今日は久々に本のお薦めしたいと思いますが、紹介するのは京都音楽空間です。

この本は「読む」と言うよりは「見る」ものかもしれません。
最近、音楽と京都と言う街は切り離せないものになってきています。

その昔、1960年代~70年代は音楽の激動の時代でした。
そんな激動の時代の中で数々の伝説が生まれた街が京都でした。

当時の京都には数々の音楽にふれられるバーや喫茶店、レコード屋さん、沢山のミュージシャンが生まれたライブハウスなどがあり、現在でも残っているお店なども沢山あります。
そんな伝説が残るお店やミュージシャン達が、通ったレコード店やバーなどと共に、京都で音楽にふれられる色んなお店を紹介している本です。

京都出身の僕にはなじみのお店や両親からよく聞かされたような昔から残るお店がのっていてすごい楽しめました。

独特の文化をもつ京都ならではの個性豊かなお店が載っていて、わくわくします。
行った事のある人も、ない人も、当時の事を知っている人も知らない人も楽しめる一冊だと思います。行きたくなりますよ~!!


京都音楽空間―音に出会える店案内 (京都モザイク (005))京都音楽空間―音に出会える店案内 (京都モザイク (005))
(2003/12)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
ピアノマンとギターマン。 | Home | 電車ネタ。その2

Comment

Post comment

Secret