FC2ブログ

アルバム全曲解説『Take it easy』

さてさて、アルバム全曲解説、本日は



「Take it easy」




この曲は弾き語りでは披露していましたが、もろバンド演奏なアレンジの曲。



最初はイーグルス的な「Take it easy」のイメージがありながら、出来上がった曲はザ・バンドのようなアレンジの曲になりました。


なんかすごく見晴らしのいい道を歩いているようなイメージ。
旅しているようなイメージ。


この曲はメチャクチャ難しい!
この曲をカッコ良く演奏するには、グッドモーニング同様、この曲に「理解」がある人でないとなかなか出来ないと思います。


今回レコーディングしていただいたメンバーと演奏しているイメージを思いながら書きました。

この曲に限らずですが、今回のアルバムはこのメンバーでないと!ってイメージがバッチリハマったなあと思ってます。

そんなイメージの最もハマった曲かも。



ギター的に言えば、ギブソン系の多い僕が、テレキャスターをメインにしたとこが新しいかな。

バンド演奏のテイクは、2つあったテイクのなかでユルいものを敢えて採用したので、二度と出来ないタイトル通り「気楽にいこう」的な演奏で気に入ってます。

基本的にどの曲もメインのパートは一発録りなのでライブ感もありますがこの曲は特にあるな(笑)


アウトロの川西さんのドラム、どーなってんの!?って感じです(笑)




もっとも歌詞や曲が、昔の自分には書けなかったなあと思う曲です。
なんか、外で聴いて欲しい曲。
スポンサーサイト