ハトの世界。

ハト

ハトの世界にも色々あるんですね。
最近はよく公園で読書をしているんですが、その公園にはいつもハトがたくさんいます。

なんかを食べていたりするとなんの悪気もなく、当たり前な顔をしながら「くれ」って言いながら(イメージ)すぐ寄ってきたりして、なかなか憎めないヤツなんです。

そんなハトもをします。

今日もなにげなくハトを見ていたら、一匹のオスが必死にメスに対して求愛ダンス(メスの前で「クルックル~♪」と鳴きながらまわるってかんじのもの)をしていたんですが、悲しいことにまわっている間にメスのハトは飛んでいってしまい、一回転して前を向いた時にはもう誰もいないとゆう悲しいシーンが繰り返されてました(笑)
それをなんども繰り返した後、やけくそになったのか、オスはメスを走って追いかけていました。
でもメスは逃げる逃げる(悲)

結局、誰にも近づけなくなったハトは1人噴水で水を飲んでいました。(涙)

ハトの世界にも色々あるんですね。なんか切なくなりました。
あの後どうしたんだろう?今後どうやって生きていくんだろう?(大袈裟)色々気になってます。
はたしてあのハトに春はくるんでしょうか?もうですけど。
スポンサーサイト
突然ですが、初リハーサル! | Home | 英語ムツカシイね。

Comment

クルック~♪

鳩の世界も色々と大変なのねぇ…うーん、切ないなあ((+_+))
…と思いながら、思わず笑ってしまいました(^_^;)
ごめんね、鳩さん…(笑)。

これを読みながら、今は亡き我が家のオスネコが、他所のメスネコにちょっかいを出して嫌がられ、それでもしつこくしていたら最終的に(メスネコが怒って)逆に追っかけ回されていたのを思い出しました。

動物の世界にも色々あるんですね~(苦笑)。

思わず笑ろてしもたし、コメントしといたわ(笑)
ひそかにいつもちょっと笑いながら、楽しく見てるよ~。
ユースケくんの目の付け所はわりと好きな事が多いかも♪

はと、怖いんです。

実ははとは苦手です。小鳥を飼っていたけれど小鳥どまりです。それ以上大きくなると、、、、子供の時にはとに豆をやりにいったんですが私の豆をめがけて数羽のはとに囲まれ頭の上や腕にとまられて豆をつつかれて以来、飛び立つあのクイクイクイ~という音に敏感に反応します。先日道の真ん中に飛べそうにない小鳩らしきのがいたんですが数羽のからすが徐々に集まってきて電信柱の上から見てました。弱肉強食ってやつかも。都会の中でも野生の動物の生きるすべというか本能なんでしょうか。

人生色々。

人間だけじゃなくハトも人生色々です。
>かれんさん
切ないけども面白い。何とも皮肉なもんですね。そして猫もいろいろあるんですね。

>きたクンさん
北さん初コメント!ありがとうございます。
北さんのブログの方は僕はちょっとではなく大分笑ってます(笑)

>うすちゃんさん
弱肉強食。このハトさんたちもカラスが来ると警戒して、群れになるんです。
これも鳥の社会なんですね。

Post comment

Secret