FC2ブログ

急遽ツアー決定!

急遽ツアーが決定しました!
8月に一緒に2マンを演ったトミタショウゴ君と。
8月の立川でのライブがとてもいい感じだったので、早いうちにこの感じのままやりたいねということになって急遽決定しました!
更に東京60WATTSの大川たけしさんも一緒に回れることになりました。

東京60WATTSと言えば僕が上京したての頃にRIDE on BABYで初めてツアーに出た時に一緒に回っていただいたバンド。
勝手に思い入れが強いバンドですが、ピアノの杉浦琢雄さんは高橋てつやバンドでも一緒にやってて「また一緒に演りましょうねー」なんて言ってたので、今回の機会はとても嬉しい。(いつか東京60WATTSとも対バンしたいな。)

そんな話の矢先に決まったこのツアー。
非常に楽しみです。

急遽なので中々皆さんの都合も大変かと思いますが、是非とも調整して遊びに来て頂けたら嬉しいです。
良い歌で溢れるツアーになりそうです。
よろしくお願いします!!


〜ツアー日程〜
2019年10月18日(金)
トミタショウゴ&フジタユウスケ&大川たけし弾き語りツアー
「ここから〜初めての3人旅〜」東京編
形式:アコースティック形式
場所:東京田端・PADMA(東京都北区田端新町3丁目1−4)
出演:トミタショウゴ / 大川たけし(東京60WATTS) / フジタユウスケ
時間:OP19:00 / ST19:30
価格:前売3,000円/当日3,500円(共に1ドリンク別)
予約:9/14 12時より店舗への予約受付開始。
予約受付
livebarpadma@gmail.com
TEL 03-6807-7567

2019年10月19日(土)
トミタショウゴ&フジタユウスケ&大川たけし弾き語りツアー
「ここから〜初めての3人旅〜」名古屋編
形式:アコースティック形式
場所:名古屋新栄・サンディーズ(愛知県名古屋市中区東桜2-18-29)
出演:トミタショウゴ / 大川たけし(東京60WATTS) / フジタユウスケ
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売3,000円/当日3,500円(共に1ドリンク別)
予約:9/14 12時より以下の専用フォームから予約開始。
https://tiget.net/events/68511

2019年10月21日(月)
トミタショウゴ&フジタユウスケ&大川たけし弾き語りツアー
「ここから〜初めての3人旅〜」高松編
形式:アコースティック形式
場所:高松・RUFFHOUSE
出演:トミタショウゴ / 大川たけし(東京60WATTS) / フジタユウスケ
時間:OP19:00 / ST19:30
価格:前売3,000円 / 当日3,500円(各1ドリンク別)
予約:9/14 12時よりラフハウスのチケット予約ページより予約開始。
高松RUFFHOUSE ( http://www.barruffhouse.com )
※ 前売受付期間:2019年10月20日 (日) 23:59まで。

2019年10月22日 (火・祝)※昼公演
someno kyoto 2nd Anniversary
トミタショウゴ&フジタユウスケ&大川たけし弾き語りツアー
「ここから〜初めての3人旅〜」京都編 ツアーファイナル
形式:アコースティック形式
場所:京都・someno kyoto
出演:トミタショウゴ / 大川たけし(東京60WATTS) / フジタユウスケ(O.A マツモトコウジ)
時間:OP12:00 / ST12:30
価格:前売3,000円 / 当日3,500円
※別途1ドリンク代¥600 or 2ドリンク代¥1,000頂戴いたします。(1ドリンクか2ドリンクの選択は自由です。)
予約:9/14 12時よりsomeno kyoto予約受付フォームより受付開始。
https://bit.ly/2ILFz5A


フジタユウスケライブ情報はオフィシャルサイトへ!
これからレコ発ツアーもまだあるし、楽しみなライブが沢山です。

皆さんよろしゅうお頼もうします!!
スポンサーサイト



レコード発売記念イベント。

フジタユウスケとして初のアナログのシングル盤を作りました。

そのレコ発イベントとして、お客さんと良い音でレコードの試聴会を。
もはや僕のレコ発では恒例になってきましたが、このアナログ発売イベント。
やってる方はかなり楽しいです(笑)

お客さんにもなるべくわかるように仕組みや聴き方などを解説しつつ、実際に聴いて、その後同じ音源をデジタルで聴き比べる。
違いを感じなかった人は殆どいなかったようで、それを共感できる嬉しさったら!

あくまでもどちらが「良いか」ではなく、どちらが「好きか」ということを前提に、自分がアナログが好きな理由や好きな点を実際に聴き比べて説得する(笑)

やはり弦楽器の再現性はレコードに軍配があがるし、全体の空気感が伝わる。
ギター音楽はレコード最高です。
ただ、やはりある意味でデジタルの方がクリアには聴こえるし、一長一短。

ただ自分のやっている音楽は、音はアナログ向きやし、ただ出口をアナログにするだけでなく、きちんとアナログを想定して音作りしてミックスして作るものは説得力がありますね。

今回、初めてアナログ想定で作った音源は今までの自分の音源で最も「音が好き」な作品と言えるかもしれません。
そのくらい自分の音楽に感動出来ました。

試聴会の後のライブは木下さんとマジアコースティックライブ。
アコギやマンドリン、ウクレレ、ピアニカにベースも二種類。
よく「楽器の量がアコースティックとは思えないですね」とか言われますが、最近手軽にギター一本とかで皆がやり過ぎなだけで、本来はこれくらいやるべきだと思ってます(笑)

やっている事は年々マニアックになっているような気もしますが、これくらいやるミュージシャンも少ないので(特に自分の歳では)後世に良いものを伝える使命感も持ちつつ、ミュージシャン活動やっていきたいと思います。

家帰ってからビートルズのレコード聴きたくなって朝方まで聴いてました。
ロマンのある仕事ですね、ほんと。(笑)

翌日の登さんとの名古屋での弾き語りも盛りだくさんで、ますます今後のライブも楽しみです。
(内容は濃すぎて書ききれない(笑))

僕のワガママを受け入れ、出来るだけ拘ってレコードを作ることに理解を頂きつつ、沢山作ったので頑張って売らねば!(笑)

一曲聴いたら裏返すという手間が、この曲への愛着を引き寄せることになるでしょう。(笑)
東京、名古屋と終わり、これからまだまだ仙台、京都、福岡、バンドでの東京とレコードを届けに行きます。

各地の皆さんにお会いできて、レコードうんちく語れますように!(笑)

20190909013221fa1.jpeg

201909090134311e4.jpeg