FC2ブログ

こんちきちん初夏、西日本ツアー終了!

高松ラフハウス公演で、5/26の京都から続いた今回の遠征は終了。
東京に向かってます。

高松はやりきったなあという感じ。
カナメさんが駆けつけてくれたのでドラムセット持ち込んでバンド編成へ。
弾き語りツアーと言ってましたが僕は一曲も弾き語りしませんでした(笑)

今回の遠征で唯一録音や音響をしなくていい環境だったので、音楽に集中できた部分もあったかもしれませんが、相変わらずのラフハウスの音響や今城さんのPAには音楽愛を感じました。

レコーディングでもライブでも、お店を使わせてもらってマスターの今城さんには感謝感謝です。
ラフハウス20周年、誕生日おめでとうございます!

今回、自分で音響や録音エンジニアをして、ミュージシャンとしてもやることをやるというのは大変でしたが、逆にいつもの環境のありがたみも改めて感じたし、結果として自分は音響も
録音も好きなんやなと、やり甲斐も感じた(笑)

僕は幸運なことに本当に沢山の現場で、尊敬する音響、照明、楽器テック、舞台監督さん、制作の皆さんなど、ステージを作りあげる見事な仕事っぷりを体感させてもらえてきたからこそ、ちゃんとはできなくても心意気だけはその人達にも恥ずかしくないようにやれたらと思って常にやってます。

たとえ小さい会場でも、自前の機材でも、お客さんが多くても少なくても、「これでいいや」ではなくて「どこまでいけるか」を追求してやりきるという事を学ばせてもらったし、今も学びながらやってます。
それが楽しかったし結果として自分が納得いくものをやりきれたかなと。

今回も登さんの紹介もあり、こんちきちんらしく出会いが沢山ありました。
僕たちの音楽を沢山の人に拡めたい、勧めたいという思いを強く感じて嬉しかったです。

そういう思いがないと僕たちなんて誰も知らないままだし、その思いがツアーに出たり、CDを作ったり、海外に行ったり、そういう活動全てに繋がっていっているんです。
呼んでいただいたお店の皆さんが喜んでくれたり、ライブに来てくれる人が良かったよー!って思いを共有したり、お客さん同士が仲良くなってたりするのを見るのが何より嬉しいかもなあ。

だから感謝でいっぱいですしその思いに応えたいなと。
沢山の人に支えられてやっていることに感謝しつつ、ただひたすら良いものを届けたい気持ちでこれからもやっていこうと思いました。

帰ったら毎週ツアーやワンマン、レコーディングライブなど、さらに忙しくなっていくので、気持ち切り替えていきたいと思います。

とにかく、、、美味しいもんいっぱい食べた!ご馳走さまニッポン!(笑)
スポンサーサイト