FC2ブログ

夏が過ぎてく。

7月から続いた 弾き語り旅は一旦終了。
よく考えたら先月頭から台湾でのレコーディングやライブに始まり、入間、四日市、富山、京都のこんちきちんツアー。
ビートルズイベントでドラムを叩いたり、西院フェスがあったり。

色んなことがありました。
ここ1ヶ月の話には思えないくらい。

台湾でライブを観てくれた皆さんに「Facebookページはないの!?」と言われて日本はもちろん海外にも発信する場所が欲しいと思い、Facebookページを作りました。
7月の活動はそこにもレポや動画など、色々と書いていますので、そちらも是非観てもらえたら嬉しいです。

https://m.facebook.com/ysk0621/


旅は充実してたし、新しい出会いも沢山。
台湾でも出会い沢山。初体験も沢山。
こんちきちんツアーでは入間ではEG君という素晴らしいシンガーにも出会えたし、あの日、自分的には1つ音楽的な感覚を見つけた日でもあった。
四日市、富山は初めてのライブだったこともあり新鮮な時間やったし、素晴らしい人達に出会えて感動。
京都は重点的に活動してきた事により、自分のルーツを常に感じれるとても大切な場所になってきた。

なんだかメチャクチャ充実した日々でした。


そんな日々の中で、ライブ以外でも京都に帰ってました。
ライブがないというのは殆どない。
というかどこに行くのもライブとかしないと気持ち悪い感覚になってしまってます。

今回は従兄弟の結婚式がありまして、親族として出席。
よく考えたら親族としては初めての結婚式。

従兄弟は母親の妹の長男。
昔からおばあちゃんっ子だった僕と従兄弟との思い出は祖母の家での思い出ばかり。

そんな祖母が去年の夏亡くなった。

祖母は15歳から上京する20歳まで一緒に住んでいたので、とても寂しく悲しいお葬式ではあったけど、そのお葬式の時に従兄弟に20年ぶりくらいに再会して話をした。

僕が音楽をやっていること。
従兄弟もギター弾いたり好きな歌を歌ったりして仲間でイベントやったりしている事。
僕の音楽も応援してくれていた。

そんな従兄弟が結婚するということで呼んでくれたので駆けつけて、従兄弟の好きだという自分の「僕らの旅」を歌った。
とても寂しいお葬式ではあったけどそこで再会して、そこからの縁で結婚式で歌を歌うというのはなんだか祖母のちょっとした計らいでもあったのかなと思った。

祖母も結婚式にきているような気がしたので、祖母と従兄弟に向けて歌いました。
いつものライブとは違って、すごく個人的な思いもあるけれど、自分の曲で、歌で、式はとても盛り上がって、本人や新婦のご家族もとても喜んでくれたし、親族として参加した家族も嬉しそうやった。

1つの歌う理由として、誰かが喜んでくれる、誰かの為に歌える、という本当に基本的なことに改めて気がつかされた帰京でした。

結局ライブの打合せや9/1に再び行う歌舞練場公演の話や挨拶周りなどをしまくって、歌って帰ってきたのでいつもと変わらない感じもしたけど(笑)

気がつけば実家の愛犬ジェンが亡くなってからもちょうど一年。
思う事は沢山あったけど、皆に会えたような気がした京都滞在でした。


20180806222544729.jpeg


20180806223130f64.jpeg

スポンサーサイト