伊東ミキオさんとのツアー。


「伊東ミキオ&フジタユウスケ Acousticset」


終了しました。
終わってしもうたー。という感じ。



思えば、ツイッターでミキオさんが「ツアーでやって欲しい!って場所ありますか?」的なことを言ってたので僕が「京都でやりましょう」といったのが始まり。
見てた人もいたんではないでしょうか?


その翌日には偶然にもスケジュールがうまく噛み合って打ち合わせをすることになり、学生バンドマンのように深夜までファミレスで色々語った。

それでミキオさんのツアー中ではあるが、「伊東ミキオ&フジタユウスケ Acousticset」を組み込む事になり、
高松SPEAK LOW、京都 拾得。そして高円寺のJIROKICHIの3公演が決まった。

あっと言う間に日程が出て「うまく行くときってこう、いい流れがあるもんですよねー」なんて言ってた。

あの時に良いツアーになるなって感覚はあった。


そしてリハーサル。
とても充実したリハーサル。


沢山動画でもアップしました。
いいツアーになるって感覚が確信に変わったリハーサルでした。



そして始まったツアー。
高松での初日。

今回は生楽器にこだわっていこうということで、いつものラフハウスではなく、グランドピアノがあるSPEAK LOWという普段はジャズなどを聴かせるお店でのライブ。

音も落ち着いていて、きれいな音でした。
ピアノの鳴りも落ち着いた良さがあるし、音響も決して派手に、大音量で鳴らさない感じが素晴らしい。

今回のツアーコンセプトにピッタリあった感じで初日からいい雰囲気。


今考えると、後の2会場とはまた違った、キレイな「アコースティック感」があったなと思う。


高松スピークロウ

会場もおしゃれ。



次はみんなで車で京都へ移動して、鴨川、料理、舞妓、桜、和菓子など、それぞれの京都を満喫して拾得へ。


拾得は今年で41周年を迎える老舗。

諸説あるけど、日本で最初に「ライブハウス」と言われた場所だとか。
まあ、最初のライブハウスかどうかなんかは別になんでもよく、ただ日本の音楽にとって激動だった70年代の京都で一番熱い場所だった拾得が今でも変わらずそこにあり、自分もそこで歌い演奏できる事が嬉しかった。

両親が20代前半位の時からライブを見に来てた場所でもあり、二人共楽しみにしてたようで。

僕はミキオさんと演奏することと、この拾得で演ることが決まった瞬間、大好きな夕焼け楽団の「ラッキー・オールド・サン」を演りたいと思いツアーに組み込んだ。

拾得のオーナーであるテリーさんがスタンダードナンバーであるこの曲を訳詞したのを歌っていたのが夕焼け楽団やったのです。

夕焼け楽団も70年代によく拾得で演奏していたり、父親に夕焼け楽団を教えてもらったこともあって、個人的にすごく気持ちが入った。

父親は全く変わらないステージと当時の曲に「タイムスリップしたみたいやったぞ」と言ってくれた。

テリーさんも「なんだか恐縮です。嬉しいです。」と言ってくれた。


僕にとってはそれだけで歌ってよかったと思えた。

それに会場も大盛り上がり。

アップライトピアノもメチャクチャいい音してたし、僕のギターの音が一番合っているなと思った。
ミキオさんや僕のような音楽性にはピッタリの場所でした。


拾得ライブ

一生忘れられないライブになりました。


そして、最終日の高円寺JIROKICHI.

演奏するのは初めての場所ではありますが、JIROKICHIもとっても歴史のある老舗。
今年で40周年だとか。

グランドピアノはミキオさんが言ってた通り、メチャクチャいい音してて、カナメさんのカクテルドラムがこのツアーで一番よく鳴っているなと思った。

お客さんとの曲も一番近かったので、楽器と近い分、より生楽器の振動や音。演奏者の息遣いや表情も伝わったんではないかなと思います。

少し京都から時間は空いていたけど、演奏、歌、音すべてがこのツアーの集大成になったと思います。
生楽器をしっかり届けるってコンセプトとしても最終日にJIROKICHIで出来たのはとても良かった。

会場はSOLD OUTで満員。
感謝でいっぱいです。


JIROKICHIライブ


とにかく会場がいい顔で溢れてました。




今回のツアーで一番嬉しかったのは見に来てくれた沢山のお客さんが「音が良くてビックリ!」とか「メチャクチャいい音でした!」って感想を言ってくれたこと。

実は音や音楽的な感想というのは普段殆どなくて、「楽しかった」「面白かった」「盛り上がった」とかって感想が多くて。
それはそれですごく嬉しいけども、僕達ミュージシャンは日々「いい音で」「いい歌、演奏を」「いい音楽を」ってやってるところがあって。

見に来てくれた人たちのそれぞれの中の「いい音」や色んな音楽的な感想としてでた時に、なんかすごくライブを共有出来た気がした。
それ聴いて「ね!いい音やったね!」って思えたし。


ツイッターにも書いたけど、「いい音」って「美味しい」と似ていて、それを知っているかで、受け取った時に見える世界が全然違ってみれるんじゃないかなって思う。

最近なかなかそう言う事に気づかせてくれる、ライブ、ミュージシャンも少ないし、「楽しい」「面白い」の更に先を見せてあげることが僕の一つの役目だと思ってます。


新鮮なとれたての食材を産地で食べてその美味しさに驚くように、自分の感覚を超えるような料理に出会った時の感動のように。
「いい音」を聴くことや「いい歌、演奏」を聴くことは、自分が豊かになれるってことなんじゃないかなと。


もちろんそれぞれの「いい」ものがあるけど、間違いなくみんなが共感できるところがあるのです。
それを僕らはもっと共有できたらいいなと思っています。



アコースティックは「素材の良さを最大限に活かした食べ物」。

沢山の味が楽しめて、絶妙な味付けすることで更に素材の良さが引き立つバンドも最高ですが、時には「素材そのままの美味しさ」も聴いてもらいたらと思います。


このツアーではそれが一つ形になったと思うので、更に先へいきたいと思います。


ミキオさんも言ってたけどまた早くツアーがしたい。
その時はまたみんなで「いい音!」って言い合えるようなライブにしたいと思います。


その辺の「アコースティック」じゃ満足出来なくしてやりたいぜ(笑)



長くなりましたが、とにかく最高のツアーでした。
来てくれた皆さん、ありがとうございました!!


そして長文読んでくれてありがとう(笑)




伊東ミキオ&フジタユウスケ Acousticset  セットリスト
 

~第1部~
1,懲りない男
2,そうだ、今日はいつもより部屋をきれいにしよう(Rough Road ※JIROKICHIのみ)
3,Rough Road(そうだ、今日はいつもより部屋をきれいにしよう ※JIROKICHIのみ)
4,西へ東へ
5,Take it easy
6,トラベリンマン
7,釣り糸を垂らして
8,JUST WALKIN’
9, 通勤電車男

10,あの鳥のように
11, 鴨川
12,Ice cream man
13, ラッキー・オールド・サン
14, Swanee River Jump
15, 君に会いたい
16, 雨が降っても
17, シンプルソング

アンコール
18,星のかけら
19,歌を歌おう

ダブルアンコール
20,火の玉ロック ※JIROKICHIのみ

スポンサーサイト

ワンマンを発表の後、フジタユウスケチームがバタバタと忙しくなる中、去年末以来のガラパゴスDXのライブがお馴染み吉祥寺PLANET Kでありました。

プラKは10年近い付き合いになってきて、スタッフの皆さんとも連携もバッチリ。
今一番、信頼のおける仲間が集ったライブハウスです。

ワンマンもプラKでやることになっていますが、今回はお馴染みになってきた2マンシリーズ。


京都から片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティさん。
前から一緒にやりたかったバンド。

名前の通り、ロケンローパーティーなライブでしたね。



充分ロケンローパーティーやったからか、僕らはマイペース。
うりゃ!って感じはなく、どす!って感じ。


セットリストはこんなんで。


1,声をくれ
2,通勤電車男
3,ヘイヘイヘイ
4,ビッグワン
5,Take it easy
6,そうだ、今日はいつもより部屋をきれいにしよう
7,嵐のハイウェイ
8,欲望
9, 君に会いたい
10, マチガイナイ
11, 魂の歌
12,雨が降っても

アンコール
13, 西へ東へ


新旧織り交ぜながらライブは進みます。

とにかくMCがふわっとした感じ。
演奏はバシッと。

そんな中、DXである伊東ミキオさんはロケンローなピアノを弾きまくってくれました。

ミキオさんが入るとサウンドが広がる。
歌詞の世界が見えてくる。
すごく楽器を演奏する上で大事なことやと思う。

DXの魅力はガッツリ絡むリズム隊に縦横無尽なミキオさんのプレイ。
押してばかりではなく引いたり、とても音楽的なライブ。

「?」ってなるMC。


ってところかな。


最後、アンコールでストラップが外れて、ギターを抱えながら歌った。
なんとか曲が終えて楽屋に帰った木下さんが「なんか思ってたより弾けてたなー」と残念そう。
なんでやねん。

なんだかDXの時はガラパゴスさん2人がいつも以上に自由になります。
とにかく楽しそう。やっていて僕が嬉しくなるくらい。
それもミキオさんによるバンドへの影響。魅力の一つなのかもしれないな。


色々あったライブでしたが、片ブレの皆さんともお話出来て、お客さんにも楽しんでもらえてたみたいでよかった。
ワンマンに向けていい流れが掴めそうです。



さて、先日ついに新しいアルバムが出ることになり先日発表になりました。
後日ちゃんと書きますのでここでは簡単に。



Heritage30(S).jpg



フジタユウスケ 5thアルバム

「Heritage 30」


8曲入り 税込2,000円 9UPR-1007

2014年6月18日発売
発売元:有限会社ナインアップ 発売元:タワーレコード株式会社

1.キコエルカイ
2.君に会いたい
3.ビッグワン
4.愛の歌
5.嵐のハイウェイ
6.西へ東へ
7.歌を歌おう
8.欲望


最近ライブで演奏している曲も入ってます。
演奏はすべて、フジタユウスケとガラパゴスDX。
音源はライブとはまた違う印象になってます。


今回は、非常に筋の通ったアルバムだと思う。
やりたいことがハッキリ出ているし、今までの作品とは明らかに違う雰囲気です。



プラKのライブで演奏していて改めて思った。
新しいアルバムに入る曲ってこんなに今までと違うんやなあって。
聴かせ方も歌い方も、弾き方もすべてが違うんです。
観ててもわからないくらい些細な事でもあるかも知れないけど。


それから今までのアルバムとは流れる雰囲気が違います。
あんなに緩いMCする人たちとは思えない作品になってます(笑)
30代に突入する直前の作品らしい、そして色んな意味で5枚目らしいアルバムやと思ってます。


また後日色々詳しく触れますので、お楽しみに!



さて、今回のブログは擬音多めでお送りしました。

しかしドンドン時間は過ぎていくな。
もう今年も4ヶ月が終わろうとしている。びっくりした。


毎日を大事にしていこうと思いますよ。
30歳まで後2ヶ月位。

引き続き、よろしゅうお頼もうします。





タイトルにありますように、フジタユウスケ、ワンマンが決定しました!
年明けのアコースティックワンマン2daysに続き、今度はバンド編成での2days!

地元京都と東京での開催になります。

しかも、地元京都のワンマンは、6/21。
そう、僕の誕生日。

30歳になる今年。
記念すべき30歳初ライブは地元京都でワンマン。

誕生日にライブをするのは正直少しこっ恥ずかしい。
自分で誕生日会を開いてるみたいで(笑)

でもこの企画が上がった時に、30歳でしかも上京10年目の2014年。

節目としてみんなの前に立って今の自分を観てもらえるってのはすごくありがたいことでもあるし、これからの自分にとってもいいのではないかと思いました。

特に地元のライブはいつも特別なものになるので、6/21はみんなでワーワーやれたらいいなと思います。
もちろん東京でも特別な一日になるように面白いこと色々考えていきますよ。



今回のこの2daysは只今進行中のレコーディングメンバーである、ガラパゴスDXの皆さん。
自分にとって年末以外のバンドワンマンは初めて。

新しいことに挑戦する意味でも、30歳という節目を迎える意味でも、ワンマンをやろう!と言う事に。


今回もフジタユウスケチーム一丸となって、素晴らしい2日間になるように盛り上げていきたいと思います。
絶対見てください。

すんごい良いライブにしてみせます。
よろしゅうお頼もうします。



●2014.06.21.sat
フジタユウスケ 30代初ワンマンシリーズ「三十路入ル フジタユウスケ上ル ~京都編~」
形式:バンド形式(フジタユウスケとガラパゴスDX)
場所:京都MUSE
出演:フジタユウスケ
時間:OP18:00 / ST18:30
価格:前売3,500円 / 当日4,000円 (各1ドリンク別)
予約:入場順と各販売スケジュールは以下のようになります。
・4/2京都拾得でのフジタユウスケ物販コーナーから手売りチケット販売。
・4/5 10時よりフジタユウスケオフィシャルサイトにてオンライン予約開始。
https://pro.form-mailer.jp/fms/8d6ad28b56773
・4/5よりKYOTO MUSE店頭にて販売開始。
・4/5より以下のプレイガイドにて販売開始。
チケットぴあ(P:229-391)
ローソンチケット(L:59105)
イープラス

●2014.06.27.fri
フジタユウスケ 30代初ワンマンシリーズ「三十路入ル フジタユウスケ上ル ~東京編~」
形式:バンド形式(フジタユウスケとガラパゴスDX)
場所:吉祥寺プラネットK
出演:フジタユウスケ
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売3,500円 / 当日4,000円 (各1ドリンク別)
予約:入場順と各販売スケジュールは以下のようになります。
・4/18吉祥寺プラネットKでのフジタユウスケ物販コーナーから手売りチケット販売。
・4/25 10時よりフジタユウスケオフィシャルサイトにてオンライン予約開始。
https://pro.form-mailer.jp/fms/ef352ae756774
・4/25 16時よりプラネットK店頭にて販売開始。
・4/25 17時よりプラネットK電話予約開始。
(Planet K:0422-21-7767)
・4/25よりイープラス発売開始



更にそれに伴い、バンド編成でのライブも決定しています。
優先入場のチケットの手売りもしますし、ワンマンに向けて加速していく僕らを是非観てもらいたいと思います。
こちらもよろしゅうに。



●2014.05.02.fri
「唄のハレルヤ」
形式:バンド形式(フジタユウスケとガラパゴスDX)
場所:吉祥寺プラネットK
出演:ミサイルイノベーション / 中尾諭介&ニックバッカーズ / フジタユウスケ
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売2,500円 / 当日3,000円 (各1ドリンク別)
予約:
・プラネットK店頭販売受付中。
・4/2京都拾得でのフジタユウスケ物販コーナーから手売りチケット販売。
・プラネットK電話予約受付中。
(Planet K:0422-21-7767)


●2014.05.09.fri
「shake × shake! Vol.2」
形式:バンド形式(フジタユウスケとガラパゴス)
場所:OSAKA MUSE
出演:フジタユウスケ / ニューポップスオーケストラ / Rick Rack / and more
時間:OP18:00 / ST18:30
価格:前売2,500円 / 当日3,000円 (各1ドリンク別)
予約:
・4/2京都拾得でのフジタユウスケ物販コーナーから手売りチケット販売。
・4/6よりローソンチケット(L:59747)にて販売開始。
・OSAKA MUSE 店頭販売(13:00 ~20:00)
お問い合わせ:OSAKA MUSE 06-6245-5389



更に更に、ガラパゴスDXが決まったんやからこの人共やりたい!ってことで。


テッシーさんとのアコースティックミニツアーも決定。
東京、大阪で2公演。

2回しか無いですが、今回はいつものカナメさんドラムに加え、ベースに入江太郎さんも。
つまりテッシー50祭のメンバーでお送りするわけです。

アコースティックと言いながら、テッシーさんがエレキ弾いたりするような気がする(笑)
こちらもすごく楽しみ。

もちろんワンマンのチケットなども持っていけるようにしますよ。


●2014.05.16.fri
「テッシー・ユウスケ アコースティックライブ2014(下北沢)」
形式:弾き語り形式
場所:下北沢・風知空知
出演:手島いさむ・フジタユウスケ・入江太郎(Ba)・服部宗(Dr)
時間:OP18:00 / ST19:00
価格:前売3,000円 (各1ドリンク別)
予約:4/12 12時より以下のURLからご購入いただけます。
http://shop.tessy.tv/?pid=72394348

【ご予約について】
・お一人様名義でご友人の分など複数枚ご購入可能です。
・チケットの発送はございません。メールにて確認をお願い致します。
注:携帯メールアドレスでご利用のお客様は、shop@tessy.shop-pro.jpの
「受信許可」設定をお願い致します。
・入場の際の「整理番号」が、「受注メール」下部にあります「▼配送先情報」の
「【お名前】」部分に記載されております。ご確認下さい。
※受注メールとは「ご注文ありがとうございます」というタイトルのメールです。
・「整理番号」はご注文順に自動で割り当てられます。予めご了承下さい。

【ご入場について】
・LIVE当日は「整理番号順」でのご入場、お席は「自由」となっております。
開場の15分前(17:45)より、整理番号1~40番までのお客様は、お店建物
左手側の「らせん階段」に、40番~以降のお客様は、お店建物右手奥の
「エレベータ前」に、それぞれ番号順にお並び頂けます。
(17:45以前は他店舗のご迷惑にもなる為、お店周辺も含めお集まり頂けません。
予めご了承下さい。)
・当日は、受注メールを係員に提示できる状態にして頂き、本人確認可能な
身分証(免許証、保険証など)と共にお持ちください。


●2014.05.21.wed
「テッシー・ユウスケ アコースティックライブ2014(大阪)」
形式:弾き語り形式
場所:大阪・cafe Room
出演:手島いさむ・フジタユウスケ・入江太郎(Ba)・服部宗(Dr)
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売3,000円 (各1ドリンク別)
予約:4/12 12時より以下のURLからご購入いただけます。
http://shop.tessy.tv/?pid=72394997

【ご予約について】
・お一人様名義でご友人の分など複数枚ご購入可能です。
・チケットの発送はございません。メールにて確認をお願い致します。
注:携帯メールアドレスでご利用のお客様は、shop@tessy.shop-pro.jpの
「受信許可」設定をお願い致します。
・入場の際の「整理番号」が、「受注メール」下部にあります「▼配送先情報」の
「【お名前】」部分に記載されております。ご確認下さい。
※受注メールとは「ご注文ありがとうございます」というタイトルのメールです。
・「整理番号」はご注文順に自動で割り当てられます。予めご了承下さい。

【ご入場について】
・当日は「整理番号順」にお並び頂いたうえでご入場、お席は「自由」となっております。
・受注メールを係員に提示できる状態にして頂き、本人確認可能な身分証
(免許証、保険証など)と共にお持ちください。






長いお知らせになってしまった。
少し急なお知らせになってしまってスンマセン。


平日が多かったり、関西と東京しかなかったり、色々あると思いますが、フジタユウスケとして、節目となる2014年の活動を盛り上げていくべく、フジタユウスケチームみんなで盛り上げていこうと思っています。

有難いことに、忙しい皆さんも、「ユウスケと一緒にやりたい」と言ってもらえて、実現出来ています。


僕自身、そういった環境やライブができると言う根本的な事にしっかり感謝しながら進んでいきたいなと思います。


そんな訳で、よろしくお願いします!