FC2ブログ

司馬遼太郎 / 新撰組血風録

この本読んでハマってます。新撰組
前からるろうに剣心という漫画にハマってた時期があってその時(ゆうても中学生くらいですが)から、気になってたんですが、この本を読んでよ~いドンでした(笑)

どっちかとゆうと得意な科目は歴史でしたから(以外?)すんなり入れました。
この新撰組血風録はメチャクチャ有名な新撰組の本なので、お勧めするまでもないですが一応ね。

これは元々小説なので人物の性格や関係などは多少フィクションが含まれていているので、それが原因で新撰組への間違った認識もあるらしいのですが、読み物としてとても面白いです。
やっぱり新撰組とゆう事で京都の話が大半で場所もよくわかるし、色々想像できるのがいいですね。


これを読んで新撰組や歴史にますます興味を持てたし、そうゆう人も沢山いると思います。こうゆうきっかけをつくれる作品は本当に素晴らしいと思います。

音楽をやっていても自分がきっかけで、なかなか知られない音楽や音楽のよさを伝えられたら嬉しいなと思ってます。
ある意味いいきっかけになるこの本のような音楽を作りたいですね。


僕はこの本のおかげで今や幕末全体(特に京都での出来事)に興味がでてきて、次は
もっと突っ込んだものを読みたいなあと思ってます。
今度京都帰ったら色々現地を見て回りたいと思います。
家の近くにも沢山幕末の出来事にゆかりのある場所が沢山あるので愛犬の散歩ついでにでも見れますしね(笑)

もしまだ読んでいない人がいたら是非。お勧めです~。



新選組血風録 (角川文庫)新選組血風録 (角川文庫)
(2003/11)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト