FC2ブログ

関西そして名古屋へ。

5月は制作期間にしようと決めてみたがもうなんだかんだ言ってると5月ももうすぐ終わり。
早いですなあ。

表向きに何かが進んだのかとゆうとそうでもないかもしれませんが、曲も新しく数曲作り、デモ作りではホワイトルームとゆう、木造の小さい部屋の限られた環境の中、どこまでやれるかにチャレンジしております。


どうすれば小さい音でギターをいい音で録るか。
結果はMarshallを鳴らすことになりましたが(笑)

マイクを替えたりセッティングを替えたり。


デモなのでドラムを自分で叩いたり、ベースを弾いたりもします。
色んな事をやってると、音楽の奥の深さに何度やっていても気付かされます。


だから夢中でやってると、時間が経つのが早いのなんの。


今は新しい機材の導入と、スチールギターを始めたいなと思っとります。



そんな中5月もライブは休まずやってまして、秋葉くんとの2マン、ビートハプニングへバンドで出演。
そして先日の弾き語りワンマン。

なんだか盛り沢山な内容が続いていましたが、5月はまだ残ってます。


大阪でplaneのベース木田くん(よしおちゃん)、ギター久光くん(ミッチ)、ドラム神本くん(jinくん)と一緒に「フジタユウスケと優しい3人」で出演するライブがありますよ。

これは前回一度planeのイベントに弾き語りで出演した時に、コラボってことで生まれたバンド(?)で、普段のバンド、「フジタユウスケとガラパゴス」とは違った「優しい3人」の人柄が出るバンド。

アコギを弾きながら歌い、選曲もおとなしく。


そんなイメージで先日リハーサルをやりましたが、なにやら前回とは全く違った感じになりました。
まあ、詳しくは当日のお楽しみってことで。


●2012年5月27日(日)大阪MUSE
OSAKA MUSE 25th Anniversary plane presents."POCK MUSEUM"

出演 大柴広己&HUNGRY ANGRY / plane / O.A:フジタユウスケとやさしい3人(planeバック3人)
時間 OPEN 18:00 / START 18:30
価格 前売3,000円 当日3,500円(1ドリンク別)
info MUSE 06-6245-5389
http://www.arm-live.com/muse/osaka/

本公演の、フジタユウスケオフィシャルサイトとしての予約受付はありません。イープラスよりお求めください。

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:161-682]
ローソンチケット 0570-084-005 [Lコード:51994]
e+公演詳細ページ



そしてそれが終わったら、次は地元京都でのライブ。

先月も大阪でご一緒させていただいた岩瀬敬吾さんと京都のミュージシャンで一緒にやるのんもう何回目?ってゆうくらい一緒にやっているKEEWOさん。
3マンでの弾き語りイベントです。

こちらも楽しみー。


●2012年6月01日(金)京都ROOTER×2
KYOTO ROOTER×2 presents『鉄板スリーマン』

出演 フジタユウスケ / 岩瀬敬吾 / KEEWO
時間 OPEN 18:30 / START 19:00
価格 前売3,000円 当日3,500円(1ドリンク別)
info ROOTERX2 075-811-4158
http://www.rooterx2.com

チケットお申込みフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/97feb38428857

ご入場順は事前の手売りチケットが優先になり、以後オンライン予約の順となります。


そしてその後はー。


名古屋のライブサーキット。サカエスプリングに出演します。
このイベントは初めて出演させて頂きますなー。

とても楽しみ。
出演はお昼、14時からになります。
MUJICAとゆうライブハウス。
ここも初めて出させて頂きます。

こちらは「フジタユウスケとガラパゴス」での出演になりますよ。
よろしゅうにー。


●2012年6月03日(日)MUJICA
SAKAE SP-RING 2012

出演 フジタユウスケ / 他
時間 出演時間14:00
価格 1DAY PASS 3,000円(税込)
2DAYS PASS 5,000円(税込)
2DAYS PASS タオル付(数量限定) 5,500円(税込)
info ZIP-FM 052-972-0778
(受付時間:月~金 / 10:00~18:00)

http://sakaespring.com/



と少しの間、東京を離れます。
東京では6月に色々とイベントが控えてますので、東京の人は我慢してるんやで(笑)
ってことで。


引きこもってると余計ライブって楽しい!ってなるね。
制作もライブも、相乗効果でやっていきたいなと。


よろしゅうに!

ライブ会場で待ってまっせ。

スポンサーサイト