FC2ブログ

アルバム全曲解説『Stag Boogie』

もうすぐ終了、アルバム全曲解説。
お次はインスト曲ですよ。



Stag Boogie




ご紹介。



タイトルの意味はスタッフブログ版、全曲解説にありますのでそちらを。


元々はブライアン・セッツァーのようなイメージではありましたが、元ネタは他にあるのです。
内緒やけど(笑)

僕の曲には結果的に似てるとか、似てないは別として元ネタがあることが多いです。


この曲はインストなんでね、楽器の解説がいいのかな。

ギターはGibson ES-335を使用。
FenderのTone master(アンプ)にぶっ込んで、RolandのRE-201(テープエコー)かまして録音したのさ。

分かる人にしか分かりませんが、大好きなテープエコーが使用出来るのは嬉しいことです。

演奏はもちろん一発録り。


ミキオさんのピアノがやばいっす。
グルーヴしまくってます。


インスト曲が飛ばしがちになる人もいるとかいないとか。


短い曲にしたのは聴きやすくしたかったから。
前回の「カントリーロード」も同じように。

インスト曲ってのはギタリストの血が騒ぐし、ミュージシャンとして、腕の見せ所。


フジタユウスケはギタリストなんですよって曲。
飛ばしてしまう人は損しまっせー。


この曲があっての、最後の曲「雨が降っても」にいくわけですから。


曲順含めて楽しんで欲しいなあ。
スポンサーサイト