Larks' Tongues In Aspic / 太陽と戦慄 (1973年)

太陽と戦慄(紙ジャケット仕様)

はい、クリムゾンの話です。お待たせいたしました。
今回は前々回に紹介した「Earthbound」の続きから話していきたいと思います。どうぞよろしく。

前回のEarthboundのラインナップ2が解散した1972年の3月からわずか4ヶ月後、フリップはメンバーをそろえます。
ここではフリップ的にも満足のいく人選が出来たそうで、自身の勢いもついていたんでしょう。
ラインナップ3のメンバーはこんな感じ。

ロバート・フリップ/ギター、メロトロン
デヴィット・クロス/バイオリン、ビオラ、メロトロン
ジョン・ウェットン/ベース、ヴォーカル
ビル・ブラッフォード/ドラム
ジェイミー・ミューア/パーカション、ドラム

ドラムには「YES」で活躍中だったビル・ブラッフォードが参加。「もっとドラムがうまくなりたかった」と語るビルは69年にクリムゾンのライブを見て以来ずっとファンで気になっていたみたい。
ベースは「ROXY MUSIC」「FAMILY」などで活動していたジョン・ウェットンで後にブラッッフォードと「UK」を組んだり、YESのギタリストでもあるスティーブ・ハウらと共に「ASIA」を結成、成功を収めています。
そしてこの編成の重要人物(要注意人物?)である、ジェイミー・ミューアは「The Music Improvisation Company」というフリーインプロヴィゼイション集団(といってもメンバーは基本的に4人ですが)に参加していてクリムゾンにも重要なインプロヴィゼイションの要素を注ぎ込み、ビル・ブラッフォードにも打楽器奏者としての大きな影響を与えた。
そしてこれまではサックスやフルートがリード楽器をとって来たクリムゾンには新しい風となったバイオリニスト、デヴィット・クロスが参加。

多彩で新しいメンバーが決定して9月4日から彼らはリハーサルを始めます。
そして10月にはドイツのZoom Clubでお披露目ライブ(音源もあります)、TV出演を果たし(音源あります)12月15日までイギリス・ツアーを、翌1973年1月から2月にかけて本アルバムをレコーディングします。
レコーディング中に行われた、2月10日のマーキーでのギグにおいてミューアは鎖を振り回したり、激しいステージングの為、ステージで負傷してそのままクリムゾンを脱退したと言われていましたが、実際は僧侶になることをきめたミューアが脱退したいとマネージメントに申し出たところマネージメントサイドの判断で、メンバーや表向きに発表されたウソだった事が以前紹介した本「風に語りて」に書いてありました。

しかし激しいステージングなのは事実でドイツで出演したビートクラブという番組の映像(現在廃盤ですが)を見ればよくわかります。
毛皮をまとい高々と積まれたパーカッションに囲まれてウロウロしながら叩きまくるミューアはまるで檻の中ののようです(笑)

CDの紹介をしていきますと、このアルバムはフリップの自信、勢いの通りクリムゾン史上でも名盤とされていて、名曲揃いです。

一曲目の”Larks' Tongues In Aspic, Part One ”(太陽と戦慄パート1)はこのラインナップになって変わった事、フリップが求めていた物がはっきり形になった曲といってもいいと思います。
事実、この「Larks' Tongues In Aspic」シリーズは現在でも続いています。クリムゾンを表す曲といていいでしょう。
イントロのミューアのパーカッションから怒号のようなメインパートへ流れるスリリングさや後半のミューアのキープするブラッフォードのドラムにけんかを売ってるように(笑)絡むドラムが聴き所です!これはマジで凄い!!

二曲目は”Book Of Saturday ”。先ほどの「太陽と戦慄」とは全く違い、静かな歌モノ。地味ではありますが、この曲のフリップのギターはいい。なかなか思いつくもんではないし、弾ける物ではない!(殆どそうですが)
湿っぽいウェットンの声も聴き所です。

三曲目は”Exiles ”この二、三曲の流れは歌、バイオリン、地味なフリップのギターが聴き所ですな(笑)
ミューアは歌を壊さないように裏方に徹しています。ただ叩きまくるだけが脳じゃないのはさすがです。
ちなみにイントロのフレーズは69年のラインナップ1でライブで披露していた「Mantra」を進化させたもの。テーマフレーズが同じですな。

四曲目は現在オダギリジョーのTOYOTA istのCMでおなじみの(?)”Easy Money ”
CMで聴く機会の多い曲なのでテレビでも聴いてもらえるとは思いますが、金属音とヘヴィなギター、歌が印象的な曲。
ライブではこの曲は威力を発揮します。スタジオ盤とはだいぶ印象が違います。
個人的にはスタジオ盤はおとなしく感じます。かなり好きな曲です。

五曲目は”The Talking Drum ”。次の曲へのつなぎのような曲ですが単なるつなぎとはちがい、次の曲への予感をしっかり表現した曲。まあ、次曲とのセットとして考えないと聴けないかもしれませんね。ライブも良いですが、スタジオ盤も素晴らしい!

六曲目はトーキング・ドラムからの流れで来ました、クリムゾン史上もっともフリップのリフが素晴らしい”Larks' Tongues In Aspic, Part Two ”。これは一曲目のパート2です(笑)
恐ろしいほどザクザク刻むギターとタイトかつヘヴィなブラッフォードのドラムが絡みます。後半はまたツインドラムの応酬!!後々にも演奏され続ける名曲です!
これまたスタジオ盤も素晴らしい!!

以上、捨て曲は一切ない名盤です。これはクリムゾンを聴くならはずせない物になると思います。
ここまで充実した作品をつくれたフリップはさぞ、嬉しかったでしょう!(笑)
70年から続いていた困難もようやく落ち着くかに思えましたが、アルバムが発表されるころには先ほど言いました理由により重要人物のミューアが脱退!

ミューア抜きになったクリムゾンですが、勢いに乗ったクリムゾンはへこたれる事なく(笑)
3月16日から7月2日まで続くイギリス、ヨーロッパ、アメリカ・ツアーに旅立ちます。
ここからこのラインナップの進化が始まります。
その進化はあまりも強力で自らの身を滅ぼす事になるくらいになっていきます。

がそんな話はまた後日。。。
スポンサーサイト

図が好き。

20070927134314


なんか最近気がついたんですが、僕って地図好きみたいです。
というかが好き。

地図のほかにも路線図や間取り図を見ていると妙に落ち着きます。
家を探してもいないのに街の不動産屋さんの前にある間取り図をしばらく見てたりすることもあります。(ちょっと怖い?)

路線図も好き。手帳を選ぶときは路線図がちゃんとしているかが基準になります。

地図や路線図の魅力は何といっても「つながる瞬間」ですね。
あの場所と場所や駅と駅の乗り換えがつながって位置関係が分かった瞬間がたまりません。
爽快な気持ちになります。

東京の電車は特に複雑なのでつながった瞬間気持ちいいですね。
京都にいたときでは路線図の良さは分からなかったでしょう。

この気持ち分かる人いると思うんです。
特に男性は昔からもともと、狩りなどに出るために位置関係を把握したり頭の中で地図を組み立てるのが得意らしいですから。本能なんでしょう。

でもイマイチ分からないのは、間取り図ってなんで落ち着くんでしょうか??
やっぱ新生活を妄想するんがいいのかな?
女性の方は頭の中で地図を組み立てるよりも妄想の方が得意っぽいですね(笑)

COSA NOSTRAニューアルバム「LIFE」発売中!

少し遅くなりましたがお知らせです!

僕がギターで参加させていただいたCOSA NOSTRAのニューアルバム「LIFE」が発売されました!

以前からいろいろとお世話になっていたCOSA NOSTRAの桜井鉄太郎さんやMETRO TRIPの青木多果さんからのお誘いで参加させていただける事になったんですが、このアルバム、なんといってもゲストミュージシャン陣がハンパじゃなく豪華です!

僕が弾いているCHERRY/REDのルーレットではヴォーカルにピチカートファイブの野宮真貴さん、作詞はサエキけんぞうさん!
ドラムは宮田繁さんにベースはラーメンマン、小山晃一さんなどなど。
そしてギターはなんと僕と佐橋佳幸さん!

佐橋さんはお会いした事はありましたが共演は初めて!
実際は別にレコーディングしたので実感はなかったですが、仕上がりを聴いて感動!
佐橋さんは数々のライブやレコーディングに参加されている超一流のギタリストですから!
ほんまに嬉しいです!

もちろんこのアルバムのすごいの所さそれだけではなく他の曲も素晴らしい!

「IKOIKO」などのカヴァーもすごいいいし、長田さんが作るエスニックな雰囲気もいい。
もちろん桜井さんのソングライティングは一品です!
そんな中に沢山の素晴らしい歌や演奏が溢れてます。

極めつけは芸能界の「ドン」和田アキ子さんも参加!
どんな感じで参加しているかは聴いてのお楽しみですよ!
自分の参加しているアルバムにアッコさんが参加してるって考えたら面白いですね(笑)

沢山のゲスト陣とともに多彩に作られたこのアルバムは必聴ですよ!是非聴いてみてください!

~豪華な参加ミュージシャンの方々!!~
野宮真貴(Vo) サエキけんぞう(Lyrics,Cho)、宮田繁男(Drm)、小山晃一(Bass)、佐橋佳幸(Gtr)、藤田祐介(Gtr)、山中淳子(Key)、ヤマカミヒトミ(Sax)、アンドウケンジロウ(Sax)、島祐介(Tp)、BAQUERATTAH(Rap)、助川太郎(Gtr)、青木多果(Arrange,Prg)、鈴木桃子(Vo)、日野友香(Cho)、田村公生(Key)、トリ音(Str)、火凛(Cho)、岡田徹(Accordion)、廣瀬 貴雄(Tb)、NANASE(Pf)、PIG THE RYO(Rap)、佐々木淳(Prg)、KANAME(Bass)、佐々木潤(Prg,Cho)、Dr. KYON(Pf)、  和田アキ子、大貫妙子

初回限定はジャケットがこの2つになってます。アートワークもカッコいいです!

jacket_1.jpg


jacket_2.jpg


詳細、試聴はこちらから!!
是非是非!よろしくお願いします!

川合辰弥ライブ決定!

えー。タイトルの通り、ピアノマン川合辰弥さんのサポートライブが決まりました!
前回のライブは8月の頭やったんで少しお久しぶりのバンドでのライブです!

川合辰弥さんといえばピアノを弾きながら歌うシンガーソングライターさんで僕は1年くらい前からサポートさせてもらっています。
僕のpodcastでもなんども音源を流していて流すたびに反響のメールなんかをいただいたりしている,今注目の人物です!(笑)

過去にpodcast内で「入道雲」とゆう曲のデモ音源を流したり、8月7日の僕も参加しているバンドでのライブ音源を流したり、いつも無理な僕のお願いに快く応じてくれる人です(笑)
まだ聴いていない人は是非聴いてみて下さい!!

さて、そんな川合辰弥さんのライブの詳細はこんなん。

●10月18日(木)代々木ブーガル 「東京空~三日月の夜に」

出演:en/川合辰弥/羊飼い/LOVE ATTACK EVE
時間:OPEN18:30/START19:00
価格:前売/2000/当日/2000(ドリンク別)
詳細:川合辰弥さんのライブに参加させていただいてからちょうど程1年とゆう10月18日に一年前と同じ代々木ブーガルに出演します!
ポッとでラジオで気になった人も、とっくに知っている人もいらして下さい!!

エレベーターが落ちた

を見ました(笑)
軽い風邪をこじらして(ご心配かけて申し訳ありません!)あまり無理をしないようにしていたんですが、今日は自分の乗っているエレベーターが落ちた夢を見て目覚めました。

体調は良くなったとはいえなかなか完治してくれない事からこんな夢を見たのか、久しぶりに見たい夢はいわゆる「悪夢」でした。
なんか嫌な感じ~。(笑)

実はエレベーターに関しては普段から何となく警戒しているんです。
ワイヤーでつられているあんな思い物体に人がたくさんのったらそらぁ落ちることがないとはいいきれませんもん。

夢で落ちたエレベーターの乗ってた感じはまさに絶叫マシーンとかで上から垂直落下するアレです。
でもなぜかなんかのスイッチを押したらふっとエレベーターが止まって僕は助かりました。

その助かった瞬間に目覚めて完全な悪夢ではなかったものの、ものすごい気分の悪い朝になりました。

多分僕のこの不安定な体調や気分を表していたんでしょうね。
早く完治がしたいです。
ドラマーのヨッチャンにすすめられた「いりこ」でも食べてみようかと考えてます(笑)

そんなわけでしばらくは階段で上り下りするかもしれない僕でした。

鼻水が出て来た。

おっと、こりゃあいけねえ。鼻水が出てきやがったぜい!
最近周りでも残暑やったり、涼しくなったりでの気温の変化で風邪引く人が結構いるみたい。

なんかまた今週は真夏並みの暑さに戻るらしいですね。地球は一体どうなってるんでしょうか。
今日も東京では33℃とかにまで上がったみたいですよ。

みなさんも気温差に気をつけて下さいね!
なんか羽織る物を持って出かけましょう!っと鼻水出て来てるようなヤツに言われてもなんか説得力ないですよね(笑)

吉祥寺で会いました。

20070916012024
昨日は久々に弾き語りを吉祥寺プラネットKでしてきました。

かなり久々に弾き語りをやったし、今回はオープニングアクトという役割があったので緊張しました。

対バンはユースムースアヴェニューaortaなど、仲の良いバンドばっかりでプラKならではの仲間に囲まれたイベントになりました。
今回初めて一緒になったjamgo fiveやThe plain factのライブもさすがで勉強になったし、久々に見るバンドでのユースムースやaortaも進化していて刺激を受けました!

オープニングアクトとしてうまく繋げられたかはわかりませんが、平日の早い時間にも関わらず見に来てくれた沢山のために精一杯やりました。
セットリストは

1.white room
2.空は晴れ 君は雨模様
3.雨のせい
4.通勤電車男
でした!

久々にやった(ゆうなら全部久々ですが)通勤電車男も含めて4曲と短い時間でしたが楽しんでもらえたでしょうか?

感想なんかもまたポッドキャスト宛てにメッセージしてもらえたら嬉しいです!
アドレスはysk@nineup.co.jpにお願いします!番組でも大事に読ませていただきますよ。

やっぱり仲間と一緒にやるライブはいいなあと、実感しました。
またやりたいな。うん、またやろう。

画像は近くにあるはなまるうどんの看板。
出番前にかけ小を100円でいただくとゆうミュージシャンも多いのでは?
ちょうどいい量なんですよね、小くらいが。

でもこの看板。「楽しさまんまる」と書いてありますが、「おいしさ」ではないのが気になりました。
だって、別に楽しくはないもん(笑)

ありがとうございました!

今日の吉祥寺プラK弾き語りライブ、無事終了しました!

平日の早い時間やとゆうのに沢山の人に見にきてもらえて嬉しかったです!

久々の弾き語りは個人的な反省もありつつもやっぱり仲間に囲まれてライブするのはいいですね!
楽しかったです!

またレポは後日しますのでおまちください!

今日見てくれた皆さん、ありがとうございました!

明日はライブです!

雨男は前回のブログを書いてからまた降られてしまいました。(笑)
明日は果たして大丈夫なんでしょうか??

明日は久々に弾き語りのライブをします!オープニングアクトで弾き語りと言えば、前にクアトロでマイクも何も無しでやったっけ。
今回はマイクもちゃんとありますので、心配な人(いるか)は安心してください!ってなわけで。

●9月14日(金)吉祥寺プラネットK ~吉祥寺で逢いましょう。Vol.27~

出演:Jamgo Five/The Plain Fact/ユースムースアヴェニュー/アオルタ/藤田祐介
時間:open18:30/start19:00
価格:前売り¥2,000/当日¥2,300
詳細:久々に弾き語りのライブします!ユースムースやアオルタなど、お友達バンドも沢山出演!今回はオープニングアクトとしての出演です!
チケット予約はysk@nineup.co.jpまで!!

明日のお昼13時まで予約は受け付けます!よろしくです!!

続・雨男

雨男は単純にタイミングが悪いヤツのことだと言いましたが、まさにそう。
最近ずっと降られてます。今日もまた。


ちょっとコンビニいこうと思ったら雨~。

ちょっと銀行でも行こうと思ったら雨~。

ちょっと傘でも差そうかと思ったらやむ~。

ケンカうっとるんか。今日はコンビニで降られました。豪雨でした。

久々の弾き語りのライブの日だけは降らんとってほしいなあ。。。
っと思ってyahoo!天気で調べてみたら。14日の金曜だけ降水確率70%。。。
他の日は40%とかやのに。。。(泣)


●9月14日(金)吉祥寺プラネットK ~吉祥寺で逢いましょう。Vol.27~

出演:Jamgo Five/The Plain Fact/ユースムースアヴェニュー/アオルタ/藤田祐介
時間:open18:30/start19:00
価格:前売り¥2,000/当日¥2,300
詳細:久々に弾き語りのライブします!ユースムースやアオルタなど、お友達バンドも沢山出演!今回はオープニングアクトとしての出演です!
チケット予約はysk@nineup.co.jpまで!!

20070911140125.jpg



雨の日に会いましょう。

クリムゾン・キングの宮殿~風に語りて~

クリムゾン・キングの宮殿―風に語りてクリムゾン・キングの宮殿―風に語りて
(2007/07/27)
シド・スミス

商品詳細を見る


久しぶりにクリムゾンのお話でもしましょうか。

とはいっても、今回はCDの紹介ではなく、僕が往復約40時間の船旅で読破したマニアックかつ、音楽的、ビジネス的、ストーリー的にも興味深い「クリムゾン・キングの宮殿~風に語りて~」を紹介します。

この本が出たのを知ったのは街の本屋さんにぶらっと立ち寄った時の事。たまたま平積みにされている(今思うと平積みされるってすごいな)この本を発見!
知らなかったので衝撃的な出会いやったんですが、出版されたのは今年の7月27日。クリムゾン関係のものとしてはすごく最近です。

本の中身はクリムゾンに人生を狂わされた人の代表(笑)であるシド・スミス氏が膨大な情報や過去のメンバーや家族などの周辺の人物の証言や貴重な写真(フリップのアマチュア時代の写真まで!!)を交えてクリムゾンの歴史を紐解いていくという内容。

クリムゾンとしてはマニアックな内容ではあるが、1つのバンドの歴史、物語としても十分に見応えのある内容です!

バンドが歩んできた長い苦難の道がハッキリ分かります。
たくさんのもめ事の内容もアーティストとしてのエゴもあれば、バンドの権力関係もあれば、お金の問題もある。
あれだけのバンドや音楽を続けて行くことがどれだけ大変か、フリップがどれだけ人間的に嫌なヤツか(笑)、クリムゾンのバンドとしての信念が何故生まれたのか、メンバーがそれぞれどれだけ音楽に対してストイックで向上心があるのかが良くわかります。ホントに勉強になりました。

これはミュージシャンなら一度は読んだ方が良いと思います。本当にこの人達はすごいです。
っていうかミュージシャンでなくても、もうすぐ結成して40年になるバンドの歴史を知って見る価値は十分あると思います!

最後にはアルバム毎の(新作Power To Believeは載ってないですが)これから聴こうとする人にはあんまり向いていないマニアックな「アルバム全曲解説」もあって読み応え十分!
(笑)

このブログでの紹介と併せて読んでもらえたら何となく嬉しい(笑)

Luminous Orangeのライブを観に行きました。

下北えら

昨日は毎度お世話になってます小山晃一さんがサポートでベースを弾いている、Luminous Orangeのライブを見に下北沢ERAへいってきました。

初めての行く下北沢ERAはラウンジが別にあって会場の雰囲気がテレビで見れたりくつろいだりできる面白いライブハウスでした。

ライブの方は、小山さんのブログにも書いてありましたが、変拍子の嵐で単純に「おぼえるんたいへんそうやな~」って感心していました(笑)
女性ボーカルのバンド(?)で変拍子が沢山。音はガッツのある感じ。あんまりいないタイプやなあと思いました。

小山さん尾ベースの位置が低く構えていて、カッコ良かった!
やっぱり小山さんは低くしてメタリカを弾いているくらいがカッコいいです。色んな意味で(笑)

本日更新ポッドキャストは

20070908230225
少し遅れます!申し訳ありません。

これから収録しにいきますので、このブログを見て更新されたポッドキャストを聴けばなんと生放送っぽく聴けるでしょう(笑)

最近更新バタバタで申し訳ないです。
言い訳はまた番組内で(笑)

ほんとに申し訳無いので可愛い犬の画像でごまかします。
それでは更新をお楽しみに!
よろしくお願いします!

台風がやってきた!

台風がどうやら関東に上陸するみたいです。

だんだん雨、風がヒドくなってきました。
雨男の僕はやっぱり今日も外にでないといけないので台風と戦います(笑)

そこで気がついたのは、雨男とは雨を「呼ぶ」というより単にタイミングの悪いやつの事をゆうんだなと(笑)

そういえばタイミング悪いとは昔っからよく言われてたなあ。。。

あーあ。

みなさんも台風には気をつけてくださいね。
そんな感じでー。(?)

弾き語りライブします!

めざまし


最近の涼しい気温のおかげでまたまた寝起きが良くありません。
涼しい風が布団を冷やしてくれて、それがまた気持ちよくっていつまでも寝れるような気になります。(笑)

なので寝坊しないように目覚ましをたくさんかけてます。
3つくらいはかけるので起きる時間になるといろんな音が鳴りまくってます。

すぐなれてしまうのでちょくちょく目覚ましの音を変えたり、工夫をしないと起きれません。何かいい方法ないでしょうかね??みなさんの工夫、教えて下さい!


それと前にも言いましたが改めて弾き語りライブの告知をしときます!

●9月14日(金)吉祥寺プラネットK ~吉祥寺で逢いましょう。Vol.27~

出演:Jamgo Five/The Plain Fact/ユースムースアヴェニュー/アオルタ/藤田祐介
時間:open18:30/start19:00
価格:前売り¥2,000/当日¥2,300
詳細:久々に弾き語りのライブします!ユースムースやアオルタなど、お友達バンドも沢山出演!今回はオープニングアクトとしての出演です!
チケット予約はysk@nineup.co.jpまで!!

アオルタは去年の3月の横浜CLUB24というところで対バンもしたことあって、吉祥寺でストリートもやってるバンド!
久々なので楽しみです!
是非!いらしてくださいな~。

誕生日プレゼント?

プレゼント

先日、黒沢秀樹さんのバースデーパーティーに行ったとき、ドラムの棚沢さんから誕生日プレゼントにってこのフェンダーのストラト(おもちゃ)をもらいました。

なぜ秀樹さんの誕生日に?なぜ僕に?なぜ今?(笑)と疑問が残りまくりですが、どうやら僕の誕生日に渡せなかったから、とゆうことみたいです。
それでわざわざ用意してくれたのです。

しかしこのギター、よく出来てるんです!
よーくみるとパーツ類の細かい部分まで再現してあるんです。
アームはちゃんと本物のように回るし、弦やストリングガイド、ペグやブリッジにいたるまでちゃんと再現しています。
さらにネジの+のネジ穴まで!!

形もちゃんとしているし、なかなか眺めていても楽しいです。
なんやかんやでしっかり誕生日プレゼントになりました。(笑)棚沢さんありがとうございました!