FC2ブログ

ピータン終了。

合宿レコーディングとピータンが終了しました。
またもや文字にすると意味がわかりません。


名古屋、京都のライブの後はすぐさま移動して伊豆のスタジオにてレコーディングに入りました。
4日間の合宿。

僕のレコーディングは集中して作業ができるように、合宿ですることが多いのです。
今回は全曲ガラパゴスDXのメンバーでのレコーディング。

とは言え、ほとんどのアルバム出このメンバーでレコーディングしているのですが(笑)


振り返りはまた後日出来たらするとして、レコーディング終わった翌日はLOVELOVELOVEの寺井くん、ピータンツアーの東京編。



京都でエライグダグダなMCに驚いたばっかり。
東京ではどんな感じになってしまうのかと思いましたが、楽しく、素敵なイベントになりましたよ。



リハーサルも和気あいあい。
カナメさんとピータンも仲良くなりました。

ピータン東京リハ



ライブは京都は少し違って、僕からのスタート。
音が大きいとピータンが緊張していなかったので、のびのびと演奏出来てた印象(笑)
京都の時は何やら色々考えていたみたいで、変なテンパり方してましたが東京は楽しそうでよかった。

まあ、テンパってるのも面白かったけどね。(笑)

京都のセットリストはこんなん。

第一部
〜ピータン一人で〜
1,旅に出よう(LOVELOVELOVE)
〜3人で〜
2,傘もいらない(LOVELOVELOVE)
3,雨が降っても(フジタユウスケ)
4,レイニーデイ(LOVELOVELOVE)
5,空は晴れ 君は雨模様(フジタユウスケ)
6,ヘイヘイヘイ!(フジタユウスケ)
7,パートタイムビリーバー(LOVELOVELOVE)
8,ビッグワン(フジタユウスケ)
9,Mr.グッド(LOVELOVELOVE)

第二部
〜フジタユウスケ一人で〜
10,鴨川(フジタユウスケ)
〜ピータンと2人で〜
11,少年時代(井上陽水)
〜3人で〜
12,君は天然色(大瀧詠一)
13,べっぴんさんがゆく(フジタユウスケ)
14,ふらり京都(LOVELOVELOVE)
15,ハルカナ、ハル(LOVELOVELOVE)
16,君と僕の関係(その2)(LOVELOVELOVE)
17,プラネタリウム(LOVELOVELOVE)
18,グッドモーニング(フジタユウスケ)
19,グッデイサンシャイン(フジタユウスケ)
アンコール
20,デイドリームビリーバー(忌野清志郎)



東京のセットリストはこんなん。

第一部
〜フジタユウスケとカナメさんで〜
1,LET IT GO(フジタユウスケ)
〜3人で〜
2,傘もいらない(LOVELOVELOVE)
3,雨が降っても(フジタユウスケ)
4,レイニーデイ(LOVELOVELOVE)
5,空は晴れ 君は雨模様(フジタユウスケ)
6,ヘイヘイヘイ!(フジタユウスケ)
7,パートタイムビリーバー(LOVELOVELOVE)
8,Mr.グッド(LOVELOVELOVE)
9,ビッグワン(フジタユウスケ)

第二部
〜ピータンと2人で〜
10,暗闇坂むささび変化(はっぴいえんど)
11,少年時代(井上陽水)
〜3人で〜
12,君は天然色(大瀧詠一)
13,べっぴんさんがゆく(フジタユウスケ)
14,ふらり京都(LOVELOVELOVE)
15,ハルカナ、ハル(LOVELOVELOVE)
16,君と僕の関係(その2)(LOVELOVELOVE)
17,プラネタリウム(LOVELOVELOVE)
18,ピータンソロ&セッション
19,グッドモーニング(フジタユウスケ)
20,グッデイサンシャイン(フジタユウスケ)

アンコール
21,デイドリームビリーバー(忌野清志郎)


ピータン東京本番


東京ではピータンソロが増えました(笑)
その他にも、2回めということもあり、演奏の仕方が変わったり、ある曲で突然ピータンソロが出来たり、変化は沢山。

同じ構成でも違う印象のライブになったと思います。
毎回違うライブをするのがモットーですので、意識的に変えた部分もありますがやっぱりライブってのは生きてるなあと思った。

思ってもみなかった所で面白いことが起こったりしたし、それを楽しむ事ができたなあと。


セットリストを見てもらって分かるように、今回は殆ど3人で演奏しました。
リハーサルが一回しか出来なかったですが、普通のイベントでこんなにコラボすることはなかなか無いでしょう。

3人が楽器を練習してこのツアー用にアレンジしてコーラスの練習もして、準備は大変やったけど、みんながたった2回のイベントに注いだ情熱はなかなかすごかったと思います。


ピータンが一緒にやりたいと言ってくれたきっかけのコンセプトは、ワンマンのようにお互いがお互いの曲をサポートしあうことでした。
なので、今回はやり過ぎなくらいやってみました。


フジタユウスケのライブとしてはコラボレーションはよくやることではあるけど、LOVELOVELOVEにとってはなかなか無いことだったらしく、ピータンも楽しんでくれました。

僕としてはピータンが楽しそうやったのがまず一番。
そしてLOVELOVELOVEをずっと応援している皆さんにとっても新鮮で楽しいものになってたなら嬉しいです。
ミュージシャンとして、コラボしたいという寺井くんの思いが伝わってればいいなあと。

そしていつもフジタユウスケを応援してくれている人には、ピータンが面白い人でいい曲作ることが伝わればいいなあと。
こんなに絡みにくい人も今までいなかったと思うので、そうゆう意味では観てて面白かったんではないかと思います(笑)


まあ、MCはひどいし、絡みにくいし、ライブが終わった後は非常に疲れますが(笑)音楽的にまだまだやりたいこと、やれることがあったような気がします。
また近いうちに「ピータンの逆襲ツアー」を企画できたらいいなあと思います。


その時は更に多くの人に観てもらえたら嬉しいです。



自分のことはとゆうと。

マンドリン弾いたのが楽しかった。レコーディングでも弾いたから、京都の時より大分うまくなったよ。(笑)


マンドリン弾いてみた・


今月末からは伊東ミキオさんとのツアーもあるから、これからもっと練習しようと思います(笑)




今回の写真はまたいい感じでしょ?
お馴染みのカメラマンのイワタナオさんに送っていただきました。
またちゃんとオフィシャルにも色々アップされると思います。

お楽しみに!






さて、次のライブは3/6、下北沢でガラパゴスSP。
みんなに事前にやって欲しい曲のリクエストを募り、リクエストの上位を演奏する事になりました。


カウントダウン方式でお送りできればと思っています。
詳細はこちら!


●3月6日(木)下北沢 BASEMENT BAR
『Beat Happening!VOL.1112』
出演者:BurnQue / フジタユウスケ / はいざらこうかん more
時間:open:18:30/start:19:00
価格:前売:¥2,300/当日:¥2,500(+1Drink)

【チケット販売に関して】
+BASEMENT BAR店頭売り(2月6日より発売開始)。
+LAWSONチケット(1月31日より発売開始)
L-CODE【L-70403】
+BASEMENT BAR HP予約(受付け中)。
【入場順】
BASEMENT BAR店頭売り→LAWSONチケット→BASEMENT BAR HP予約。
【問い合わせ】BASEMENT BAR 03-5481-6366
http://www.toos.co.jp/basementbar 
【Beat Happening!HPアドレス】
http://beat-happening.oops.jp



こちらもよろしゅうお頼もうします。



さあ、3月も忙しくなるぞよ。
出遅れないように頼んまっせ!


スポンサーサイト