アルバム全曲解説『べっぴんさんがゆく』

今日もまた全曲解説。
アルバム恒例の「京都の歌」シリーズです。




『べっぴんさんがゆく』




とゆう曲。


どっかで聴いたことのあるフレーズで始まるこの曲は、全編「それっぽい」アレンジで進みます。


ぺらぺらのギターにかいらしいVOXオルガン。
メロディオンもメチャクチャいい感じ。
淡々と、でもふんわりすんなりと進むリズム隊。


専門的な話をすると歌やギターにかかっているのはAKG BX-20Eとゆう有名な(デカイってことが)スプリングリバーブを使用。
なかなかこれをつかうレコーディングもないやろうなあ。

なんか、リッチなリバーブですな。




この曲も結構すぐで来た曲で歌詞も曲もほぼ同時で出来ました。

歌詞は京都弁がちりばめられていて、なんのこっちゃ分からない人もいるかもしれませんが、いくつか説明すると、



木屋町→河原町通りと先斗町の間にある通り。
かいらしい顔→可愛らしい顔。
はんなり→落ち着いたはなやかさを持つさま。(広辞苑)



祇園とか分かりやすい地名を使わないであえて木屋町にした理由は「京都人やから」です。わかるかなー?(笑)

はんなりもおっとりとかゆったりな意味で考えている人も多いですが、京都では「華やか」って意味で使います。



京都の人は「空気を読む」ことを大事にします。
が故に気をつかっているのに裏表があると思われたりします。


実際には空気を壊さないように笑顔で「へえへえ」と言ってても、実際は何考えてるかわからしまへん。

でもうまいことしゃはるのが「べっぴんさん」なんです。



こんな感じでゆうと怖いけど、僕はやっぱりべっぴんさんが好きです(笑)
スポンサーサイト
アルバム全曲解説『栄光のマウンテン』 | Home | アルバム全曲解説『釣りに行こう』

Comment

かいらしい曲です、ほんと。
オルガンが素敵ですねぇー♪
ライブではユウスケさんが”なぁー”を大っきく口あけて、
笑顔で歌っていらっしゃるのがとっても印象的。

京都に行くとユウスケさんの曲が流れてくるんですよねぇ。
鴨川だったり、河原町だったり。
これからは木屋町行ってもはっ!っとなってしまいます。

なんとなく、ユウスケさんって京都の方なんだなぁーと改めて思う、この解説。笑

ネイティブ・ミュージック♪

京都の情景がゆったり浮かんできて、
歌詞のワンシーンに、
ユウスケさんがナチュラルにとけ込んでる雰囲気です。
鴨川の時にも感じましたが、
生まれ育った京都が本当に大好きなんだなぁ…って。
ユウスケさんの音楽は、
京都で聴くのがどこよりもしっくり伝わりそうです。

ほんなら最後は

べっぴんさんが行く~♪ やなくて
べっぴんさんが好き~♪ て歌わな(笑)
タカタクさんの解説読んで知った裏の顔。(言葉あそび?)怖~e-447

裏があっても。

ライブでもすっかりおなじみの曲ですが
やっぱり鍵盤が入るとかわいさ倍増ですねー

私も仕事の時は笑顔を作ってることが多いなぁ…
心の中でどう思っていようとも。
でもそれは確かに気をつかってるが故。

今まで京都の人は腹黒いと思っててごめんなさい(笑)

京都弁解説

おおきに。笑


あえて北海道弁で対抗しますが
なまらめんこい曲ですね♪


めんこいなーって思ってたのに
takatakuさんの解説見てオドロキ!!!

ユウスケくんこわいーーー笑


でもほんとにかいらしい曲でダイスキです♪♪

京都弁講座!

はんなり間違った解釈してました。意味を知って歌詞がしっくりきた気がします。
可愛らしい曲なのに、歌詞に隠れてた言葉で、京都人の腹黒さを垣間見た気がしたり…はないけど、裏を読んじゃいそうで、ちょっとコワイですー(笑)

Post comment

Secret