登さんと鴨川をどり

ゲストの二人共鴨川をどりを満喫。

お座敷でのライブも片山尚志さん、私の思い出、登山さんにも出演していただき、自分一人でPAもやり、機材を選び、演奏するうえで、可能な限り無理やりライブする環境ではなく、きちんと音楽を伝えられる環境を意識しました。

あだちのセッティング

しっかり音量も出せて、きちんと音楽的な部分も届けられるようにお店にも協力して頂いて、Ibanezのアコギアンプも大活躍。

エレキもがっつり弾いたり、「ライブとしてもちゃんと音がいい」と言って頂けるようになりました。
座敷でロック

これが僕のセッティング。アコギはIbanezのAVMを使用。これが今回の新しいやりたい方向性にピッタリ。
お座敷にグレッチ!!

Vtoadati.jpg
私の思い出、登さんのセッティング。
お座敷にフライングV!!

3人で

ゲストの片山さん、登さんと一緒に。ありがとうございました!

曲は両日で被りはほぼなしでお送りしました。何やったか覚えてないけどそれは来た人の記憶の中で(笑)
カヴァーは色々演りました。

オザケンさんの「ラブリー」。
民生さんの「トロフィー」。
ユーミンさんの「ひこうき雲」。
SUPER BUTTER DOG「サヨナラCOLOR」。

13日は「MOTHER」という未発表曲も演奏。

ループを使った演奏や、音楽的な意識の変化がある中での一人のワンマン。
今の自分にとって歌詞の内容や音楽的にしっくり来るカヴァーを揃えました。

この10年。いや、上京した20歳の時以来ずっと大きい民生さんの影響下においてカヴァーはあまりやらなかったですが、今の自分にはその影響下から次のステージへ向かおうという思いが強い中で、「トロフィー」という曲はあまりにもぴったり来る曲でした。
ええ曲です。ゴールドブレンドツアーを観に行った頃を思い出しました(笑)


音楽と踊りのコラボ。不思議なイベントでしたが、今までに前例がないことをやるのは楽しいです。
舞妓や踊りという華やかな印象で音楽が霞まないよう、こちらも音楽をきちんと精進を続けていきたいと思います。

文化は受け継いでいくもの。
ジャンルが違えど、僕の音楽が微力ながらも先斗町が伝統を守りながらも、新しい空気を呼び込む1つの力になれたらいいなと思っています。

また次!色々と挑戦しようと思います。
水面下で進めております。楽しみにしてて下さいね!

そして次の週は春の京夜祭ツアー最終日。吉祥寺プラネットK。
ここまで来たら3バンドが馴染んで空気もバッチリ。

それぞれにバンドという力を得て、伸び伸びと、気合の入ったライブ。

私の思い出5:18

私の思い出は相変わらずおもろい。無理から盛り上げてました(笑)

片山ブレイカーズ

片山ブレイカーズはほんまカッコ良かった。
本領発揮という感じ。これがロックバンド!って感じでした。

僕らは森さん、木下さんの3ピース。
攻めたセットリストにしましたよ。

5/18吉祥寺 セットリスト

~イントロダクション China Wave(仮)~
1 グッドモーニング
2 カワイイベイビー
3 京はいつも通り
4 レインレイン
5 ユリリガドミー
6 マチガイナイ
7 ヘイヘイヘイ!
8 Door

5:18


イントロはChina Wave(仮)という上海でのライブを意識したタッピングのみの自分としては珍しくテクニカルなインスト新曲。
「レインレイン」は森さんが入って表現力がグッと上がりました。
ユリリガドミー、マチガイナイ、ヘイヘイヘイの流れは今回のイベントにはぴったりなゴリゴリのサウンド。

3バンドの相性も良かったけど、お客さんも3組を目一杯楽しんでくれている感じがわかって嬉しかった。
やっぱりイベントの良し悪しってバンドの相性もさることながら、各バンドのお客さんの相性もあると思うんです。
まあ、お客さんはそのバンドや演者を映す鏡だと思うので、結局のところバンドの相性なのかもしれませんが(笑)
お互い楽しんで、バンドの音楽を行き来しあう事ができる、
これはいつも言っていますが、僕の目指す対バンの理想です。

素晴らしい3バンドが集まってライブで来たことに感謝します。
ありがとうございました!!!

集合写真5:18


長々と書きましたが、京夜祭ツアーからの流れで登さんとの弾き語りツアーをやることになりました!

まだすべての詳細が決まっていないですが、お互いが行ったことのない地域に行きたいということ。
そして弾き語りでの相性の良さという部分。
ただ一緒に旅がしたいだけという理由でツアーを演ります。

詳細は追ってお知らせしますが、
まずはこちら。

2018年7月8日(日)
登山正文&フジタユウスケ 弾き語り旅
「夏のこんちきちんツアー 〜埼玉編〜」
場所:埼玉・入間SO-SO
出演:フジタユウスケ / 登山正文(私の思い出) / EG
時間:OP16:00 / ST17:00
価格:前売2,500円 / 当日3,000円(別途2オーダー)
予約:5/20 21時より入間SOSO HP内、予約フォームより予約受付開始。
http://www.iruma-so-so.com

ミキオさんとのツアーで初めて行った入間soso。
お店の皆さんや入間の皆さんの優しさと美味しいご飯。落ち着くお店にまた行きたいと思っていました。
ここに登さんをご案内することに。
ずっと一緒にやってみたかったEGさんともご一緒。楽しみです!

その他、7/20〜22で四日市、富山、京都と回ることになっています。
小出しにしてスミマセンが、決まり次第お知らせします。

京都の7月は祇園祭。京男二人が「こんちきちん」とお囃子を鳴らしに旅します。
お楽しみに!!

さて、次は京夜祭バンドが集結する京都のライブサーキット「いつまでも世界は」。

そして気合入りまくりの6月誕生日ワンマン。
6/16 京都 拾得
6/21 東京 二子玉川・GEMINI Theater
でお送りします。

きっと皆さんが思っているよりもはるかに素晴らしいと思います。
自信を持ってオススメします!お楽しみに!

シュノーケルのサポートで徳島にも行きます。
さあ、上げていこう!!