FC2ブログ

ガラパゴスツアー終了。

タイトルにあるように、今回のツアー、ガラパゴスツアーは下北沢GARDENで終了しました!


MCで突然ベースの木下さんにツアータイトルの話をされたので無理やりつけた名前。

もともとはバンドメンバー全員がガラケー、つまりガラパゴス携帯というところから名付けられたバンドの名前。

そう、私たちは


フジタユウスケとガラパゴス


なのでした。



そんなしょーもないことをいいながらバンドはもちろん、弾き語りなど約10本ほどやってきたツアーも終了。
初めての四国や久々の広島にもいけた非常に意味のあるツアーでした。

締めくくりとして東京から始まったツアーは東京で締めようとゆうことで。


そんな最終日のセットはこちら。


1,雨が振っても
2,マチガイナイ
3,栄光のマウンテン
4,雨男
5,グッドモーニング(手島師匠乱入バージョン)
6,通勤電車男
7,Take it easy
アンコール
8,マイウェイのハイウェイ



とても面白い事になりました。

今回もリハーサルができなかったため、サウンドチェックからスタート。
もはや恒例ですな。

毎回違うセッションになるのでこれはこれで面白いと思うなあ。

それからは西日本ツアーの最終日(高知)のセットに近いセットですが、喋り過ぎを想定し一曲減らしました(笑)

しかし、本番直前に駆けつけてくれたテッシーさんが「グッドモーニングやる!」と言い出しそのまま登場。
結局長くなったような気がしてます。

でもテッシーさんとは初めてでバンドでグッドモーニングをやったんで意外となかなか見れないもんやったんではないかと。


アンコールもいただきこのツアーの終盤からは毎回ラストを飾った「マイウェイのハイウェイ」で締め。
ツアーの歌で、歌っていく間に最後を飾れる曲に成長しました。


このツアーで曲も沢山成長して、「栄光のマウンテン」はアウトロがなんも決めずにやるフリーのスタイルになり、「マチガイナイ」や「通勤電車男」では毎回違うコーラスが登場したり、「雨男」のテンポがグングン落ちていったり(笑)


非常に音楽的であり、パフォーマンスとしても大きな変化があったんではないかと思う。



やっぱり音楽をやっている以上はステージに上がっている僕達は音楽的でなければいけないなと思う。
音楽に説得力がなければミュージシャンである意味が無いしね。


もちろん他の要素も大切なのはわかってるけどね。

でも最近の音楽は生身の人が鳴らす、人間的な、生々しい音がどんどん無機質になってきていて、他の要素にすぐ気がいってしまっている人が多いような気がする。

すごく勝手に危機感を覚えてる。


ライブハウスの音もCDの音も。
平気で加工して機械で直してごまかせる時代。
それを当たり前だと思ったり頼ってるミュージシャンも多い。


そこには敢えて立ち向かいたいなあと思う。

音楽ってのはどこまでも深く、そして単純なものなんですよ、きっと。
ミュージシャンが忘れちゃいかんところ。

やっぱね。カッコイイ音楽があって初めてダラダラ喋れるんやなあと思ってるんで(笑)


胸張っていられる音楽をこれからもドンドン伝えていきたいと思いますよってにこれからもよろしくお願いします。



ツアー終了と言っても来月もバンドもありますし、弾き語りもあります。
先日発表した弾き語りワンマンに関しては、チケットも即日完売!

ほんまおおきに毎度ありです。



今年はライブを休まないようにしたいなと思ってますので、できるだけみんなに見てほしいなと。


まだまだやるでー。
ちゃんとついてこいよー。




そんなわけで。

次回は弾き語り!!
アンダーグラフとの2マンです。

沢山一緒に演る予定ですのでここでしか見れないものが沢山あると思いますよ。


よろしゅうに。


12色の素晴らしき歌声たちと~Green~
2012年4月29日(日)原宿・Music Restaurant La Donna

出演:アンダーグラフ / フジタユウスケ
時間:OPEN 18:00 / START 19:30
価格:前売 3,500円(税込)全席自由席(入場整理番号付き)
未就学児童の入場は出来ません。
チケット購入枚数制限:お1人様2枚まで
info 主催・企画制作 ユーズミュージック
協力 RHYTHM WORKS
ユーズミュージック
TEL 03-6823-9300
http://www.usmusic.co.jp/


スポンサーサイト