FC2ブログ

自分探しからの年末アコースティックワンマン決定!

自分探しの旅から帰ってきました。
青江君の自分探し。

前の投稿でも書きましたが、彼とは長い付き合いで、そんなことから彼の自分を振り返り、探す旅に同行することになりました。

初日は京都公演。
僕は「案内人」として出演。

フジタユウスケとメガネメガネという
ベース:木下裕晴さん
ドラム:山田雅人君(シュノーケル)

の編成で初めて京都 拾得へ。

IMG_4639.jpg

初拾得にテンションが上がる山田雅人。

青江君はというと緊張気味。歌詞は飛ばすわ、すべるわで早速迷走するかと思いきや、次第にペースを掴みいつもの青江ワールドへ(笑)
僕も参加して「ハーバーライトウーマン」などを一緒に演奏。

フジタユウスケとしてのライブは音楽の神様にまたもや抱きかかえられたように盛り上がり、初メガネメガネもみんなメガネを外すくらいに熱いライブになりました。
実際野外の夏フェスくらい熱かった!自分で言っちゃうけどいいライブでした(笑)

アンコールは再び青江バンドと一緒に茶番を(笑)
初日らしい幕開け。

11/13に東京で2マンするLOVE LOVE LOVEのギターきょんぴーとドラムのさんちゃんも見に来てくれていたので打ち上げも一緒になって乾杯!


IMG_4648.jpg



次の日は青江チームと一緒に車で高松に移動。
青江チームのみんなとも車中で話をしたり、曲の練習をしたり、ワイワイとツアーらしく移動。
ここでワイワイがライブで発揮されていくこととなります。


高松といえばうどん、というよりラフハウス。

久々にラフハウスにやってきました。
フジタユウスケとしては「Tackle Box Music」を去年12月に出してからは初の高松。
早く届けたかったのです。

ラフハウスの主、今城さんは相変わらず元気!
音楽が大好きでミュージシャンにとって安心できる存在。
青江君と今城さんを繋げたということで僕は「仲人」としてきたわけです。
お腹も相変わらずご立派!

IMG_4662.jpg

高松、岡山の2公演は弾き語り。
オープニングアクトに地元のソングライター、かんのめぐみさんがしっとりと歌ってくれたので僕もしっとり始めようと思ったのですが、マスターの今城さんがストーンズをBGMに流し始めたので(わざと)その場でスタートの曲を変更して「通勤電車男」からスタート。

相変わらず爆音の弾き語りとマスターの「わかってる」リバーブやディレイ処理など、音響としても力を添えてくれるのですごく充実した内容。
最後は青江君バンドのみんなと一緒に「グッデイサンシャイン」などを一緒に。

青江バンドは京都よりもさらにバンドのまとまりも出てきて安定した演奏。
自分は見つかっているのだろうか?と周りの心配をよそに彼は自由に歌い上げておりました(笑)

ラフハウスも音楽の神様が力をくれる場所。
今回も素晴らしいライブになりました。
CDも沢山買っていただき、これて良かった!ありがとうございました。


その日はそのまま青江君の地元、岡山へ移動することに。
僕は青江君の実家に泊めてもらうことになりました(笑)

そこで青江君や近藤君といろんな話をして、学生の時のバンドやってる友達のように実家でギター弾いて歌ったりしてたら、バンドというものや音楽を始めた頃の自分を思い出した。

あれは勝手にすごくいい体験をさせてもらえたなと思ってます。
泊めていただいた青江家の皆様、ありがとうございました!(笑)


岡山といえばやっぱりモグラ。
もう何度目でしょうか。
マスターのサンジさんやサンジさんの奥さんに「ユウスケはもう帰ってきたって感じやな!」と言われて嬉しかった。
青江君とも来ているし、今回初めてバンドセットを持ち込んでのイベント。
弾き語りをやりつつ、「東京の友人」として青江バンドのみんなとも一緒に演奏しました。

IMG_4690.jpg


青江君、近藤君と一緒に3人でビートルズの「TELL ME WHY」をやったり、僕の大好きな王様がよく出演しているモグラということもあり、夏らしいビーチボーイズの「Surfin' USA」、ではなく王様直訳バージョン「波乗り米国」をカヴァー(笑)
いろいろグズグズな演奏もありましたが、青江君の地元岡山公演はとても素敵な空気で終了。


打ち上げでは青江君や青江君の同級生やマスターサンジさんと音楽の話、東京に出てずっと音楽を続けていること、沢山話してこれまた素敵な夜になりました。

やっぱり僕は音楽が好きな人が大好きだ。

盛り上がったのでサンジさんと記念撮影。

FullSizeRender(2).jpg



そして最終日の東京は吉祥寺。
僕と青江君の出会いの場所でもあるプラネットK。
再びフジタユウスケとメガネメガネ編成による自分探しツアーのファイナルを迎えます。


メガネメガネも数を重ねるごとに空気ができてきてとてもいい感じ。
今回ツアー用に用意した夏らしいカヴァー、TUBEの「シーズンインザサン」も僕たち流のアレンジで仕上がったと思います。
出落ち感はありましたが(笑)

なんだかとても客席の雰囲気が素敵で、こっちも楽しくなってついつい時間オーバー。
ワンマンのようなボリュームでえらく押してしまって申し訳ありませんでした(笑)


今回のツアーの選曲を振り返ってみて、気づけば自分の曲には自分探しをしているような歌が沢山あった。
歌いたい曲がそういう曲だったりした。

改めてバンド編成でのセットリストはこちら。
(弾き語りはその場で考えて歌っているので覚えてません 笑)

8/26 京都拾得セット

1,カワイイベイビー
2,サンライズ
3,釣りに行こう
4,マイウェイのハイウェイ
5,シーズン・イン・ザ・サン(カヴァー)
6,ヘイヘイヘイ!
7,ユリリガドミー
8,欲望
9,空に焦がれて(弾き語り)

9/2 吉祥寺プラネットKセット

1,カワイイベイビー
2,サンライズ
3,ワンモアサイダー
4,釣りに行こう
5,マイウェイのハイウェイ
6,シーズン・イン・ザ・サン(カヴァー)
7,マチガイナイ
8,星に願いを
9,ユリリガドミー
10, 欲望
11, ヘイヘイヘイ!
12, 空に焦がれて(弾き語り)

MCでも言いましたが青江君に限らずミュージシャンにとってはツアーは毎回自分探しの旅のようなもので。
そこで起こったこと。出会えた人。
話したこと。見た景色のこと。
それを音楽を通して伝えたり自分の音楽として形になっていく事がツアーなんだと思った。


その結果、最後最後で「星空のディスタンス」になってしまったわけですが(笑)


青江君はこの旅を通して、自分がどれくらい見つかったのかわかりませんが、自身のバンド「ユースムースアヴェニュー」を再結成するという形に辿り着きました。
これからもきっと長い自分探しの旅が始まることと思います。

そんな長い自分探しの旅の中でミュージシャンとして共に歩ける仲間に出会えたことは最高に嬉しいことなんじゃないかと思う。
そしてそんな僕らを見届けてくれる皆の存在が本当に力になるんだなと。

感謝の気持ちでいっぱいです。


改めてこのツアーに参加してくれた皆さんにお礼が言いたい。
ありがとうございました!



この先も僕らの旅は続きます。


青江君は共にツアーした近藤君と「ユースムースアヴェニュー」として。
僕は来年ソロ活動10周年に向けて。

沢山楽しいこと、難しいこと、みんなが一つになれるようなこと、やっていけたらと思っています。


そんな中ライブで発表した年末アコースティックワンマン。
6月にも賑やかにやったパーティーをさらに進化させて年末、クリスマスをみんなで賑やかに過ごしたいと思います。

まずは詳細!


●2016.12.17(土)
フジタユウスケ アコースティックワンマン「コーラス多数入ル クリスマス感上ル」
形式:アコースティック形式(フジタユウスケとゆかいな仲間たち)
場所:下北沢・風知空知
出演:フジタユウスケとゆかいな仲間たち
時間:OP17:30 / ST18:00
価格:前売3,500円 / 当日4,000円 (各1ドリンク別)
予約:9月3日(土) 13時~受付開始
・電話予約:風知空知 03-5433-2191
・メール予約:風知空知 yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
(ご希望公演名、お名前、枚数、ご連絡先電話番号を明記の上、お申し込みください)
<ご注意>
当日は先着順整列入場・自由席でございます。
開場15分前より建物左手のらせん階段にご整列可能です。
開場時間を過ぎましたら、建物右手奥のエレベーターよりご入場ください。
満席の場合は立見になりますので、ご了承くださいませ。



今年は自分の中で、一本一本のライブをより大事に、弾き語りやバンド、
それぞれの方向を向きながら噛み締めてやってきました。

そんな中で一つ自分が見つけたやりたいことの一つにコーラスの追求というものがあります。

去年の釣りツアーでも、「Surfer Girl」をカヴァーしたり、今回のツアーでも近藤君と共にコーラスワークを大事にしてきましたが、自分の音楽にはコーラスはとても根深いものなんやなと実感しています。
そうやってコーラスを研究したりみんなで合わせたりしている中で、もっとただハモる、ではないコーラスを、コーラスがうまい人たちと、そういう音楽が好きな人たちと一緒にやってみたいなと思うようになりました。

自分探しツアーでも沢山披露してきましたが、6月同様、年末も青江君、近藤君がコーラスのスペシャリストとして(笑)参加してくれることになりました!
みんなで今回の年末ワンマンではアカペラにも挑戦したいと思っています。

特にバンドスタイルで音楽をやる人にとってアカペラってなかなか縁がなかったり、ハードルの高いものだったりしますが、だからこそ、そこに果敢にも挑戦してなかなか観れないようなものを、今回のフジタユウスケのワンマンで皆さんにお届けしたいなと思います。

それにクリスマスの曲はまたコーラス、アカペラがよく合うんです。
なのでクリスマスソングなんかもやれたらいいなあと。

みんなで一緒に素敵なクリスマスパーティーになればいいなと思っています。

予約の受付も始まっております。
是非是非!沢山の方のご来場お待ちしております!!



長くなりましたが、6月ワンマンから青江君、近藤君の2人と共演して、ツアーに繋がり、そこで見つけたやりたい事に年末挑戦する。
こうやってツアーやライブ、音楽がみんなと共にがいつまでも繋がっていけたら最高じゃないかと思っています。
フジタユウスケの活動はそういうものであったらいいなと思う。

だからこそ皆さんには見逃さないよう、見落とさないようついてきてほしい。
これからもどうぞ、宜しくお願いします!!



IMG_4745.jpg

最後にフジタユウスケとユースムースアヴェニュー!
(前回の投稿の写真と比較すると年取ったなあ 笑)


スポンサーサイト