FC2ブログ

camelot

camelot

このブログ初めての機材紹介をしたいと思うのですが、このギター、詳しいことは何も分かりません(笑)

今年の2月、曲を作るときに部屋で弾く生音でもちょっと音がでっかいセミアコのギターが欲しくなり買ってしまいました。
高いのは無理なんで安くて好物のB級ビザールギターです。

一応ブランド名はcamelotなんて高級そうな(?)名前が付いていますが、おそらくそんなに良いものではないでしょう(涙)

このギターおそらくで全て説明しますと、

●おそらく1960年代のギターで日本製(これはmade in japanと書いてある)。

フレット(指板上にある鉄の棒)がゼロフレット仕様になっているのは60年代国産の特徴なのでおそらく。。。
ゼロフレットとゆうのは、下の画像のナット(ヘッドの付け根にある白い部分)を支点にしている普通のギターとは違い、ナットより下のフレットを支点にしている仕様のこと。ウクレレとかでは良くある仕様ですがギターではあまり主流ではありません。

camelot head


●ネットで調べても全く出てこないので、輸出用のギターかも??

当時の国産ブランドは輸出もやってました。その中には日本のブランド名とは敢えて違う名前で出すものもありました。
ちがうとしたらもしくは。。。下駄屋さんのギター?60年代当時はエレキブームでギターが飛ぶように売れたため、下駄屋さんまでギターを作っていたといいますからね

こんだけくらいしかよくわかりません。(笑)

使った感じはやはり見た目からして変ですが、音や弾き心地も変な感じ(笑)明らかにB級ギターです。
音はクリーントーンはいい感じですが歪ませると、変な音になります。

これぞビザールって感じの変な中音域の出るギターなので、アンプに直接つないでハウリングに耐えながら爆音で弾くのが良いんではないでしょうか?(笑)

なかなかライブでは登場しなさそうな感じなのでレコーディングとかで使うかなぁって感じです。
現在はひたすら部屋弾き用です。家で弾くにはセミアコなんでちょうど良いんですよ~。

今回もギターに名前を付けようかと思ったのですが、ブランド名が名前っぽいのでこの子の名前は「キャメロット王子」で。
王子はイメージです。なんとなく。
スポンサーサイト