Starless And Bible Black ~ 暗黒の世界~

Starless and Bible Black

お久しぶりです。クリムゾンの話。
もはや誰も待ってないかも知れませんが、自分の趣味なので書かせてください。

いつかCDのライナーなんか書きたいなあ。
過去音源が再発しまくりなんで、もしかしたらチャンスはあるかも知れませんね。(笑)

さて、前回の1973年11月のアムステルダムでの公演を収録したライブ盤「The Night Watch ~夜を支配した人々~」に引き続き、今回はそれから数ヶ月後に発表されたスタジオ盤(といっていいのか?)の
Starless And Bible Black を紹介します。


メンバーは

Robert Fripp / Guitar, Mellotron & Devices
David Cross / Violin, Viola, Keyboards
John Wetton / Bass ,Vo
Bill Bruford / Percussion


このアルバムは73年の秋ツアーのライブ音源と74年の1月にレコーディングされたスタジオ音源が編集されたもので、曲により印象が異なります。

演奏が洗練されてきて素晴らしいものになっていたのでライブでの即興演奏に頼った形なんでしょうか?
全体的にライブ音源が多いです。

しかし、スタジオで録音された曲の完成度が素晴らしいのでもっと聴きたかった、とゆうのが個人的な印象。
でも初めてクリムゾンを聴いたのがこのアルバムなので思い入れも強いです。
それを抜きにしても素晴らしいアルバムですが。


1曲ずつ紹介すると。

1.The Great Deceiver
これは素晴らしい。スタジオでレコーディングされた曲ですがライブで洗練されまくった演奏と楽曲自体の良さでこのアルバムで個人的に一番好きな曲。
後々のライブでの演奏も素晴らしいですがスタジオでのこのテンションは圧巻。

2.Lament
同じくスタジオレコーディングされた音源。これも素晴らしいです。
この時点でこのアルバムの印象は決まった感じです。
この曲は後のライブ演奏でさらに強力になっていきます。

3.We'll Let You Know
これはライブ音源。73年10月23日のグラスゴーでの即興です。
即興か!?と疑うほど完成度が高い。この時期のバンドとしてのすごさがよく分かります。
ブラッフォードのアプローチがたまりません。

4.The Night Watch
このアルバム一番のメロディアス(正しい表現か分かりませんが)な曲。大好きな曲ですが、普通なかなか考えられないイントロがライブ音源、それ以外がスタジオ音源というもの。
思いっきりましたねえ(笑)違和感はありませんが、どうせならイントロも録音したらよかったのに。
ギターのメロディーが素晴らしい。

5.Trio
前回紹介したライブCD「The Night Watch」に収録されているものから。きれいなメロディーがクロスのバイオリンから聞こえます。
ドラムはいません(笑)

6.The Mincer
これもライブでの即興。これは即興っぽいかも。
歌が入っていますが、作品的ではありません。

7.Starless And Bible Black
タイトル曲なのにこれもライブ音源。73年と74年では即興の雰囲気も全然違うのですがこれは73年の即興の一例になる気がします。
でもタイトル曲は作曲してスタジオで録音してほしかった(個人的)

8.Fracture
これも「The Night Watch」収録の音源にダビングが施された音源。
この曲は「作曲」されていてしっかり楽曲が構築されています。
「この時期の代表曲は?」ときかれてこの曲をあげる人もいるんではないでしょうか?
ライブならではの演奏のいい部分と楽曲としての完成度でラストを飾るにふさわしい曲です。
このギターは恐ろしい。とりつかれてます(笑)



どうしてもこの前後の作品が名盤とされるのでなかなか目立たないですがこのアルバムは個人的には好きなアルバムです。
一番脂がのっている頃に録音されたものなのでバンドとしての勢いを感じます。

ウェットンの歪みまくったベースも、ブラッフォードのパーカッションとしてのドラムも、スタイルとして、この時に形になったんじゃないかと思います。
今後のメンバーの活動に大きな意味をもたらしたアルバム。。。ってゆうのは言い過ぎかな(笑)


このアルバムを発表してすぐ、クリムゾンはまたツアーに出ることになります。
ここからまたさらなる試練と進化が始まります。

自分達の演奏で精神的に追い込まれるほどギリギリの状態で演奏するようになっていきます。

このメンバーのクリムゾンも解散まで時間はあとわずかです。
何が起こるんでしょうか!?
スポンサーサイト
8月になりまして。 | Home | ライブ決定!

Comment

おっ!

僕は密かに楽しみにしてました
「クリムゾン話待ってました!」なんて言っちゃうと
魔女狩りにでもされそうな感じですね(苦笑)
このアルバムは昔図書館で借りた記憶があるんですが
そこで聴いたきりなので実はあまり聴けてない感じ
祐介さんの感想聞いてまた聴き直したくなりました
個人的にクリムゾンはラストと復帰作が
大好きやったりするので
これからもこのコーナーの存続を希望します(笑)

余談ながら・・祐介さんのブログ見るまで
トニーレヴィンの来日も知りませんでした~
しかし凄いメンバーでのライブなんですね、行きたい・・

時間が早ければ行けるかも知れないので・・
全力投球のタイムテーブルの発表も実は気になってます

やりまっせ!

>ISAOさん
誰に何といわれようがこのコーナーはやろうと思ってます。今は当たり前のことしか書いてませんが、「応用編」も書きたいくらい(笑)
トニーの来日は大阪にも行くので是非!
僕も東京のに行こうと思います。

全力投球のタイムテーブルももう少しお待ち下さい!
ごめんなさいね~。

Post comment

Secret