FC2ブログ

まいにちうたがうたえたら。

まいにちうたがうたえたらツアー、西日本編が終了しました。
12日で11公演のツアー。
普通に考えたらなかなか組まない過酷なスケジュール(笑)

でも毎日やることに意味があるこのツアー。
今年で3年目になります。


今回は去年に比べて、しっかりと準備され、レコーディングも集まって集中して音源を作ったりしました。
ライブのリハーサルは一度もやりませんでしたが。

色んな事があったのでちょっとやそっとでは語りきれないし、語りきった所で、その日その日のライブに参加していないとよく分からないような気がします。

それに今回は大柴くんがムービーを撮影、編集して毎日アップしてくれたので、想像する分には充分すぎるくらい雰囲気は伝わったと思うので、後日談的に簡単に自分のことを中心に一日ずつ振り返ろうかなあと思います(笑)


動画はこちらから見れます。

まいにちうたがうたえたらツアー ドキュメンタリー


8月4日(月)名古屋・HUCK FINN FACTORY

初日の名古屋。キクチくんがやたらウダウダ喋ってました。
このツアーで初めて弾くことになった三線。立っては弾けないことが判明。
大柴くんの安定感とキクチくんのグダグダ感。ツアーが始まった感じがした。

HUCK FINN

8月5日(火)京都・拾得

京都 拾得は3回目。
自分的にはすごく落ち着く、京都でも一番京都らしいライブハウス。
音楽の神様がいるのかわからないが、毎回見えない力が働いて普段とは違う音楽が出来上がる。
会場の音が良すぎるせいもあるのかな。
今回は楽器を沢山弾こうと思い、エレキギターやラップスティールギターも持参。
このヴィンテージのMUSICMANのアンプがいい音してた。

拾得 弾き比べ

8月6日(水)岡山・MO:GLA

モグラはこの「まいにちツアー」で必ず来る場所。
帰ってきた感がある。
三線は名古屋の教訓を活かして座って弾くことにしました。ちょっとずつ慣れてきた。
大柴くんのウクレレもあって、サウンド的にもいい感じ。

モグラでまいにち

8月7日(木)高松・Bar RUFFHOUSE

お馴染み高松ラフハウス。マスターの今城さんのお腹がドンドン大きくなっていくのをみるのが楽しみ。
最近良くライブ使うようになったマンドリンもこの日位からニュアンスがつかめて来た気がした。

ラフでマンドリン

更にラフにあった今城さんのワイゼンボーンも弾いてみたり。

ラフのワイゼンボーン

カクテルドラムも叩いてみたりしました。
顔に余裕は無いけど、リズムがあるととても盛り上がるんやなと実感。

ラフでカクテル

8月8日(金)高知・Bar Salvador

そして大雨の報道で少し心配していた高知へ。
街は変わらず元気そう。お客さんも満員になるほど来てくれました。
ここでも会場にあった楽器を行き当たりばったりで使用。
カクテルドラム叩いたので次はミニドラム。

高知でミニドラム

そしてまともに弾いたことなかったけどベースが欲しくなって、アップライトも弾いてみた。ら突然ソロを弾かされあたふた。

高知でアップライト

8月9日(土)松山・Live music Bar カラフル

そして今回が初めてとなる愛媛は松山公演。
台風直撃だったのでキャンセルも出たりしつつも、予想を超える沢山の人が観に来てくれました。
本当に嬉しかった。
前日からの流れなのか、ドラムセットがあったのでドラムを叩くことに。
そしてカラフルの店長さんのキクチさんがベースで入って大柴くんがグランドピアノを弾き、ピアノトリオが完成。バスドラの音が異常に気持ちよかった。
会場の音もすごく良かったなあ。

カラフルなバンド

台風の中、打ち上げも盛り上がってこのツアーで最も印象深い一日になりました。


8月11日(月)佐世保・Cafe&Bar LAST

九州シリーズは佐世保から。ここも初めて来る場所。
独特の町並みに散歩してみたり。
会場はこの日も満員。大柴くんのバンドの吉本ヒロ君が地元で遊びに来たり、イベントを組んでくれた地元のミュージシャン、松本浩太君と衣装が似てたり、楽しい一日でした。

松本くんとお揃い

終演後、出演者や残っていてくれたお客さんと一緒に記念撮影。みんな楽しそう。

佐世保で集合写真

8月12日(火)佐賀・LIVE BAR・雷神

ここもまた初めての地、佐賀県。
地元のミュージシャン、とっくんこと徳久望君がイベントを組んでくれました。
この日はコラボレーションはほぼナシ。
それぞれ弾き語りでの出演。自分の中で弾き語りの感覚が変わったなあと思った日。

最後だけみんなで一緒にマイク無しで演奏。
佐賀雷神

想像以上に美味しい食べ物やお酒が充実していて打ち上げもみんなゴキゲンでした。


8月13日(水)福岡大名・Music bar shangri-la

福岡は随分久しぶり。大好きな街なのでやっとこれて嬉しかった。
大きな病気にかかってしまい入院していた福岡の友達に会うことが出来た。
ライブには残念ながら来れなかったのでその友達にも届けばいいなと思い会場の音もデカかったのでデカイ声で歌った。

福岡シャングリラ

8月14日(木)広島・SPYDER

この日は広島でいつもお世話になっている人たちとのイベント。
Simploopの田中ノリオ君とThe STRIPPERと一緒。

僕はノリオくんの曲に参加したり、

広島ののりおくんと

The STRIPPERさんにギターで参加したり、「欲望」をみんなで演ったりしました。

ストリッパーと!

まさか自分がThe STRIPPERと一緒にライブする日が来るとは思ってもいませんでした(笑)
この日も会場は満員。素敵な一日になりました。
バンドで久々に演奏したらバンドがやりたくなった。


8月15日(金)大阪・cafe Room
大阪は前半戦の最終日。
ここまで来ると寂しさすらありました。
大阪に到着するのがお盆の影響で遅れてしまい、オープンスタートが押してしまうことに。
ご迷惑おかけしました。

最後はこれまでの集大成のように色んな楽器を弾き、話し、歌い、みんなで叫ぶ(笑)

大柴くんのライブは観ててとても気持ちよかった。
それは音楽的にでもあり、一緒に旅してきた仲間としてでもあり。
素晴らしかった。

大阪大柴くん

キクチくんは色んな意味で変わらない人だ。
でもブレないわけではないのが彼らしい。僕には歌えない歌を歌う人です。

大阪の菊池くん


みんな旅を続けて来たあの日やからこその空気があったような気がした。
この3人の絵がとても自然に見えるようになった気がする。

大阪でみんなと


前半戦を終えて、寂しいなあとかみんなで話して、9月から始まる東、北日本編の話をする。
食べ物、お酒、音楽、人。
楽しみなことがいっぱいある。
沢山の人に出会えるといいなあと思います。


このツアー、西日本編では11公演のうち殆どの会場が満員。
遠くから来てくれた人も、地元の人も。
これはメチャクチャ嬉しかった。

知らない場所で歌うことは怖いことでもある。
不安なことが沢山ある。

そんな中ライブが始まった時にどの会場も人でいっぱいやった。
この時の気持ちは、もしかしたらミュージシャンにしかわからないかもしれないけど、本当に最高の気持ちになります。

僕らはただ歌いたいから歌ってるのではなく、自分の歌を人に聴いてもらいたいから歌っている。
このツアーがみんなで口を揃えてよかったと言えたのは、みんなが来てくれたからに他ならないなと思う。


正直、9月からは言ったことの無い場所が多いので、どれだけの人が来てくれるかわからないけど、是非沢山の人と一緒に思い出に残るツアーにできたらいいなあと思います。



最後にまいにちうたがうたえたらツアーのメンバー全員で記念撮影。

前半戦終了の記念撮影

2014年の夏も忘れられない夏になりました。


大柴くん。
キクチくん。
スタッフのタカタク氏。

各地で出会えたミュージシャンの皆さん。
お店のスタッフさん。

そして観に来てくれた皆さん。


ありがとうございました!!


スポンサーサイト