FC2ブログ

ワンマンを終えて。

少し時間が経ちましたがワンマンライブ、バンド編成での京都、東京。
そしてアコースティックでのライブの3本が終了しました。

非常に濃い3日でした。


毎年、誕生日の時期になるとワンマンを賑やかにやって来ましたが、
今年は「フジタユウスケとガラパゴス」での3ピースのワンマン。
それに対して、アコースティックはゲストを沢山迎えてのパーティーのようなワンマン。

方向性が全く違いましたが、どの日も盛り沢山なライブになりました。


初日の京都 拾得、この日は音楽の神様がいつもよりも僕等の近くに居たような感じがした日。
当日会場入りしたのですが、機材トラブルでリハーサルが殆どできない状況でスタート。

ワンマンの初日でもあるので、なかなかしびれる環境でしたが、それがむしろ3人のエンジンをフル回転させたのかもしれません。

今回は僕はエレキギターを弾き、木下さんがアコギを弾き、川西さんがドラムやパーカッションを叩くコーナーがあり、そこでは、なぜかギターを持っているのに弾かずにハンドマイクにで「雨が降っても」を歌ったり。
川西さん的には「テレキャスもっててブルース・スプリングスティーンみたい!」と。(笑)

分かる人にしかわからない細かいネタも挟みつつ、後半のブロックではゴリゴリの3ピースサウンドで攻めまくり。

3ピースである事によって何が違うのかというと、各楽器の音の密度が上がります。楽器が増えれば増えるほどPAさんも出す音を調整しつつ、出したり引いたりするわけです。

特に3ピースになって影響をうけるのはギターの音、音量。
ギターがもう一人居たり、キーボードが居たりすることで、それらの楽器は限られた音の密度の中で譲りあうことになります。
なので3ピースだとギターや楽器の音がより生々しく聴こえるのですな。

そんな事もあって後半の曲は特にそれが生きる曲にしました。

最後は音楽の神様の力と客席のみんなの力とバンドの音が合わさった感じがしました。

拾得で初めて「歌を歌おう」をみんなで歌った時、感動してしまった。
自分の歌で、ライブでこんなシーンが見れると思ってなかったから。

あの時の気持ちは一生忘れられないな。本当にみんなありがとう。




吉祥寺では内容は京都と大きい違いは無いものの、全く違う印象のライブになりました。


一曲目の登場はインスト曲「カントリーロード」で登場。
僕一人でリズムマシンの通称「イチローくん」とともに演奏。
京都よりもちゃんと弾けた(笑)

今回のワンマンの特徴の一つ、友達の曲のカヴァーコーナー。
京都でもやりましたが、今回はこの3バンドの3曲をカヴァー。


サイダー / LOVE LOVE LOVE
Bye-Bye x Hello / シュノーケル
ハーバーライト・ウーマン / 青江好祐

「サイダー」はオリジナルに近いアレンジ。でもちょっとした違いでこんなに印象が違うのか!と思う感じになりました。
「Bye-Bye x Hello」は各楽器の演奏の仕方は全然違うものでしたが、曲の良さを改めて感じるものになりました(僕自身が)
「ハーバーライト・ウーマン」は原曲を無視したアレンジ(笑)
面白い要素は演奏には全くなく、木下さんのチョッパー、いや、スラップ・ベースが全編に。
カッコイイ「ハーバーライト・ウーマン」を目指しました。
吉祥寺ではカモメの声も聞こえてきましたな(笑)


後半の盛り上がりはこの日もありつつも、自分的に印象に残ったのは本編の締めに歌った「魂の歌」。
京都でも歌ったのにこの日の「魂の歌」は「魂の歌」だった気がしました(笑)

うまく言えないけど。
お客さんにも「魂の歌が良かった!」と沢山言っていただけて何か共通する何かを感じ合えたのかなと思いました。


アンコールではお子さんが生まれる為、この日で最後の担当ライブになるプラKの店長、えっちゃんの為に「カワイイベイビー」を演奏。
元気な子が生まれるといいな!

そしてこの日も「歌を歌おう」感動した。
みんな歌詞もしっかり覚えてくれててビックリしました。


この日はグッズチームにとってもカワイイ「ワンモアサイダー」頂きました。

ワンモアサイダーで乾杯

3人で乾杯!
31歳最後のライブも素晴らしいものになりました。




そして風知空知でのアコースティックワンマン。
この日は誕生日だったので、32歳初めてのライブ。

メチャクチャになりました(笑)

内容はなかなか説明しにくいのですが、7月に一緒にツアーに出るシュノーケル西村君、8月に一緒にツアーに出る青江君、近藤君との絡みは今後に繋がるものになったと思います。


この日のキーワードは

「ビートルズやり過ぎ」「星空のディスタンス」「ブルースの巨匠」「ぎっくり腰」

これを見るとなんのイベントなのか訳わからない感じもしますが、ちゃんと音楽もやりましたし、内容もとても濃かったです(笑)

中でもシュノーケルのベース、カバちゃんとアコースティックで初めて一緒に出来たことや、シュノーケルのドラムの雅人君とのアコースティックがとても手応えがあったこと。
久しぶりに一緒に演奏した近藤光史君のソロ曲がとても良かったこと。

お笑い担当(?)の二人がいい歌とトークを炸裂させていたこと。
とにかくみんな楽しそうだったこと。

そしてそんなメチャクチャで長丁場なイベント(3時間以上!)をニコニコ観てくれたみんな。

それを見れたのがとても嬉しかったです。
イベントやってよかったなあと素直に思った。


風知ワンマン



32歳の一発目の自分のライブはとにかく楽しいライブでした。
そして今までやってこれたことに感謝したワンマンシリーズでした。

もう、32歳。
でもまだ32歳。

これからどんな風になっていくんだろう。
どんなことが起こるんだろう。
期待も不安も沢山あります。

でも、みんなでこの3日間のように音楽に突き動かされるような刺激的で楽しい日々が待っていると願い、信じ、これからも歌っていこうと思います。


皆にも見届けてほしい。
まだ知らない人にも沢山届けたい。


ワンマンシリーズに関わってくれた皆さん。
大切な時間を使ってライブを観に来てくれた皆さん。
来れなかったけど想いを飛ばしてくれた皆さん。
フジタユウスケを支えてくれているすべての皆さん。

改めて、これからもよろしくお願いします!


本当に、ありがとうございました!!!



京都 拾得 16/6/11

1,カントリーロード
2,声をくれ
3,ユリリガドミー
4,サンライズ

5,西へ東へ
6,雨が降っても
7,マイウェイのハイウェイ

8,ハーバーライト・ウーマン(青江好祐カヴァー)
9,Bye-Bye x Hello(シュノーケルカヴァー)
10,サイダー(LOVE3カヴァー)

11,嵐のハイウェイ
12,栄光のマウンテン
MC
13,ワンモアサイダー
14,星に願いを
15,欲望
16,ヘイヘイヘイ!
小MC
17,魂の歌

EN
1,LET IT GO
2,歌を歌おう(弾き語り)
EN2
1,叫びたいのさ


吉祥寺プラK 16/6/19

1,カントリーロード
2,声をくれ
3,ユリリガドミー
4,サンライズ

5,西へ東へ
6,雨が降っても
7,マイウェイのハイウェイ

8,サイダー(LOVE3カヴァー)
9,Bye-Bye x Hello(シュノーケルカヴァー)
10,ハーバーライト・ウーマン(青江好祐カヴァー)※カモメの声付き

11,嵐のハイウェイ
12,栄光のマウンテン

13,ワンモアサイダー
14,星に願いを
15,欲望
16,ヘイヘイヘイ!

17,魂の歌

EN
1,カワイイベイビー
2,LET IT GO
3,歌を歌おう(弾き語り)
EN2
1,叫びたいのさ

スポンサーサイト