FC2ブログ

Good Luck

2013年5月8日にフジタユウスケとして4枚目になるアルバム


「Good Luck」


が発売になります。


くるりの佐藤さんがコメントと全曲レビューを書いてくれたのですが、
僕からも書いて残しておきたいなと。
佐藤さんのレビューのように客観的ではなく、フジタユウスケとして、ものすごく主観的な感覚で(笑)



そもそもアルバムを作る作業、レコーディングに入る前に大半の曲はライブで披露していました。


収録曲は


1.声をくれ
2.LET IT GO
3.カワイイベイビー
4.そうだ、今日はいつもよりも部屋をきれいにしよう
5.レインレイン
6.釣り糸を垂らして
7.ヘイヘイヘイ!
8.魂の歌
9.あの鳥のように
B.T.ひとりぼっちのそいつ2013



1曲目の「声をくれ」以外はすべてライブで演奏してきた曲。
9曲目の「あの鳥のように」は弾き語りのみで披露しています。


今回のレコーディングメンバーは、


BASS:木下裕晴さん
Dr:川西幸一さん
Key:伊東ミキオさん
Gt:手島いさむさん


他にもゲスト参加的に、縁のあるミュージシャンが参加してくれています。
テッシーさんは今回初めてのレコーディングでしたが、いつものメンバー。

今回のアルバムの一番の違いは、
ライブで演奏してきたメンバーと、ライブで仕上げてレコーディングしたってところ。

なのでライブに来てくれている人には聴いたことがある曲ばっかりです。


ただ、このメンバーでライブで演奏してきて作品に残す意味として、
ライブ演奏で仕上げた曲を「作品として昇華する」事にあるのです。

その点は演奏することに意識を置いていた今までのアルバムよりも、
作品的に、アレンジするすることに意識がもっていけたなと。

ちょっと聴いただけでは気が付かない、手の込んだ事がちょいちょい入っていて、
いろんな環境、感覚で聴いて何度も「気がつけるアルバム」になったかなと思います。


もともとBeatlesとか聴いて育った僕ですから、何度聴いても気がつけるアルバムが好きです。
シンプルなライブ感がある音楽もいいですが、ライブ感は生のライブには敵いませんし。


それにバンドの世界ではよく、「ライブに来たくなるようなアルバム」を作ろう。的な話を聞きますが、
個人的には作る以上は、作品は作品として捉えてもらえるようにしないといけないなと思っています。

もちろん「ライブに行きたくなるように」なってほしいけど(笑)

それとは違う話で、音楽を聴く上では作品を聴くのと、ライブに行くのは全く違う感覚やと思います。
聴くと体感するの違うとゆうか。

作品としてのクオリティ。ライブとしてのクオリティ。
どちらも高いところに持っていきたいなと思うわけです。


話が逸れましたが、今回そこを意識できた、アルバムが作れたのが一つ自分的に成長したかなと思うところです(笑)

今までと違うところとして、今回の「Good Luck」のアレンジはフジタユウスケ名義になっています。

デモの段階で殆どアレンジができていたので、自分の思っている形にすごく近いものになりつつも、
更にそこにメンバーのアイデアを詰めて、バンド感のあるものになりました。


たまに聴いてて「フジタユウスケ」って人の作品なの?と思う瞬間がありますよ(笑)



音に関しても、前回とは違う音になりました。
今までよりも自分の好きなビンテージの楽器を色々使ったのでやっぱり変わってくるわけです。(うふふ)

コレも自分の中では変化の一つやと思っています。
案外今までのアルバムは、ビンテージは少なかったんですよね。

ギターもアンプも、ベースも殆ど昔の楽器です。
ドラムやキーボード、マイクも古いのが使われていたりします。

楽器の音。それにしか出ない味のある音がいっぱいになったなと思います。


今回は仕上げのマスタリングは、あんまり押しの強い感じではなく、自然に聴ける音量、音圧にしたので、
大きい音で聴いてもそんなに疲れることはないと思います。

昔の音楽、録音のいいところでもありますが、大きい音で聴いてしんどくない音楽は目指すところの一つですね。


そこのへんも佐藤さんがレビューで書いてくれていたのが嬉しかったな。
決して今風ではないんですが(笑)



最近では音楽はデータにして持ち歩いて、移動中やなにかしながら聴くことが多いみたいですが、
是非、最初は家で、ステレオの前に座って、データではなくCDをかけて、お酒やお菓子でも用意して聴いてもらえたら嬉しいな。

音楽も映画とかと一緒でそのほうが世界に入っていけますしね。
映画とかを何かしながら見れないし(笑)


昔(まあ今も変わりませんが)欲しいアルバムを買って、ワクワクしながらステレオの前で歌詞カードとかレビュー見ながら聴いた自分のあの感覚を、みんなにも伝えたい。
もしくは忘れないでほしい。


アルバムをこの曲数、長さにしてあるのも、音の仕上がりをこう仕上げたのも、
そう言う意味で音楽としてじっくり、聴いて楽しんでもらえたら嬉しいなとゆう気持ちで作っています。


まずそうやってじっくり楽しんだら後は色んな状況で聴いてみてください。
もちろん移動中にも、なんか用事とか仕事しながら聴いてもいい感じですよ(笑)



そんなこんなで色々言いたいことはありますが、これからも少しずつライブで、ブログで伝えていけたらなと思います。


次はみんなが聴いてからなにか書こうかな。
感想も聴きたいし。



そんな訳で5月8日はアルバム「Good Luck」発売!
全国のCDショップやAmazonなんかでも買えます。是非予約して手に入れてください!
よろしゅうおたのもうします。


Good Luck!



スポンサーサイト