テンパる。

最近間近に迫っている29日下北CLUB QUE、3日の京都mojo、4日の広島バッドランズでのライブの準備で若干テンパってます(笑)

広島から戻ってくると川合辰弥さんのライブや自分の弾き語りがあるのでさらに色んなモードが稼働します。

そんな時はあまり実際やっている音楽とは違う音楽を聴くようにしているのですが、ここ最近は黒人の音楽、昔のブルースやR&B、ジャズを聴いたりしていますが、体は洗練されたものを欲しがっているようで。

とそんな中父親からメールが来て、

「ブラッフォードの特集のドラムマガジンを買った」

と書いてありました。
そう、ブラッフォードとはKing CrimsonやYESのドラムのBILL BRUFORDの事。
僕が大好きなドラマーで、最近何してるんやろうって思ってた所になんとドラムマガジンに特集が組まれるとは!

そんな事で思い出したように(思い出したんです)ブラッフォードを聴いてます。
ほんまに洗練されたドラムで彼の手にかかれば、ジャズもジャズでなくなります(いい意味で 笑)
とあるドラマーが「クラシックのドラム」と表現しましたが、本当にそう思います。

ブラッフォードのドラムはすごく洗練されていて素晴らしいのひと言!
久々に聴くとテンションあがります。


「最近はメチャクチャなのがいい」みたいな音楽をよく聴いていたので(これもいい意味で)また違った感覚になります。

音楽にかかわらず絵を書いたり、料理を作ったり、なんでもは本来繊細なもの何だなあと思っています。
ちょっとの事で音が変わったり味が変わったり、色やタッチが変わったり。

その繊細なものを以下に理解した上でそれを繊細に表現するかダイナミックに表現するかってことなんだろうって思います。
それを突き詰めたものが洗練されたものなのかなと。

何かものすごく話しは脱線しましたが、要はテンパってるので、そういうもので気を落ち着けようとしているって事なんですがこんな風に色々考えてしまっているのでテンパるのは性格の問題かな。


これからちょい久々にダブルヨッチャンとリハです。
テンパらないようにしよう。
スポンサーサイト
お土産CD。 | Home | 24歳になりました。

Comment

Post comment

Secret