FC2ブログ

2019年。今年もありがとうございました。

今年もおしまい。
改めてあっという間でした。
自分の名義でのイベントやライブも細かい公演も合わせると60本近くやってたようです。
サポートも色んな現場でギターを弾かせて頂き、今年も充実した一年になりました。

自分の人生の中でも特別に大きな経験になったアメリカでのNAMMショーや旅での経験に始まり、台湾でのライブや人との繋がり。
新しい出会いや未知の領域へ踏み出す事が多かった。
怖いなと思う事も沢山あったけど、そんな心の中の小さなモヤモヤなど何もないと思えるくらい世界は広かった(笑)


そんな中で、改めて何より大切だと思ったのは、前向きな事(笑)
起こる全ての事に対して悪い側面よりも良い側面を見て、捉える事。
好きな事をやる事。やりたい事、欲しいものは、ただひたすらそれを願う事。
明るくいる事。笑顔でいる事。

その中でそんな自分の選択を認め、助けてくれる人が居てくれて。

だから自分も人に対してそうしていけるように、心掛ける事。
そしてその人達に常に感謝の気持ちを忘れない事。

よく考えてみたら、小さい頃から今まで、両親や祖父母にずーっと言われてきた事ばっかりだった(笑)

それを意識すると気がつけば周りの仲間にもそういう感覚の人が増えてきたし、何より特に母親が今でも一番その考え方を実践して飛び回ってて、その姿に未だに気づかされる。
もうすぐ70なのに夜行バスで日帰りでライブ観に来たり、旅したりしてますから(笑)

良き仲間に囲まれ、良き家族の元に生まれたなと、妙に感謝する年の瀬でした。


来年も自分の中で新しい、素晴らしい体験が待ってると信じて、心構えをし、来年を迎えたいと思います。
まだ出会えてない人はもちろん、しばらく会えていない人にも会えるような一年にしたいと思っています。

皆さん本年も本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
やっぱり皆さんのイエー!って声や笑顔があって、やっててよかった!と思えるんです。
来年もよろしくお願いします。


20191231110828210.jpeg

画像はアメリカの西海岸のどこか(笑)
どこまでも道が続いてました。
スポンサーサイト



台湾初ワンマン無事終了!

台湾初のワンマン無事に終了しました。
今までの台湾ライブの1つの集大成。

日本人は僕と社長との2人だけ。
僕達以外は全て台湾の人と演奏し、スタッフも台湾の人達。
そして制作の方を入れず、可能な限り自分達の力でイベントを組み、会場を押さえて企画して進めてきました。
まだまだ規模は小さいものの、今の自分達にやれる事は精一杯やれたと思います。

ゲストに来てくれた、
最近は日本のフェスにも沢山出ているDSPSのEmiとは久々の共演。
彼女のオーラはどんどん大きくなります。
歌、声が本当に素晴らしい。大好きなミュージシャンです。

シンガソングライターのJustinは何度も一緒にライブをしてきました。
リハ1発でバッチリ決めてくれました。

台湾のユニット、shooshが居なかったら僕はここまで台湾に来る事はなかったでしょう。
バンドメンバーはshooshのメンバーと。

北京語ではなく、台湾語で自分の曲を歌ったり、中国語で作ったオリジナル「太棒了」もだいぶ受け入れてもらえるようになってきた気がする。

日本からも来てくれた方もいてくれたし、何より台湾のお客さんも沢山予約して足を運んでくれました。
とても地道ですが、それでも意味のあるものにしていきたいし、地道だからこそ得られるものがあるんじゃないかと思います。

まだまだどんどん仲間は増える。
更に来年も広がっていけたらいいなと思います。

とにかく支えてくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!