FC2ブログ

鴨川をどりコラボイベント、京夜祭ツアー終了!

5月も早くも後半へ入り、ドンドン時が過ぎていくのが恐ろしくもあり、日々の充実を感じます。
なんか最近思うのはもっと上げてかんとなと。(笑)
ライブもとてもいい感じにできているし、お客さんや周りの皆さんからも好評いただいて。

今年ももうすぐ半分ですが、すでにお座敷ワンマンから始まってミキオさんとのピアノとギターのみのツアー、
もっくんこと森信行さんをドラムに迎えての新しいバンド編成。
MIKIO TRIOバンドのサポートでのライブ。
京夜祭ツアーでの各地の旅。ストリングスとの共演。上海でのライブ。。。

色んな事やってきて、こんな事が実現出来るなんて、良い物が残せてるなんて、すごいことだと。
皆さんのおかげやと。
そういう意味でもっと感謝して、そして上げていきたいなと思うのです。
そう思いませんか?(笑)


という訳で5月は地元京都の先斗町での特殊なライブ2days。

母型の家系は先斗町出身という事もあって、小さい頃から先斗町の皆さんにはユウスケ少年も可愛がってもらっていました。

そんなことがきっかけで沢山の人達に協力して頂いて完成させた去年の歌舞練場公演。
ネットでのチケット受付、Facebookやインスタ、ツイッターなどでの発信も去年から本格的に初めて、あれだけ新しい事に慎重だった先斗町の皆さんがドンドン前向きになって、歌舞練場ライブも「またやりましょう!」と言っていただけるようになりました。

僕も先斗町の親戚や街の皆さんとも
「一緒に先斗町を変えていきましょう!」
と言ってた正に改革元年だった去年から、今年の鴨川をどりは攻めに攻めてました(笑)
演目がシェイクスピアだったり誰でもわかりやすいような演出や笑いがあったり、イヤホンガイドが導入されたり。
外国人のお客さんや若い人もかなり増えてたな。

鴨川をどりロビー


舞妓になりたくて動画検索して僕の「京はいつも通り」を知ってくれた女の子が舞妓さんとして今年から親戚のお茶屋からデビューしをどりに出演したり、先斗町の舞妓さんや芸妓さん、お店の方やそこに出入りされる方々がええ曲やと口ずさんでくれるようになったり、自分が去年描いていた事が少しずつ形になっているように感じました。

秀華乃さんと

こちらがそのデビュー間近の秀華乃(ひでかの)さん。僕の親戚の所から5/30にお店だしされて正式に舞妓となります。
よろしゅうお頼もうします。


そんな中で僕が小さい頃からお世話になっている先斗町の割烹、あだちさんからの提案や力添えもあって、今年181回となる年に一度のお祭り、鴨川をどりのチケットを特別に手配していただいてライブと一緒に楽しむというイベントを開催。

ライブを観にきてくれる皆さんに自分のルーツでもある先斗町や鴨川をどりを知ってもらうきっかけになればと思い挑戦しましたが、ありがたいことにsold outで、皆さんからも「また観たい!」と好評いただき、「初めての人にも踊りを楽しんでもらえた」と先斗町の皆さんにも喜んで頂けるイベントになりました。

片山さんと鴨川をどり

登さんと鴨川をどり

ゲストの二人共鴨川をどりを満喫。

お座敷でのライブも片山尚志さん、私の思い出、登山さんにも出演していただき、自分一人でPAもやり、機材を選び、演奏するうえで、可能な限り無理やりライブする環境ではなく、きちんと音楽を伝えられる環境を意識しました。

あだちのセッティング

しっかり音量も出せて、きちんと音楽的な部分も届けられるようにお店にも協力して頂いて、Ibanezのアコギアンプも大活躍。

エレキもがっつり弾いたり、「ライブとしてもちゃんと音がいい」と言って頂けるようになりました。
座敷でロック

これが僕のセッティング。アコギはIbanezのAVMを使用。これが今回の新しいやりたい方向性にピッタリ。
お座敷にグレッチ!!

Vtoadati.jpg
私の思い出、登さんのセッティング。
お座敷にフライングV!!

3人で

ゲストの片山さん、登さんと一緒に。ありがとうございました!

曲は両日で被りはほぼなしでお送りしました。何やったか覚えてないけどそれは来た人の記憶の中で(笑)
カヴァーは色々演りました。

オザケンさんの「ラブリー」。
民生さんの「トロフィー」。
ユーミンさんの「ひこうき雲」。
SUPER BUTTER DOG「サヨナラCOLOR」。

13日は「MOTHER」という未発表曲も演奏。

ループを使った演奏や、音楽的な意識の変化がある中での一人のワンマン。
今の自分にとって歌詞の内容や音楽的にしっくり来るカヴァーを揃えました。

この10年。いや、上京した20歳の時以来ずっと大きい民生さんの影響下においてカヴァーはあまりやらなかったですが、今の自分にはその影響下から次のステージへ向かおうという思いが強い中で、「トロフィー」という曲はあまりにもぴったり来る曲でした。
ええ曲です。ゴールドブレンドツアーを観に行った頃を思い出しました(笑)


音楽と踊りのコラボ。不思議なイベントでしたが、今までに前例がないことをやるのは楽しいです。
舞妓や踊りという華やかな印象で音楽が霞まないよう、こちらも音楽をきちんと精進を続けていきたいと思います。

文化は受け継いでいくもの。
ジャンルが違えど、僕の音楽が微力ながらも先斗町が伝統を守りながらも、新しい空気を呼び込む1つの力になれたらいいなと思っています。

また次!色々と挑戦しようと思います。
水面下で進めております。楽しみにしてて下さいね!

そして次の週は春の京夜祭ツアー最終日。吉祥寺プラネットK。
ここまで来たら3バンドが馴染んで空気もバッチリ。

それぞれにバンドという力を得て、伸び伸びと、気合の入ったライブ。

私の思い出5:18

私の思い出は相変わらずおもろい。無理から盛り上げてました(笑)

片山ブレイカーズ

片山ブレイカーズはほんまカッコ良かった。
本領発揮という感じ。これがロックバンド!って感じでした。

僕らは森さん、木下さんの3ピース。
攻めたセットリストにしましたよ。

5/18吉祥寺 セットリスト

~イントロダクション China Wave(仮)~
1 グッドモーニング
2 カワイイベイビー
3 京はいつも通り
4 レインレイン
5 ユリリガドミー
6 マチガイナイ
7 ヘイヘイヘイ!
8 Door

5:18


イントロはChina Wave(仮)という上海でのライブを意識したタッピングのみの自分としては珍しくテクニカルなインスト新曲。
「レインレイン」は森さんが入って表現力がグッと上がりました。
ユリリガドミー、マチガイナイ、ヘイヘイヘイの流れは今回のイベントにはぴったりなゴリゴリのサウンド。

3バンドの相性も良かったけど、お客さんも3組を目一杯楽しんでくれている感じがわかって嬉しかった。
やっぱりイベントの良し悪しってバンドの相性もさることながら、各バンドのお客さんの相性もあると思うんです。
まあ、お客さんはそのバンドや演者を映す鏡だと思うので、結局のところバンドの相性なのかもしれませんが(笑)
お互い楽しんで、バンドの音楽を行き来しあう事ができる、
これはいつも言っていますが、僕の目指す対バンの理想です。

素晴らしい3バンドが集まってライブで来たことに感謝します。
ありがとうございました!!!

集合写真5:18


長々と書きましたが、京夜祭ツアーからの流れで登さんとの弾き語りツアーをやることになりました!

まだすべての詳細が決まっていないですが、お互いが行ったことのない地域に行きたいということ。
そして弾き語りでの相性の良さという部分。
ただ一緒に旅がしたいだけという理由でツアーを演ります。

詳細は追ってお知らせしますが、
まずはこちら。

2018年7月8日(日)
登山正文&フジタユウスケ 弾き語り旅
「夏のこんちきちんツアー 〜埼玉編〜」
場所:埼玉・入間SO-SO
出演:フジタユウスケ / 登山正文(私の思い出) / EG
時間:OP16:00 / ST17:00
価格:前売2,500円 / 当日3,000円(別途2オーダー)
予約:5/20 21時より入間SOSO HP内、予約フォームより予約受付開始。
http://www.iruma-so-so.com

ミキオさんとのツアーで初めて行った入間soso。
お店の皆さんや入間の皆さんの優しさと美味しいご飯。落ち着くお店にまた行きたいと思っていました。
ここに登さんをご案内することに。
ずっと一緒にやってみたかったEGさんともご一緒。楽しみです!

その他、7/20〜22で四日市、富山、京都と回ることになっています。
小出しにしてスミマセンが、決まり次第お知らせします。

京都の7月は祇園祭。京男二人が「こんちきちん」とお囃子を鳴らしに旅します。
お楽しみに!!

さて、次は京夜祭バンドが集結する京都のライブサーキット「いつまでも世界は」。

そして気合入りまくりの6月誕生日ワンマン。
6/16 京都 拾得
6/21 東京 二子玉川・GEMINI Theater
でお送りします。

きっと皆さんが思っているよりもはるかに素晴らしいと思います。
自信を持ってオススメします!お楽しみに!

シュノーケルのサポートで徳島にも行きます。
さあ、上げていこう!!


スポンサーサイト

濃いーーーーーーーーーーーーーー4月終了。(後半)

ここまででも京夜祭、マーブル、ストリングスとの共演で濃いのですが、ここから更に濃くなります(笑)


ゴールデンウィークはフジタユウスケとして初となる上海でのライブ。
波乱にまみれた旅でしたが、実りも多くとても良い旅でした。


東京から4時間弱で上海に到着。
近いもんです。感覚的には結構あっという間に到着。
到着した日は現地や出演者の皆さんと会食。本場の中華を堪能。
共演者の中にはYoutubeで「ヘイヘイヘイ!」のライブを観たと言ってくれたバンドマンも居て嬉しい限り。
食べ物はもちろん中華(笑)麻婆豆腐は近年食べたものの中でもピカイチ!

20180505120124521.jpeg


翌日はプロモーションの予定でしたが、当然のような雰囲気で「プロモーションは明日はない。明後日です。」と言われて急遽オフに。
対バンするshooshのメンバーも合流して上海市内を歩いて回る事に。
激ウマな焼き小籠包食べたり、普通に上海観光してました。

20180505115722199.jpeg


2018050512572183d.jpeg


歩きながらshooshのメンバーや今回の旅でお世話になる中国の方々と話をする時間もあり有意義で楽しい時間でした。

201805051157184e7.jpeg


海外に行ったら楽器屋に行きたくなる。
今回も事前に調べてたので、楽器屋が集まる金陵東路という所へ。
なんとイシバシ楽器が上海にあるという事で行ってみましたが、中古商品がメインでビックリ。
FENDER JAPANが多めでしたが、日本製品やヴィンテージも結構ありました。
最近急速に中国本土でのヴィンテージギターブームが来ているとは聞いていましたがこんなに普通に売ってるとはビックリでした。

20180505124553772.jpeg


翌日はいよいよ本番。
昼間はアニメ系コスプレイベントでシュノーケルのサポートで出演。
案内されて行ったのは何もないステージ。本番1時間半前でモニターしか置いてない(笑)
更に近づくと「トゥン!トゥン!」と明らかにエレドラと思われる音が(笑)
そんなことはありえへんでーなんて言いながら近づいたらまさかの。。。(笑)
どうやら頼んでいた楽器リストが全く届いておらず、現場にあったのはギターアンプが2つとアバターと言うメーカーのエレドラのみ。

2018050512581614e.jpeg


ベースアンプもなく、マイクスタンドも3本のみ(笑)

楽器を取り寄せしているが後2時間はかかるという事で現場は騒然。
お客さんもどんどん集まってきて、やらないわけにはいかないので色々考えてアコースティックでやるのはどうかと提案。

シュノーケルのドラム、山田雅人がスネアを持ってきていたのでそれとエレドラのキックとシンバル。
shooshのギターのシン君はアコギだったので西村君はそれを借りてベースはライン。
僕はギターアンプでエレキギター。
急遽メニューも大幅に変更しアコースティックバージョンでお届け。

20180505125819301.jpeg

写真をよく見ると分かりますが、ギターアンプのマイクはスタンドがないのでドラムのペダルのケースです(笑)


これがまたなかなかいい感じで、結果的にこの会場でやるという意味では無理矢理バンドでやるよりも良かったかも、と思える出来になりました。
やっぱりみんなこういうトラブルは燃えますからね。
機材が揃わないという海外公演あるあるの最上級ランクに入る伝説的なライブになりました(笑)


20180505125819c19.jpeg


ライブを終えて現地メディアの取材がありインタビューを。
僕の事を色々と調べてくれていて、質問がやたらと真面目な質問が多かった(笑)
どういう形で披露されるかはわかりませんが、無事終了。

201805051258201a5.jpeg


夜は市内へ1時間かけて移動して市内のホテルへチェックイン。
が、部屋がないのでキングサイズのベットの部屋に2人で寝てくれと言われまたまた騒然(笑)
部屋に行ってみると普通のダブルサイズのベットでしたが。
これもなんとか部屋を確保できる分だけ確保して、僕は1人部屋に。(よかった。。。笑)

夜の会場「HARLEY’S」に移動してリハーサル。
ここでは頼んでいた機材も来ていて、とてもいい雰囲気の場所で通常通りリハーサルも完了。
無事フジタユウスケとしての初の上海公演も終了して、シュノーケルのサポートも務めました。
1日3公演はなんとか終了。流石に達成感がありました(笑)

2018050601255471e.jpeg


20180506012558a15.jpeg


セットリストはこちら。

1 イントロダクション〜
2 グッドモーニング
3 ヘイヘイヘイ!
4 京はいつも通り
5 魂の歌
6 ユリリガドミー
7 マチガイナイ
8 欲望
9 LET IT GO

MCはちゃんと伝わらないとという事で紙に字で書きながら喋るという。
お客さんには伝わっていましたが、皆んな文字を読んでいたように思う(笑)

フリースペースに居た方々も沢山ライブエリアに来てくれて嬉しかった。
色んな曲を演奏しましたが、一曲目にはインストのイントロダクションを用意。
曲としてはまだ未完成ですが、仮タイトルを「China Wave」と名付けてます。

それから今回、初めて海外用のCDを作りました。
その名も「歌舞優楽」。
字のまんまですが、音楽や踊りをのんびりと楽しむ事。

20180506014403be3.jpeg

収録曲
01. Good Morning(2011)
02. Hey Hey Hey!(2013)
03. 京都今天也一樣(2017)※京はいつも通り
04. Soulful Song(2013)※魂の歌
05. You Really Got Me(2015)※ユリリガドミー
06. 沒錯(2010)※マチガイナイ
07. 欲望(2014)
08. LET IT GO(2013)
09. Door(2017)
10. Doowop!(2017)


今回はこのライブのセット順に収録、更に数曲追加して、フジタユウスケのベスト盤的な内容になりました。
リマスタリングを自分でやりましたが、今までの音源もとても今の感覚で自分の気持ちいい、みんなに聴いてもらいたい音で再構築することができました。
なんかすごく良くなったので、皆んなにも聴いてほしいなと思ってたので、日本から来たみんなも買ってくれて嬉しかった。

日本のみんなにも聴いてもらいたいなあと考え中。
皆さんのリクエストがあれば!実現できるかも。
是非お待ちしています(笑)


ライブ後はオーナーがダイズさんがアメリカ人で気に入ってくれたようでビールを奢ってくれた。
横にいたギタリストの常連客のトライと話してたら盛り上がって「ジャムしようぜ!」という事に。

20180506012557b1c.jpeg


4公演目が始まりました(笑)
shooshのリズム隊2人が入ったり、常連客のベーシストが飛び入りしたりエキサイティングなセッションでした。
普通に4曲分くらいのジャムを演奏して終了。
ハードロック好きなトライがドヤ顔で始めたハードロックリフのセッションが面白かった(笑)

20180506012600b9c.jpeg

音楽は世界を繋げる!

海外公演は逆境を乗り越える事が一番重要になって来るように思います。
いかに日本では何事もなくできているか。
良い環境で出来ているかを何度も感じさせられます。
聴いている人の音楽に対するモチベーションも高く、それが色んな事を乗り越えた時に報われたような、やりきった!と思わせてくれます。

今回出会った人も、イベントを準備してくれた皆さんにも本当に感謝。
きっと僕の知らない部分でも大変な事が沢山あったと思います。
そういう協力して頂いた方々が喜んでもらえるようにも、何が起きても、たとえドラムがなくても(笑)最後には皆で笑顔で終えられるようにミュージシャンとして最大限良い音楽をやり切れたらいいなと思います。
海外でも日本でもこれは同じだなと。

そして日本からも沢山応援に駆けつけてくれた皆さんにも本当に感謝!
なんだかんだ言っても海外公演は不安なもので、そこへ駆けつけてくれる皆さんの勇気、そして気持ちには頭が上がりません。
すごく力になります。ありがとうございました!

日本では見ることができない姿をお見せする事ができるし、それはここでいくら書いても、動画をアップしても、ちょっとしか伝わらないと思います。
実際見たり聴いたら海外の特別さがわかると思いますし、お客さんの雰囲気も違うと思います。
空気や音圧も全てが違うので僕も観てもらいたいと思っています。

なのでまた機会があったら応援しに来て欲しい。
「音楽を聴く」という行為が日本とは違う事もわかると思うし、それを僕たちが共有できることはとても素晴らしいことだと思います。

また是非みんなで行きましょう!


また台湾や上海にも仲間が出来ました。
今や個人的に海外の友達と頻繁に連絡を取るようになって、昔とは考えられない状況になってます。
海外とは言えど、今や地方へ行くように、日本から、台湾や上海から行き来が盛んになって来ていて、時代が変わって来たんやなと実感します。

海外でギターを弾くという事は小さい頃からの夢でもあるので、もっと形にして行きたいと思った上海遠征でした。


とにかく濃い濃い四月は気がついたら終わり、5月に入ってました。
今月も京夜祭ツアー、京都あだちで鴨川をどりとのコラボワンマンあり。
シュノーケルサポートでの徳島公演、京都のライブサーキット出演と続きます。
また濃い日々を皆さんと過ごせる事を願っております。

またライブで会いましょう!

濃いーーーーーーーーーーーーーー4月終了。(前編)

濃かった。
とても濃かったな。

前回書いたブログの「春の京夜祭ツアー」も濃かったけど、その直後にも沢山の事がありました。
まずは4/19新宿マーブルでのバンドライブ。

この日は戦友のような存在でもある「大柴広己」君のバンド。
そして初めましての若手、「イエロー・シアン・マゼンタ」の3マン。

迫っていた上海公演を意識したセットで、森信行さんドラムでの編成でもお初な曲が沢山。
ライブは森さんの本領発揮なのか森さん大暴れで素晴らしい仕上がりに。
この日で一皮むけました。

IMG_9023.jpg

やりきった表情のバンド!

大柴くんに再会出来たのも嬉しかった。
そして若手のイエロー・シアン・マゼンタの皆とも楽器の話で盛り上がって仲良くなれて嬉しい。
刺激をもらった一日でした。


そしてすぐさまアコースティック編成で4/21は下北沢 風知空知。
対バンは待ち焦がれた「THE MEGANE STRINGS」の皆さん。

バイオリンの鹿島静さんとは上京した頃からの繋がりでRIDE on BABY時代からレコでィングでも弾いて頂いていましたしフジタユウスケになってからも「夕焼け小焼け」でも参加して頂いてます。

当日はセッションあり、カヴァーありで今までのアコースティックでも一番に手応えを感じたものになりました。
観にこれた人はラッキー!あんないいものが観れるなんて(笑)

そんな中でもストリングス・アレンジで僕に内緒でカヴァーしてくれた「Road of Life」やアンコールの最後に披露してくれた「雨が降っても」のカヴァーは涙モノでした。
本当に嬉しかった!
次回ご一緒出来る6/19京都 拾得と6/21二子玉川 kiwaでの誕生ワンマンが更に楽しみになりました。
これは本当に観たほうがいいと思います。

リハの映像や、ライブでの「雨が降っても」が観れます。
是非フジタユウスケの曲の新しい一面を聴いて欲しいなと思います。



「Door」リハーサル映像。




「雨が降っても」ストリングスVer。

森さんとの初のアコースティック編成も素晴らしく。来てくれた皆さんにはすごく好評いただいていました。
演奏も素晴らしかったですが、段取り一切気にしない森さんのキャラに皆が爆笑の渦でした(笑)

その翌週はMEGANE STRINGSの鹿島静さんのレコーディングにも参加させて頂き、ジャジーなギターやとても可愛らしい曲、今までになかったヨーロッパ形式なジャズの演奏もレコーディング。
えらい楽しかった。
6/21に参加して頂けるaikoさんやLINDBERGなどのサポートキーボードで参加されている「佐藤達哉」さんとも一緒に。

IMG_9050.jpg


この編成がさらにブラッシュアップしてお届けするのが、このワンマンです!

2018年6月16日(土)
「YSK BIRTHDAY2018 ~CASUAL MEETING~」
形式:バンド形式
場所:京都・拾得
出演:
Vo.,Gt.:フジタユウスケ
Ba.:佐藤征史
Dr.:森信行
Vn.:鹿嶋静(THE MEGANE STRINGS)
時間:OP17:30 / ST18:30
価格:前売3,500円 / 当日4,000円(1ドリンク別)
予約:4月14日(土) 12時〜拾得へのメールにて受付。( jittoku@hotmail.co.jp )
予約方法詳細は以下のサイトをご参照下さい。
(必ずご希望のライブの日程を記載してください。)
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/yoyaku.htm

2018年6月21日(木)
「YSK BIRTHDAY2018 ~FORMAL PARTY~」
形式:バンド形式
場所:二子玉川・GEMINI Theater(旧・KIWA)
出演:
Vo.,Gt.:フジタユウスケ
Ba.:佐藤征史
Dr.:森信行
Vn.:鹿嶋静(THE MEGANE STRINGS)
Va.,Vc.:のかもと(THE MEGANE STRINGS)
Pf.:佐藤達哉
時間:OP19:00 / ST19:30
価格:前売3,500円 / 当日4,000円(1ドリンク別)
予約:4月14日(土) 12時より以下の専用フォームにて予約受付開始。
https://tiget.net/events/26710


メッチャ楽しみ。京都ではみんなで飲んで騒ごう。
動きやすい格好でお越しください(笑)

東京はフォーマルに。パーティー。
皆でおしゃれしてキメていきましょう(笑)


そしてその週末は上海へ。
ここからが更に濃いので一休み。

後編へ続きます。