ワンマンやります!!

ブログ、更新しないとまた途絶えそうやったので更新。

まずは、フジタユウスケとガラパゴスのライブシリーズ2本。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

京都拾得では釣りフェスの流れで青江好祐君と一緒に2マン。
会場は沢山のお客さんに来ていただきました。

_MG_2754.jpg

ガラパゴスで拾得は大分馴染んできていい感じ。


_MG_3619.jpg

青江君と僕も長い時間をかけて大分馴染んできたみたいです。


東京に帰ってきて、吉祥寺プラネットKで3マン。
ここではプラKのイベントに呼んでいただいたのにも関わらず釣りフェスにもでてくれてたLOVE3が出演。
今回は対バン、と言う形で共演でした。

CFnamXwUsAEf9dy.jpg

といいつつ、LOVE3のギターきょんぴーがガラパゴスに参加!
新しい編成の予感を感じました(笑)
ギターもですがコーラスが僕の曲や声にピッタリなんです。
アコースティックでも素晴らしかったですがバンドになってもいい感じでした。

今後につながるライブ、イベントになったんではないかなと思います。
改めて来場していただいた皆さんおおきにありがとうございました!





さてさて、今回はお知らせしておきたいことも沢山あるのです。
ここからは告知になりますが、書きます。

まずは、やっぱりワンマン!!
色んなイベントがあったので詳しく書けませんでしたが、やっぱりこれを成功させないと!

まずは詳細を。


●2015年6月20日(土)
フジタユウスケワンマン「京都拾得入ル フジタユウスケ上ル YSK BIRTHDAY EVE2015」
場所:京都・拾得
出演:フジタユウスケとガラパゴス
時間:OP17:30 / ST18:30
価格:前売3,500円 / 当日4,000円(各1ドリンク別)
予約:3/15より拾得へのメールにて受付。( jittoku@hotmail.co.jp )
予約方法詳細は以下のサイトをご参照下さい。
(複数公演同時受付をしていますので必ずご希望のライブの日程を記載してください。)
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/yoyaku.htm

●2015年6月21日(日)
フジタユウスケワンマン「吉祥寺プラネットK入ル フジタユウスケ上ル YSK BIRTHDAY2015」
場所:吉祥寺・プラネットK
出演:フジタユウスケとガラパゴス
時間:OP17:30 / ST18:00
価格:前売3,500円 / 当日4,000円 (各1ドリンク別)
予約:当日の入場順と予約方法は以下のとおりです。
・3/22フジタユウスケ川崎ライブ物販コーナーより手売りチケット販売開始。
・3/29 16時よりプラネットK店頭販売開始。
・3/29 10時よりイープラスで販売開始。
・3/29 17時よりプラネットK WEB及び電話予約受付開始。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ac1d2f15272722
(Planet K:0422-21-7767)


タイトルにもあるようにワンマンの日が誕生日なんです。


元々誕生日祝われるのは苦手です(笑)
そっとしててほしい(笑)

所が数年前にひょんな事で始まった誕生日ワンマン。
年末と共に恒例になってしまって、やめられなくなってしまいました。

でもまあ、自分の誕生日はさておき、それがきっかけで皆が集まってワイワイやってくれることは嬉しい事で。
お花見みたいなもんですな。
みんなで集まって、ワンマンやる口実になればいいのです(笑)


という訳で恒例のワンマン、開催決定!
会場はいつもの京都拾得と吉祥寺プラネットK。

この両会場は設備も雰囲気も全然違います。
カラーというものがハッキリあります。

なので全く違う雰囲気にしてやろうと企んでます。
同じことしてもつまらんしね。
ここでも新しいことをやれたらなと。

それに今までのワンマンはフジタユウスケとガラパゴスSPやDXでのワンマンしかやってません。
今回は3ピースのバンドとして、ワンマンやりたいなと。
3人で目一杯やれたらいいなと。
今からあんな事、こんな事して。。。。
と考えておりますので是非!両日とも見逃さないようにしていただきたい。


是非ともよろしくお願いします!!!



それから、最近、フジタユウスケとして楽器関係の雑誌やメーカーさんにとてもよくして頂いてまして、
以前にライブで使っているエフェクターボートの取材をしていただきまして、その本が出ることになりました。

エフェクターボードを紹介するコーナーだけを集めたちょっとマニアックな本。
沢山のギタリストさんの中に載せて頂いてますので宜しければ是非。


9784845625987_2-thumb240x.jpg

『ギタリストのペダルボー道』
5/25発売 2,000円+税
A4変形  全128ページ 
電子書籍同時発売

詳細ページ
http://www.rittor-music.co.jp/books/15213001.html



更に更に、ガラケー使いの僕には全くわからない「ライブに行こう! featuring フジタユウスケ」LINEスタンプというものが出来ました(笑)


2015051917033134f.png


LINEをやってないし僕には使い方すらわかりませんが、以前ライブに来ていたお客さんに「こんなスタンプがあったら嬉しい!」的なアンケートで色々教えていただき、それを参考に作られたものでもありますので、使えるものにはなっています!(と思う)

僕が登場するものはあんまり無いので安心してライブによく足を運んでいる皆さんには手に入れていたけたら嬉しいなと思います(笑)
よろしくお願いします!

「スタンプショップ」の検索で「フジタユウスケ」「ライブに行こう」などで検索するか、以下のURLにアクセスしてください。
http://line.me/S/sticker/1124123


更にはPUFFYのサポートで今年もツアーに参加させていただきます。
関東近郊ツアーということで、関東の方はもちろん、その他の地域の皆さんもよろしゅうに!


詳しくはPUFFYオフィシャルにて!!



5月は猛烈に忙しかった。
でも6月も更に熱量高めで行きますので、是非とも一緒に楽しんでもらえたらと思います。
最近新しい出会いで沢山の人に知ってもらえている機会もありますので、最近僕を知った人にも、ワンマンや色んなライブに足を運んでいただけたら嬉しいな。

皆さん、どうぞよろしくお願いします!


スポンサーサイト

釣りフェス、終了しました!

随分ブログを更新していませんでしたが、本当に忙しい一ヶ月でした。
忙しいのはまだ続いているけども(笑)

更新しない間は、とあるバンドさんのツアーにゲストで参加していたり(オフィシャルの過去のライブLIVEページ参照)、シュノーケルとのツアーの追加公演もあったし、大柴広己君とのイベント、「竿自慢」もありました。

シュノーケルとの追加公演は本当に盛り沢山。
シュノーケル+フジタユウスケやバンドの合体。
ツインドラムにツインベース。

写真が沢山アップされましたので、それが一番雰囲気を伝えられるんじゃないかと思います。
カメラマン、イワタナオさんのページでどうぞ。


シュノーケル × フジタユウスケ SPRIT TOUR 2015 「3on3」 SPECIAL PHOTOGALLERY



竿自慢はブログで書いたとおりギターを自慢するイベント(笑)
今回はアコースティック・ギターを中心に自慢しましたが、もちろんエレキギターも沢山あります。
いつか、エレキ自慢もしたいですなあ。
色んな人の楽器の話を聴いてみたい。弾いてみたい。


そして、なにより大きなイベントになったのは、通称「釣りフェス」。

「No Fishing,No Live!! Fes.2015」と題されたイベントは僕の所属するナインアップ企画の最大の自主企画イベント。

自主企画自体は普段からやっていますが今回は、釣りとの融合を目的とした琵琶湖湖畔での野外イベント。
もちろん普段音楽を演奏したりする場所でもなく、すべてが一からのスタート。


ただライブをするだけではなく、観に来てくれた人に釣りにも興味を持ってもらいたいと思い、オプションで釣り体験や宿泊、バーベキューなどもあり、自分たちにとって大きな挑戦となりました。

運営として、いかにうまくイベントを成立させるかに尽力したタカタク氏。
宿泊システムや駅からのバスの送迎、釣り体験、バーベキュー、チケットやグッズの管理、販売に至るまで、すべてが中心となり、運営していただきました。

自分も釣り好きのミュージシャンとして、いかにどちらの魅力もうまく伝えるか。
野外の音楽のライブなど行ったことのない場所で、音楽の素晴らしさを伝えるか。
釣りのよさや空気感を伝えるか。

自分が感じてきた感動を伝えるという意味では音楽も釣りも同じ。
そこに力を尽くしたつもりです。


もちろん初めてということもあり、全てが順調に、何事も問題なく進んだわけではありませんでしたが、
自分たちが目指したもの、やりたかったもの。
出演者やスタッフ、そしてお客さんの楽しそうな顔を見ることは出来たのかなと思います。

問題点も残しながらも、ここまでやったぞ!って達成感が有ります。

これは支えてくれた出演者の皆さんや信頼できるスタッフの皆さん。
そしてなにより、手探りでどうなるかわからないイベントに足を運んでいただいた皆さんのおかげです。

本当に、ありがとうございました!



振り返ると本当に盛り沢山な毎日やったなあと思います。
ライブ前日は出演者皆で釣り体験。

自分は皆と一緒には釣りは出来ませんでしたが、参加した人殆どが素晴らしい釣果を残し、肌が真っ赤に焼けるまで釣りに没頭してました。

翌日のライブ当日は曇り空。と言うか朝起きた時はまだ雨が降ってました。
そこから急激に天気は盛り返し、なんとか雨も降らず、強い日差しが出ることもなく。


何もないこの状況から、

IMG_2436.jpg


通常野外での簡易的なシステムのものよりはるかに充実した音響機材を準備していただき、

IMG_2440.jpg


楽器も置いてステージを設営。

IMG_2439.jpg


ステージ上の電線に止まっているつばめの子供達がなぜかLOVE LOVE LOVEの椅子にだけフンを落としていくハプニングもありつつ、

IMG_2442.jpg


釣りキチ青平が駅までお客さんを迎え、「バスガイド」として送迎しつつ。

釣りキチ青平


ライブはスタート。


ライブの一番手は、バスガイドで活躍したばかりの司会の釣りキチ青平こと青江好祐君(わけわからん)がオープニングを飾ります。

ここでは服部カナメさんとともに、リズム隊として参加。
琵琶湖の港で「ハーバーライト・ウーマン」を演奏しました。

青ヘイバンド



そして二番手は、去年まいにちうたがうたえたらツアーの佐世保公演で一緒に出演してくれた
松本浩太君が登場。
釣りフェスを発表した時に「僕も昔からバス釣りが大好きなんです!」と連絡をくれたことがきっかけで「じゃあ出る?」と聞いて「行きます!」と即答(笑)

この日も佐世保からわざわざ来てくれて前日の釣りでも大活躍してました。
シトラス系ミント系の佐世保弁を使いつつ爽やかに演奏してくれました。

ここでは「ライフ」「シューティングスター」「プラネタリウム」という曲に加え、この日のために作ってきてくれた「No Fishing,No Live」と歌う曲を一緒に。
ベース弾いたりギター弾いたりしました。

松本ユウスケ


途中転換中には今回のイベントの中心人物でもある、バスプロの浅野大和さんなどをトークゲストに迎え、釣りについて、ブラックバスについてを青平さんとトーク。

青ヘイと浅野さん


そして「No Fishing,No Live」のツアーの時から一緒にやってくれているビートモーターズの秋葉君と。
ツアーの時と同じようにカナメさんと3人で
「手引きのようなもの(井上陽水奥田民生カヴァー)」「夢のしわざ」「マリー」「エコー」を演奏。
ここでもベースやギター、マンドリンを演奏しました。

秋葉ユウスケバンド


そして秋葉くんのなんともダラダラした空気を吹き飛ばすかのようなライブのLOVE LOVE LOVE。
ベースボーカルのピータンこと、寺井くん以外はみんな釣り体験してハマりつつあった状況で、釣りにはあまり触れずピータンの空気感。
でもすごく良いライブでしたなあ。
そこに僕も入って「RocknRoll」「Mr.グッド」「サイダー」「ありがと燦々」を。

この編成の完成度は自分でも手応えがある。
一緒にやっててしっくりきますなー。

LOVEユウスケ


最後はもちろん自分。フジタユウスケと服部カナメ、でスタート。

途中秋葉くんやLOVE3を交え、釣りの事を題材にした曲は全てやりました。
その他野外で歌いたかった曲をいくつか。

1,釣りに行こう
2,釣り糸を垂らして
3,ビッグワン(秋葉くんと)
4,空は晴れ君は雨模様(LOVE3と)
5,あの鳥のように(LOVE3と)
6,LET IT GO(LOVE3と)
7,雨が降っても


アンコールでは新曲「まにまに」を初披露。
釣りの事を歌った曲ですが、なんとも空気感が良くて歌ってて「作ってよかったな~」と思ってました(笑)
最後はみんな一緒に「グッデイサンシャイン」。

夜セッション


みんなが揃ってステージに立って、楽器を演奏して、歌をうたう。
当たり前の事のようでいて、当たり前でないことを改めて実感。
今回、一から設営してステージを組み演奏していたのでよりそう思えた気がします。

細かい話、ステージの音やお客さんが聴いている音もあそこまでの完成度で披露できると思ってなかった。
野外でライブと言うと、音は良くないし、簡易的すぎてメインであるはずの音楽が「野外」ということに負けているイベントを沢山見てきたのでそこはクリアしたいと思っていたけども。

すごく気持ちよく演奏ができ、皆さんにも聴いていただけてたなら嬉しいなあと思います。


ライブは無事に終了して、その後も宿泊、翌日釣りをする人はバーベキューなどもあってなんか、面白いイベントやなあと(笑)
夏休みみたいな空気感で良かったです。

翌日も釣り体験。

参加してくれた人は釣れなかった人もいるみたいですが、投げる練習を岸からやってそこでも釣ってる人もいつつ、バスプロの浅野さんが操船するバスボートで琵琶湖へ。
そこで釣った人も数名。
なんて贅沢な環境でしょう(笑)


でも釣りに興味を思ってくれた人も沢山いました。
バスプロの皆さんもこれには感激しておられました。

今回、この初めての野外イベントに参加してくれた皆さんには感謝感謝です。
おかげさまで当初の予定を超える方々の予約によりライブ会場の座席を増やすことになり、釣り体験も定員いっぱい。

釣りと音楽なんて、どうなるかも想像もつかなかったやろうし、
ライブにしても、ライブをする上での環境や天気もありますし。
音楽とは関係のないように思える釣りにも沢山の人に参加してもらえたし。
そんなイベントに足を運んでくれるということや気持ちが嬉しかったです。

これも当たり前のようでいて当たり前でないこと。
皆さんがライブに、イベントに足を運んでくれることは特別なこと。

だから特別なものを見せられる、感じてもらえるようにこれからも努力したいなと思います。


僕としては釣りやあの場所の空気感を感じたことで、それらに強く影響を受けた僕の音楽感を今までと違ったように感じてもらえるようになったら嬉しいです。


来年も是非!と場所を提供していただいた、ホテル井筒の皆さんやバスボートジャパンの皆さんにも言っていただき。
お客さんもまたやってください!と言ってくれました。

この期待に応えられるようなイベントを来年もできるように頑張りたいと思います。
長くなりましたが、改めて、このイベントに関わってくださったすべての皆さんに感謝です。


ありがとうございました!!


最後に出演者やスタッフチームみんなの釣りの写真をどうぞ。

CFAjHnNUgAA4kAL.jpg

CFCH0RCUIAE7Umb.jpg

CFB-eR9UsAEsmyv.jpg

CFAJBWsUgAAj3H-.jpg

CFA2RFbUkAAZgXR.jpg

CFGy2WLUMAAYeR1.jpg

CFHbkphUUAAOaiO.jpg

CFGwP3RUIAAqzrP.jpg

IMG_2446.jpg


みんないい顔!!(笑)