FC2ブログ

アルバム全曲解説『グッドモーニング』

ではではアルバム発売の恒例でもあるアルバム全曲解説、「グッドモーニング」もやっていきたいと思います。
まずはタイトル曲、



「グッドモーニング」




この曲はアルバムの中で一番新しい曲。アルバムの曲を作る中最後に出来た曲。
いきなり”とっておき”です。

アルバム発売までライブでも演奏することもなく、とっておきました。
アルバムを手にした曲が初めて聴く曲にしたかったんです。


ものすごくシンプルに8ビートが延々続く曲。
PUFFYバンドのリズム隊でもある木下さん、川西さんの僕にとってのイメージ。

シンプルでもなかなか真似できない8ビートなんです。
それがあるから、説得力が出るのです。


ミキオさんのメロトロン的なストリングスもすごくいい。


こんなシンプルな演奏を本当にかっこ良くできる人はほんの一握り。

このアルバムの僕の中のコンセプト。
全曲、普通にやってもこうはならんぞって曲と演奏を揃えたかったんです。

そんなコンセプトを象徴してる曲かなあと。



この曲は今まで自分で作った曲の中で、最も出来た瞬間に「出会えて良かった」って思った曲です。
もちろん他の曲でも喜びや達成感、感動はありますが、この曲は特別強かった。


曲は20~30分くらいで完成。
歌詞も殆どは同時に書きました。



そんな中起こった、地震。
世の中が騒然としていて、被災地から少し離れた東京もパニックに近い状況が続いてました。

もちろん作曲作業も中断するくらい、色々なことがストップしてしまい、みんな希望を見いだすのに必死な時。


自分に出来ることを考えた時に、音楽を続けることだと思ったとき、一部の歌詞がしっくり来なかった部分があったこの曲の歌詞を書きあげました。



グッドモーニング
さあ 行こう 始めようぜ
願いを 高く掲げろ 




ライブでみんなと拳をあげて歌いたい(ギターから手はなせへんけど)、そんな曲です。
スポンサーサイト