レコ発ツアー日記。
東京編は最終日の5/17の東京、下北沢CLUB QUE。




4月に京都に呼んでくれたLOVE LOVE LOVEが今度は京都から来てくれたんですよ。


LOVEのリハ

リハからすでにブッチギリ以上なんでしょうか。





そしてライブが始まって、LOVE LOVE LOVEのステージに乱入して。

「レイニーデイ」でスライド・ギターを弾きつつ、
「サイダー」で踊りました(笑)


寺井くんをイジるのが楽しくて、





コショコショ

お腹コショコショしたり、








寺井弾く!

あんまりベースを一生懸命弾くもんやから、








寺井ストップ

止めてみたり。





とても楽しかったです。
そうそう、写真見て分かるように久々にFENDERのDUO SONIC使ったんですよ。
しかもLAで買ったアンプも初めて使ってみたり。

写真撮るの忘れたけど。。。


でも忘れたおかげで、ちゃんと写真をイワタナオさんから頂いたので、すごくいい写真を載せることが出来てます(笑)



僕の方はと言いますと、いきなりStag Boogieで間違って睨まれつつ、ライブは最高!(笑)
大阪に負けない盛り上がりで素晴らしい夜になりました。

最後には大阪同様にセッションを!
でもこちらは曲がグッデイサンシャイン。

一回終わりましたが、バシッと決まらなかったので、もう一回やり直して。。。



東京グッデイ

すんごい盛り上がって終了!

大阪に負けないように盛り上げていきたいと思っていましたが、東京もすごかった!
この大阪、東京のレコ発は今までに無い盛り上がりでした。

ちょっと舞い上がってしまった(笑)
そのくらい嬉しかったし楽しかった。


みんなありがとう。




このライブのあと、偶然にも近くでライブがあったビートモーターズのみんなとLOVE LOVE LOVEと合同で打ち上げ。

ツイッターの写真ですが、

浦山写メ

浦山くんのツイート写真


ユウスケ写メ


僕のツイート写真


全くタイミング違う写真やのに浦山君がおんなじ顔してるのなんか気にしたことありません。
でも楽しそう。


お互い一回ずつしかライブ出来なかったので、またツアーとかやりたいねーって話になった。
ほんま色んな所にこの2バンドとはいきたいなと思いました。

近いうちにまたやることになるでしょう!
お楽しみに!!


このレコ発ツアーではすごいみんなの力を感じました。

このレコ発で初めてやった曲。
「声をくれ」は単純な曲やけど、その歌詞に全て込めてます。

あの曲をやった瞬間の事は忘れられないなーと思います。
ありがとう。

これからも「俺達だけのしびれる世界を作ろうぜ」ってことで!
よろしくお願いします!




ではこの2日間のセットリスト。


1 Stag boogie
2 声をくれ
3 LET IT GO
4 カワイイベイビー
5 レインレイン
6 そうだ、今日はいつもよりも部屋をキレイにしよう
7 雨が降っても
8 グッドモーニング
9 ヘイヘイヘイ!
10 マチガイナイ
11 魂の歌

アンコール
1 あの鳥のように
2 マイウェイのハイウェイ(大阪)or グッデイサンシャイン(東京)




アルバム「Good Luck」5/8に発売しました。


もう手に入れた人、これからも大切に聴いてやってね。
それぞれのタイミング、気持ちで聴いてほしい。
そして気に入ったら、まだ僕の事知らない人にはこのアルバムを聴かせてあげてください。
貸したげてください。

まだ手に入れていない人。
是非聴いてほしい。友達に借りてもいい。
聴いていくうちにドンドン良くなるようなアルバムになってます。
そして気に入ったら是非CDで聴いてください。




これからもGood Luck。よろしゅうおたのもうします!


2013ysk_GL_M.jpg

スポンサーサイト

楽しい時間はあっと言う間で。
ずっと楽しみにしていたレコ発ツアー(と言っても3本しかないけど)
も始まってみれば一瞬の出来事のよう。


釣りに行ったりと遊んだ記憶も色々ありつつ(笑)
濃厚な旅は5/17の下北で終了しました。



まずは5/12の京都SOLECAFE。

に向けての前ノリ。
雨の中琵琶湖行って、沢山釣ってご満悦。

4bass.jpg


その後はニューアルバム「Good Luck」を持ていつもお世話になっている京都のお店へ。
たまたまお店周りにやってきた舞妓はんにもちゃんと(?)CD渡しました。


Good Luck舞妓


そして翌日はビートモーターズと合流して、レコ発前夜祭である、京都SOLECAFEへ。

本番では、


ゾンビ秋葉

秋葉くんがなぜか渋い所でゾンビーズの「This Will Be Our Year」歌ってくれたり。(I Want Her She Wants Me も聴きたいなあ。)


joniG.jpg

ジョニーがギターで「雨が降っても」「雨男」と参加してくれたり。
ギターウマイね。ジョニー。


シカちゃんいない

最終的に「グッデイサンシャイン」でビートモ全員参加してくれたり。(写真にはシカちゃんいないけど)
楽しかった。シカちゃんのタンバリンを関西でもお届けできて嬉しい(笑)



翌日は京都から大阪に移動。
バンド編成でいよいよレコ発の始まりです。


ユウスケリハ

リハからすでにブッチギリ以上。


ゴルドトップ

新しい愛器。GIBSON LESPAUL 71年製。ええ音になってきました。


大阪でのビートモ

ぎょうさん来てくれはったよ!まずはビートモ!




ガラパゴス+ミキオさん


そしてフジタユウスケとガラパゴス+伊東ミキオで本番前に集合写真。
新しいTシャツがまたいいね!


大阪でのユウスケ

そしてエライ盛り上がった!!



769825036.jpg

最後は何故かお花の前でヤンキー座りで記念撮影。

この後は京都で打ち上げ。
ミキオさんや川西さんと沢山話す。

僕達の考えていることは同じなんやなと実感。


ライブ中に思うこと。目指す所。
バンドメンバーとしての気持ち。
音楽に対する姿勢。

共感できる所ばっかりで嬉しかった。

それと同時にこのメンバーでやれる喜びを感じた。
そしてこのメンバーでやれることの自信にもなった。
秋葉君とも話できたし。
とても素敵な夜。



楽しい旅は早いもんで翌日は東京に帰ります。
がその前に。。。。


BASS45.jpg

もっかい琵琶湖!!最高!!(笑)


最近3〜4日の旅は短く感じる。
帰ったらすぐに東京でレコ発最終日!


次回に続く!!(笑)




さて、ついに新しいアルバム。「Good Luck」が発売になりました。

これまでに僕自身の解説(?)や思いを書いたり(コチラから)
くるりの佐藤さんが書いてくれた素晴らしいレビューがあったり(コチラから)、
これまでにずっと一緒にやってきたスタッフ、タカタク氏の言葉もあり、(コチラから)
レコーディング時のつぶやきのまとめをしたり(コチラから)
Youtubeにアップした収録曲「LET IT GO」MVを公開したり(コチラから)


と沢山の人に聴いてもらいたい一心で色々なことをやって来ました。



今までに僕の音楽に関わってきた人。

まだ僕のことを知らない人も。
今、CDを聴いたり、ライブにも来てくれる人も。
最近は事情があってなかなかライブにも来れない人も。
ライブには来れないけど陰ながら応援してくれている人も。
僕に興味がなくなった人も(笑)


すべての人に聴いてほしいから、知ってほしいから色んなことをして来ました。
みんなの言葉やつぶやきや、色んな事が合わさって一つの大きな流れが出来たら素敵やなあと。



今の時代、情報量も多く、探さなくてもツイッターなどで流れてくるし、
なかなか目の前に来た情報しか捉えなくなってきているこの時代。

確実にみんなのところに届ける事は難しいけど、
ただ好きな音楽を、好きなメンバー、スタッフと一緒に作って好きなみんなに届けたい一心です。



正直まだまだ僕の事を知っている人も少ないし、自分が目指しているところは遥か遠く。

でも少しづつ確実に進んでると思うし、
みんなのおかげで今もこうやってライブができたり、
新しいCD。しかも4作目を発表することができて、感謝の気持ちでいっぱいです。
インディーズでやっていて、このペースで4枚もアルバムを制作、発表できることもなかなか無いことです。

長く続けるってことは大変で、色々所で活動が制限されたり、
アルバムを死ぬ思いで作って、それすらもなかなか人には気が付かれないまま仕方なくひっそり活動したり、やめてしまう人も沢山いる。

そんな中、自分の目指すところにはまだまだ全然、届かなくても、
こうやってみんなの声やスタッフ、メンバーの支えでここまでこれていることに感謝。
改めてお礼を言わせてください。

ありがとうございます!



これからも自分が信じた音楽を、信じたみんなと一緒に作り、それを信じてくれるみんなと一緒に楽しみ、広めて行くことしかないなと思っています。


これからもよろしくお願いします!!!







さてさて、お知らせごとも書いておきます。
これからの大事なライブのお知らせ。
毎回一度きりの気持ちでいきます。
絶対、見に来てほしい。

レコ発ツーマンライブを関東と関西で二発行います!


●5月13日(月)
フジタユウスケレコ発ツーマン「そうだライブ、いこう。 Vol.8 〜大阪へおこしやす〜 バンド2マン」
形式:バンド形式(フジタユウスケとガラパゴス+伊東ミキオ)
場所:大阪福島・セカンドライン
出演:ザ・ビートモーターズ / フジタユウスケ
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売3,300円 / 当日3,800円(各1ドリンク別)
予約:店頭販売、各種プレイガイド販売にて受付中。
ローソンチケット(L:55628)
ぴあ(P:197-467)
イープラス

●5月17日(金)
フジタユウスケレコ発ツーマン「そうだライブ、いこう。 Vol.9 〜下北沢へおこしやす〜 バンド2マン」
形式:バンド形式(フジタユウスケとガラパゴス+伊東ミキオ)
場所:下北沢・CLUB QUE
出演:LOVE LOVE LOVE / フジタユウスケ
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売3,300円 / 当日3,800円(各1ドリンク別)
予約:店頭販売、各種プレイガイド販売にて受付中。
ローソンチケット(L:73351)
ぴあ(P:196-270)
イープラス

残念ながら最優先入場の手売りチケットは販売機会が終了しましたので、各ライブハウス、もしくはプレイガイドでお求めいただけます。
ライブは1年5ヶ月ぶりに参加のレコーディングメンバーでもある伊東ミキオさんが参加。
いつもとまた違う、がっつりキーボードの編成でやります!

そしてツーマンとして一緒に盛り上げてくれるザ・ビートモーターズ、LOVE LOVE LOVEとも絡んで行きたいなあと思っています。
よろしゅうに!

予約はお早めに!!!


そしてもう一つ、レコ発ツーマンの前日、5/12に京都で前夜祭やります。

●5月12日(日)
「フジタユウスケ4thアルバム「Good Luck」発売記念 弾き語り2マンスペシャル」
形式:弾き語り形式
場所:京都・SOLE CAFE
出演:秋葉正志(ザ・ビートモーターズ) / フジタユウスケ
時間:OP18:00 / ST18:30
価格:前売3,000円 / 当日3,500円(各1ドリンク別)
予約:SOLE CAFE店舗電話にて先着受付中。(075-493-7011)

嬉しいことにもうすぐSOLD OUTだそうです。こちらもお早めに!


アルバムを買ってくれた人はCDをライブ会場に持ってきてください。
ジャケットの裏にCHECKと書いた四角いスペースが今回のアルバムにも入ってます。

今回もおまけとゆうかなんとゆうか、素敵なプレゼントがありますので、ライブ来る時はCDはお忘れなく!



そしてグッズも色々と今回のために用意しています。
今回もLEFT HANDS MUSICのグッズチームが制作してくれました!

色々打合せもしていい感じの出来たなあと思います。
コチラで新しいグッズがドンドン発表されてますので、ご覧ください。
みんなの力作ですよ!

LEFT HANDS MUSICブログ
http://lefthandsmusic.blog.shinobi.jp/

マグネットが楽しみ。
トートバックも意欲作!
もちろんその他もいい感じですよ。
よろしゅうに。



最後に。

フジタユウスケチームみんなで作り上げたアルバム。
そしてグッズも、WEBも、動画も、写真も、もちろんライブも。

すべて、みんなの思いが詰まりまくってます。


これらのものは今時当たり前のように公開されたり、展開されてみんなの前に沢山あふれていると思います。

冒頭にも書いたように、なかなか多すぎる情報の中から吟味して、じっくり楽しむことは難しいかもしれないけど、
作り手の思いが詰まったもの、それを受け取る人なりにでいいので感じてもらえたら嬉しいなと思うのです。
ただ流れていくのではなく、一つ一つ、じっくり吟味して味わう。
そうやって音楽を通じて色々な気持ちが通じたり、通わせようとしたりする事がなにより素敵な事やなと思うのです。

これはフジタユウスケチームに限った思いではなく、音楽をやっているみんな、
もっと言えば、絵描きさんも職人さんも、料理人も、すべてのものづくりをやっている人に言えると思います。


僕の音楽を好きでいてくれる人には、そうゆう気持ちを大事にしていって欲しいし、
そんな気持ちの持った人を満足させられるような、その気持ちに負けないような音楽をこれからも、妥協なく、しっかり作って行きたいと思います。


やるからには本物でないとね(笑)



普段はあんまり書いたり言ったりしないけど、音楽家らしく、そんな思いもあるのです。

アルバムは出てしまえば自分の中から出ていってしまうけど、これからも大事にしたい曲がいっぱいです。
あなたなりに、大切にしてあげてくださいね。



ではでは、そんなフジタユウスケの音楽、引き続きお楽しみください!




2013年5月8日にフジタユウスケとして4枚目になるアルバム


「Good Luck」


が発売になります。


くるりの佐藤さんがコメントと全曲レビューを書いてくれたのですが、
僕からも書いて残しておきたいなと。
佐藤さんのレビューのように客観的ではなく、フジタユウスケとして、ものすごく主観的な感覚で(笑)



そもそもアルバムを作る作業、レコーディングに入る前に大半の曲はライブで披露していました。


収録曲は


1.声をくれ
2.LET IT GO
3.カワイイベイビー
4.そうだ、今日はいつもよりも部屋をきれいにしよう
5.レインレイン
6.釣り糸を垂らして
7.ヘイヘイヘイ!
8.魂の歌
9.あの鳥のように
B.T.ひとりぼっちのそいつ2013



1曲目の「声をくれ」以外はすべてライブで演奏してきた曲。
9曲目の「あの鳥のように」は弾き語りのみで披露しています。


今回のレコーディングメンバーは、


BASS:木下裕晴さん
Dr:川西幸一さん
Key:伊東ミキオさん
Gt:手島いさむさん


他にもゲスト参加的に、縁のあるミュージシャンが参加してくれています。
テッシーさんは今回初めてのレコーディングでしたが、いつものメンバー。

今回のアルバムの一番の違いは、
ライブで演奏してきたメンバーと、ライブで仕上げてレコーディングしたってところ。

なのでライブに来てくれている人には聴いたことがある曲ばっかりです。


ただ、このメンバーでライブで演奏してきて作品に残す意味として、
ライブ演奏で仕上げた曲を「作品として昇華する」事にあるのです。

その点は演奏することに意識を置いていた今までのアルバムよりも、
作品的に、アレンジするすることに意識がもっていけたなと。

ちょっと聴いただけでは気が付かない、手の込んだ事がちょいちょい入っていて、
いろんな環境、感覚で聴いて何度も「気がつけるアルバム」になったかなと思います。


もともとBeatlesとか聴いて育った僕ですから、何度聴いても気がつけるアルバムが好きです。
シンプルなライブ感がある音楽もいいですが、ライブ感は生のライブには敵いませんし。


それにバンドの世界ではよく、「ライブに来たくなるようなアルバム」を作ろう。的な話を聞きますが、
個人的には作る以上は、作品は作品として捉えてもらえるようにしないといけないなと思っています。

もちろん「ライブに行きたくなるように」なってほしいけど(笑)

それとは違う話で、音楽を聴く上では作品を聴くのと、ライブに行くのは全く違う感覚やと思います。
聴くと体感するの違うとゆうか。

作品としてのクオリティ。ライブとしてのクオリティ。
どちらも高いところに持っていきたいなと思うわけです。


話が逸れましたが、今回そこを意識できた、アルバムが作れたのが一つ自分的に成長したかなと思うところです(笑)

今までと違うところとして、今回の「Good Luck」のアレンジはフジタユウスケ名義になっています。

デモの段階で殆どアレンジができていたので、自分の思っている形にすごく近いものになりつつも、
更にそこにメンバーのアイデアを詰めて、バンド感のあるものになりました。


たまに聴いてて「フジタユウスケ」って人の作品なの?と思う瞬間がありますよ(笑)



音に関しても、前回とは違う音になりました。
今までよりも自分の好きなビンテージの楽器を色々使ったのでやっぱり変わってくるわけです。(うふふ)

コレも自分の中では変化の一つやと思っています。
案外今までのアルバムは、ビンテージは少なかったんですよね。

ギターもアンプも、ベースも殆ど昔の楽器です。
ドラムやキーボード、マイクも古いのが使われていたりします。

楽器の音。それにしか出ない味のある音がいっぱいになったなと思います。


今回は仕上げのマスタリングは、あんまり押しの強い感じではなく、自然に聴ける音量、音圧にしたので、
大きい音で聴いてもそんなに疲れることはないと思います。

昔の音楽、録音のいいところでもありますが、大きい音で聴いてしんどくない音楽は目指すところの一つですね。


そこのへんも佐藤さんがレビューで書いてくれていたのが嬉しかったな。
決して今風ではないんですが(笑)



最近では音楽はデータにして持ち歩いて、移動中やなにかしながら聴くことが多いみたいですが、
是非、最初は家で、ステレオの前に座って、データではなくCDをかけて、お酒やお菓子でも用意して聴いてもらえたら嬉しいな。

音楽も映画とかと一緒でそのほうが世界に入っていけますしね。
映画とかを何かしながら見れないし(笑)


昔(まあ今も変わりませんが)欲しいアルバムを買って、ワクワクしながらステレオの前で歌詞カードとかレビュー見ながら聴いた自分のあの感覚を、みんなにも伝えたい。
もしくは忘れないでほしい。


アルバムをこの曲数、長さにしてあるのも、音の仕上がりをこう仕上げたのも、
そう言う意味で音楽としてじっくり、聴いて楽しんでもらえたら嬉しいなとゆう気持ちで作っています。


まずそうやってじっくり楽しんだら後は色んな状況で聴いてみてください。
もちろん移動中にも、なんか用事とか仕事しながら聴いてもいい感じですよ(笑)



そんなこんなで色々言いたいことはありますが、これからも少しずつライブで、ブログで伝えていけたらなと思います。


次はみんなが聴いてからなにか書こうかな。
感想も聴きたいし。



そんな訳で5月8日はアルバム「Good Luck」発売!
全国のCDショップやAmazonなんかでも買えます。是非予約して手に入れてください!
よろしゅうおたのもうします。


Good Luck!