6thアルバム発売決定!

タイトルの通り、フジタユウスケとしての、なんと6枚目のアルバム

「Tackle Box Music」

が12/2に発売が決定しました!

タックルボックスとは釣り道具のルアー(疑似餌)などを入れる道具箱の事。
季節や天候、場所などの状況によって色々使い分けるルアーを沢山入れているタックルボックスはおもちゃ箱のよう。

様々な形の、色の、使い方のルアーが入っているように、
今回のアルバムは色んな雰囲気の音楽が詰まっています。

ずっとツイッターではレコーディングの様子も書いてましたが、いつ出るんやろうって思っていた人も多いと思います。
2015年の年末ワンマンの直前、12/2に発売が決まりました。


tackleboxmusic_L.jpg


フジタユウスケ 6thアルバム「Tackle Box Music」
2015年12月2日各店舗にて発売開始
(11月5日よりレコ発ツアー8ヶ所にて会場先行販売)
9UPR-1008 2,000円税別
発売元:有限会社ナインアップ 販売元:タワーレコード株式会社

1.サンライズ
2.Turn Around
3.波のまにまに
4.夕焼け小焼け
5.雪のせい
6.ワンモアサイダー
7.俺のギター
8.ユリリガドミー
9.星に願いを
10.空に焦がれて



ジャケットもこんな感じで素敵になりましたよ。
楽曲については気になる曲もあると思いますが、詳しいことは後日書くとして。

今回のアルバムは作品先行。
今まではライブで演奏して仕上げていくやり方をとっていましたが、今回の収録曲は殆ど披露していない曲になります。

作品性を追求したので、今までのライブ感あるフジタユウスケの音楽とは違う、
聴いて楽しむ音楽になっていると思います。



12/2に全国のCDショップやオンラインショップでの販売が開始されますが、
先行販売として11/5からのツアーで販売も決定!

いち早く手に入れてツアーに参加してほしい思いもあり、このような形になりました。
何故ならば上でも書いたように今回のアルバムは作品先行。

なのでライブでの再現や表現方法はまた音源とは違った形になってくると思います。
音源のままライブで演奏するのはほぼ不可能なんで(笑)
ツアーの際に音源を聴いてもらえたら楽しみ方も増えるのではないかなあと。


もちろん特典付きだったりするのでタワーレコードで購入するというのもありです。
それまではライブの演奏のみを聴くのもありでしょう。


今回はそのくらい作品性が強いです。
ライブとは全く違う世界観で作りました。

その辺りを楽しんでもらえたら嬉しいなと思います。


という訳で11月に行われるツアーの日程をおさらい!


「そうだツアー、いこう。2015」

2015年11月5日(木) 川崎・Serbian Night
2015年11月6日(金) 仙台・FLYING SON
2015年11月7日(土) 福島・Player’s Cafe
2015年11月8日(日) 新潟・柳都SHOW!!CASE!!
2015年11月12日(木) 京都・拾得
2015年11月13日(金) 広島・BACK BEAT
2015年11月15日(日) 大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
2015年11月16日(月) 名古屋・池下CLUB UPSET

チケットのご予約や公演詳細などに関してはこちら!!

ツアーでは毎回のように内容を変えていこうと思っています。
セットリストはもちろんメンバー構成も違います。

アルバムのコンセプトである多種多様なフジタユウスケの音楽をお見せできたらと思います。

このツアーの終着点が年末恒例のワンマンになるわけです。
そしてワンマンはレコ発ワンマンということになります!


2015年12月5日(土) 吉祥寺・プラネットK
2015年12月6日(日) 吉祥寺・プラネットK
2015年12月12日(土) 京都・拾得
2015年12月13日(日) 京都・磔磔

チケットのご予約や公演詳細などに関してはこちら!!


ワンマンももちろん毎日やることが変わります。
「フジタユウスケとガラパゴス」を中心にゲストを迎えてのライブになります。
アルバムの再現を目指して、色んな人、楽器、音が集まるようなワンマンになればいいなと思っています!



今回発売を記念して、先行試聴的に「サンライズ」のMVもアップされました。
釣りに焦点を当てたある意味釣りビデオです(笑)

釣りツアーでも披露した曲でアコースティックバージョンで音源化もされましたが、それを持っている人は是非違いも聴き比べて欲しいなと思います。






何度も言いますが今回のアルバムは色んな曲調の色んなミュージシャンの、色んな楽器がフジタユウスケの
音楽となって出てきます。

ここまで作品性を重視したのは初めて。
ライブをある意味意識して作っていないのでライブでは違う形になるでしょう。

ライブは楽しければ沢山の人が来てくれるかもしれません。
縁があってライブに立ち会うこともあるでしょう。

でも音源、作品と言うのは皆さんが聴いて、いい!と思って、それを周りに伝えたり表現して初めて広がるもの。
情報も多い今の世の中においては、たまたま音源を聴くなんて機会もあんまりないと思います。


僕自身が作ってみんなに聴いて欲しいと思うことは自分のお気に入りを「これいいよ!」ってオススメするのと同じ。
自分が好きなものを他に人も気に入ってくれたら嬉しいですからね。

それと同じように皆さんもこのアルバムを気に入ったらそれを沢山の人と共有して欲しいのです。
それによってライブはまた楽しくなるだろうし、作品として楽しむ人や楽しんでもらえる機会が増えてくれると思います。


ライブによって音源を広めていくのはもちろんですが、今回のアルバムは皆さんの力も今まで以上にお借りしたいと思っています。
なのでまずはこの新しいフジタユウスケの音楽を気に入ってくれたら嬉しい。
そして気に入ったら是非とも、みんなで盛り上げていけたらもっともっと、嬉しいです。


まあ、こっそり楽しむ良さもあるのでそれはそれでいいですけどね(笑)


とにかく、発売までまだ少し時間がありますが、少しでも多くの人のもとに届くように願っています。
アルバムもツアーもワンマンも!
どうぞ皆さんよろしくお願いします!


スポンサーサイト

気がつけばもう。

10月も半ば。
本当に8月くらいから時間が過ぎた記憶がない。

今でも半袖で外に出られると思ってる時がある(笑)
そのくらい夏で止まってる。


でも気がつけば釣りツアーが終わって、レコーディングが終わって、
10月になって、ライブして、PUFFYや新しくChayさんのライブも始まって。
今どこにいるんや?と思うことが多々ある。

ただひとつ言えるのは充実はしているということ。
頭ン中は色々ゴチャゴチャしていますが、音楽の事に関してはかなりの速度で変化していっているのが分かります。
自分にとってはそれが何よりなので今は突き進むのです。


さて、レコーディングが中心だった9月後半から一転、ライブも動き始めてきました。

まずはフジタユウスケとして出演してきました!
PlayStation presents MINAMI WHEEL2015。

去年は台風で中止になりましたから、今年の出演は思い入れ沢山!
今年は心斎橋VARONでの出演。二回目ですな。


まずはセットリスト!

1 グッドモーニング
2 LET IT GO
3 ユリリガドミー
4 叫びたいのさ
5 欲望
6 ヘイヘイヘイ!
7 雨が降っても

時間の枠内目一杯の演奏!
今回は2011年以来参加のシュノーケル山田雅人君がドラムで参加してくれました。

ミナホ2015

大阪でのライブはちょっと久々。
色んな人が一目観ようと足を運んでくれるので嬉しい。

いつもと客席の顔ぶれが違ったりするのも新鮮。
もっともっと広がらないとなあと思うのです。

でもでも、もっと大阪というか関西をもっと盛り上げていかんとなと改めて思いました。
地元なんやしね。
とは言え沢山の人が観てくれました。ありがとうございました!



そしてその後はZepp難波へ移動してPUFFYのライブ。
夏以来だったので少し久々な感じもありましたが、PUFFYってやっぱり凄いなあと思うことが沢山。
こちらも楽しいイベントでした!


東京へ帰って、次はソロでお馴染み、吉祥寺プラネットKでのライブ。
ここでも山田雅人君は一緒。

対バンが以前も一緒やった大友マサノリさんとサーフコースターズ。

サーフコースターズの中さんは僕の中で勝手に師匠的な位置のギタリスト(笑)
PUFFYでもずっと一緒やったし中さんのギターがあったから今の自分があると思っているくらい。

リハやライブの後に中さんが「いい音してるねー!」とか「ギターがさらにおっさん臭くなった」とか言ってもらえてすんごく嬉しかった。
中さんのギターは日本のギタリストの宝。
本当にすごくて、自分とは違う音楽ではあるけどすごく刺激を、影響を受けます。



そんな素晴らしかったイベントのセットリストはこんなん。

1 グッドモーニング
2 LET IT GO
3 べっぴんさんがゆく
4 グッデイサンシャイン
5 ユリリガドミー
6 叫びたいのさ
7 欲望
8 ヘイヘイヘイ!
9 雨が降っても

ドラムを叩く時の顔が怖い山田君をイジってたら終わってしまったようなライブでしたが(笑)
雅人君と一緒にやっていた時のレパートリーからは大きく進化したラインナップ。

彼はキャラクターが強いので一緒にやると自分の世界にしてしまう凄さがあります。
コーラスにしてもドラムにしても、シュノーケルとは違う、と言うか違うように観えるだけで彼はシュノーケルの時と何も変わっていないのかもしれませんが、そのステージングは凄いの一言。

二回目ですが、顔がとにかく怖い(笑)

今回もいい写真(顔の怖いやつ)が撮れているようなのでそれはオフィシャルページでみれるようになると思います。
なのでいつものカメラマン、イワタナオさんが撮ってくれた、普通のいい感じのバンドの写真を。

1015プラk


とにかく盛り上がりました。なんか久々に感じたプラK、楽しかった!
こちらも観に来てくれた皆さん、ありがとうございました!



そして上にも書きましたがシンガーソングライターのChayさんのサポートギターを弾かせていただくことになり、その初ライブも終了。
学園祭ツアーの初日は岡山。

内容などはここには書きませんが、自分の中にはあまり無かった音楽のバランス感覚をとても教えてくれる音楽で、やっていて新鮮でとても楽しい。

ギターギターしている音楽ではないけどギターが効いてくる音楽。
今年は学祭ツアーの他にも東名阪ツアーにも参加させていただきますよ。

よろしくお願いします!


chay初ライブ

正装でのライブは気が締まります。




ライブ週間を終えてレコーディングの最終の詰め作業や、ツアーやワンマンの準備などが慌ただしくなってきました。
まだまだ振り返るほど余裕が有るわけではありませんが、今年も残り少なくなってきたので、一日一日大切にいこうと思います。

11月はツアー!
その前に色々お知らせがあります。

またそれは後日書きますのでお楽しみに!


では年内のフジタユウスケにご期待ください。
よろしくお願いします!!


今は振り返れないけれど。

広告が出るので無理矢理更新(笑)

釣りツアーも終わって、レコーディングも録音が終わって。
1つずつ振り返りたいけど、あんまり時間がないので今はとにかく前を向いて突き進んでやろうと思います。

でも今の気持ちは記しておきたいので簡単に。


沢山の仲間の支えがあって何とかやれてます。
感謝でいっぱい。
そんな気持ちは今レコーディングしている新しい作品で応えたいと思います。

その作品も皆の協力で凄いものになってます。


タカタク氏が言った一言で世界観が観えた時の、
木下さんが思いついた想像もつかないようなアイデアやフレーズが自分の音楽になった時の、
川西さんと一緒に笑って演奏出来て、叩いたフレーズに奮えた時の、
ミキオさんが一音弾いただけで涙が出そうになった時の、
カナメさんと初めてレコーディングしてOKテイクが録れた時の、
静さんのバイオリンの響きと11年振りに一緒に歌った時の、
さんちゃんときょんぴーが参加してくれて嬉しかった時の、
青江君と10年の付き合いで初めてのレコーディングで一緒に爆笑した時の、
エンジニアの青木くんやアシスタントの皆さんと夜中までの作業で録りきった時の、


僕の感じた感動がそのまま皆さんに届けばいいなと思っています。
引き続きまだまだ沢山の人に協力をして頂いて作品が出来ていきます。

もう最高傑作だとかいちいち言わなくていいかなと(笑)
聴いてもらえればわかると思いますし。

完成までもうしばらくお待ちください。

あ、ブログのコメント返信もできてなくてスンマセン。



引き続き頑張るでうしゃー!