自分の音源を振り返る 〜Goodday Sunshine 編〜

まだ引き続きツアー中。
書けることも少ないので、前回に引き続き自分の作品を振り返ってみたいと思います。

前回振り返ってみて自分的にも収穫があったので少し楽しんでます(笑)
皆さんも楽しんでいただければ。

ちなみにこれを書こうと思ったきっかけは
こちらの記事に書いております。
併せてどーぞ。

自分の音源を振り返る 〜一竿風月 編〜



ではでは振り返ります。
フジタユウスケのソロアルバム第二弾となった「Goodday Sunshine」。


XQJC-1003_300x300.jpg


2010年6月23日発表。
前回の「一竿風月」から約1年後です。うん、いいペース。

曲のボリュームもこの時の僕にとってはちょうどよく、1年に一回音源を出すことを目標にしていたので、きちんと制作、煮詰めた曲を6曲作品に入れました。

今聴いてみたトータルとしての印象は前回に比べて「大分小慣れたな」です(笑)
演奏や歌といったことよりも、作品として。
曲や歌詞に遊びが出てきたり、幅も出てきたなと。

メンバーは前回とは違いライブで演奏していたメンバー構成が中心。
とは言えそこまで変わっていませんが(笑)


01. カントリーロード
いきなり初めてのインスト。
最初は歌をいれるつもりで作ってて、歌詞をはめたりしたけどイマイチで(笑)
この頃から自分は小さい頃から釣りしたり自然の中で生きてきた事が少しだけ、特殊な幼少期だったことを自覚してたので、こういう曲ができたのかな。と。
呑気で、自然の中を、田舎道を子供が走ってるような、イメージ。
敢えてリズムマシンを使ったり、カントリー的なバンジョーを入れてみたり。
よく聴くと、なかなかよく出来てるなあと今聴いて思った。
このバンジョーは多分今はもう弾けないな(笑)


02. 雨男
一転して、東京に出てきて波に揉まれつつ生きてきて少しだけ大人になった曲(笑)
この曲はこのアルバムを作るきっかけになった曲でもあって、6曲中で一番古い曲。
歌詞は当時良く「雨男」と言われてた僕の心の叫び(笑)
「雨男」と言う若干フザケたタイトルですが、意外にまともな事歌ってます。
当時この曲を歌う時、感極まることが多かった。
雨男を題にしているけど実は色んな想いがあって歌ってて。
こういう歌詞の書き方はこの曲から始まったなあと。
「雨男」に引っ張られすぎす、いろんな解釈で聴いてみてもらえたらもしかしたら僕の込めた思いを少し気づいてもらえるかもしれないですな。
だったら「雨男」も悪くないです(笑)


03. 叫びたいのさ
今やガラパゴスのテーマ曲のような曲。
元ネタはやっぱりあれ。
歌詞はこのまんま(笑)ライブがしたいんです。その為に曲書いてるんですってことですかね。
記憶が正しければ僕が知ってる中で木下さんが唯一Gibsonのベースを弾いた曲かも。
全く同じフレーズのギターを音色を若干変えて左右で分けてるので音圧があります。
勢いがあってよろしいな。


04. グッデイ・サンシャイン
これもさんざん歌ってきた曲ですが、少しテンポが速め。
今思うともう少しのんびりしたテンポでやっても良かったかなと思うけど、これはこれでとても雰囲気があってよしかな。
スチールギターがなかったのでそれっぽいギターをそれっぽい音にして弾いてます。
一緒に釣りに行ったとあるミュージシャンに「この空気を昔から知ってるからグッデイ・サンシャインみたいな曲が書けるんやね」と言われたけど、そうなのかもしれない。
牛の声はモーモー缶。やぎにしか聴こえませんが(笑)
なにげにコーラスが凝ってたり、ドラムが各パーツバラバラに録音したりと色々工夫してます。


05. マチガイナイ
これも今でもよくライブでやりますが、元ネタがあってそれを聴くと自分でもちょっと笑ってしまう(笑)
ギターの音が割りと好き。確かマーシャルにレスポール(左)SG(右)弾いてるけど楽器のキャラがわかりやすくでてるなあと。
ミキオさんの鍵盤が色んな形で飛び出してくるのもいいですね。
歌詞はどーでもいいこと歌ってます(笑)
マチガイナイって言葉が言いたかっただけ。
ライブではしょっちゅう歌詞を間違えるので別名「マチガエタ」と呼んでます。


06. 鴨川
京都に流れる川の歌。本当はもっと自分の地元に近い場所を歌おうかと思ったけど、地名がマイナーすぎてわかりにくかったので、ある日ライブで帰って立ち寄った時のことを書いた(んやったと思う 笑)
音楽的なことを言うと、全体の音がいい感じに録れたなと思う。
距離感というか質感というか。
それはヘッドフォンや車で聴いてるとわかりにくいだろうけど。
ミキオさんのピアノと後ろで流れるオルガンには今でもグッと来ます。
テーマのギターも難しいギターを若造が頑張って弾いてます(笑)

「いつかきっと帰ってくるよ」のいつかはいつなのか。自分でもまだわかりません。
けどいつかは京都に帰る日があるような気がしてます。



ということでトータル25分位のあっという間に聴き終える事ができる短いアルバムですが、中にはストーリーがあるので通して聴いてもらいたいです。

声は相変わらず若いし、歌やギターの技術的な事を言えばダメ出しできることもいっぱいあるけど、このアルバムをこう言うマインドで作れたのは今の自分につながってるなと思えます。


レコーディングするにあたって、エンジニアさんがちょこちょこ入れ替わったり、ミキオさんはすべて別の日に録音してたりとせーの!で作った感じが少ないのはこのアルバムの特徴の一つでもあるかもしれません。

そのせいかやっぱりみんなでレコーディングしたい!って思いが強くなった作品でもあったのかな。
そして次のアルバム「グッドモーニング」では合宿レコーディングすることになります。


という訳で今回はこの辺で。

次回もお楽しみに!!!


スポンサーサイト
3on3ツアー。 | Home | 自分の音源を振り返る 〜一竿風月 編〜

Comment

嬉しい♪

お早い第二弾!嬉しいです♪
明日は休みなのに久々に風邪引いて、ゴロゴロしながらコメントしてます、あ、失礼(笑)
実は初めて手に入れたユウスケさんのアルバムです。小慣れた感じ、ちょっとわかるかも♪
カントリーロード…東京生まれの私には田舎はないのだけど、畑や田んぼの真ん中にある道を少年がティーシャツ半ズボンでテケテケ走ってる姿が目に浮かびます♪
雨男、大好きです。
綺麗な声ででも力強くて、聴いてると切なくなる。ユウスケさんが言うように、ちょっと違う解釈も意識してゆっくり聴いてみます。新しいアルバムがでると、ついついそちらを聴くことが多くなるけど、改めて歌詞カードを見ながら聴きたいなと思います。
ライブでよく聴く曲ばかりのアルバム…うわーん、ライブに行きたくなっちゃったなぁ。色々頑張って近々絶対にいくー!
その際はまた沢山の歌聴かせてくださいね。

第二弾ありがとうございます!
思ったより早かった(笑)
前回のレビューと過去のレビュー(ポッとでラジオ)を比べて読んだら面白かったので今回も!と思ったらラジオの方はレビューが無かった…ので発売当初のブログを読み返してみました。1日1曲解説されてましたねー!凄い!

このアルバムも好きな曲が詰まっていて、ほぼ毎日聴いてるかも。

「マチガイナイ」の元ネタかどうかは分かりませんが、よく聞き間違える曲があります。その曲が元ネタと言うよりは、元ネタが同じなのかも?
今度ライブの時に教えて下さい(o^^o)♪

進化し続ける「叫びたいのさ」も大好きです。早くライブ行きたーい!

第三弾も楽しみにしてますよー。

続編、ありがとうございます!

前回、急ぎませんので...とコメントしておきながら、続編をすごく楽しみにしていたので嬉しいです!ありがとうございます!

「Goodday Sunshine」。ユウスケさんのアルバムの中でたぶん一番多く聴いてるかなぁと。
その中でも一番聴いたのが「マチガイナイ」。
このCDを買った頃、日々の色々な事に不安だったり、心配だったり、迷ったりして気分が上がらず落ち込んでる事も多くて。
そんな時毎朝の通勤の車で職場に着くまでの間、繰り返し聴いてました。(大音量で)
単純と言われるかもしれませんが、繰り返し流れてくる「マチガイナイ」って言葉で、元気と勇気と自信をもらってたなぁー。
もちろん今でも気分を上げたい時に聴き、そしてライブで聴けたら最高に気分の上がる大好きな曲です。
曲の最初のギターを聴いただけで、もう上がる上がる!(笑)

「雨男」も好きでよく聴いてる曲。切なくもあるし、熱さもある曲。
雨男ってどちらかと言えばマイナスなイメージの言葉ですが、でも悪い事だけじゃなくて、考え方や気持ちの持ち様でプラスにもなるんだよって。マイナス(-)もピッと線を足せばプラス(+)になりますしね(笑)
「でも悪くない」って繰り返し言ってるので、前向きさと後ろ向きな感情が戦っているのかな?、自分に言い聞かせてるのかな?そんな印象です。
ユウスケさんの込めた想いはどんなかな?気になります。

あと、「鴨川」!去年12月に京都に行った時に念願の「鴨川見ながら鴨川聴く。」をやってきました(笑)
12月で、しかも夜だったので長時間は居れなかったんですが、自分の地元ではないですが懐かしい、そしてゆったりとした気持ちになりました。
また次行った時にも鴨川見ながら鴨川を聴きに行こうと思います(笑)

CDはほとんど車か、移動の時に聴く事が多いのですが、振り返るシリーズが始まってから改めて家で歌詞カードを見ながらじっくり曲を聴いています。そして続編が更に楽しみになってきましたよ!





今日のヘビロテにしよう♪

ユウスケくんが今も雨男なのかはちょっと気にしていて、この約2年の関西での実績は「壊滅したミナミホイール以外は晴れ!」ですよ~
インストの曲は「好きなことやってまーす」な感じがして、けっこう嬉しい。ライブで他のミュージシャンと組んだときに、演奏に徹してる姿もいいのです。
雨男はYouTubeであがってるライブのを先に聴いていて、歌詞がよく聞き取れてなかったところをCD買ってから、おお~と唸りました。ギターソロと雨よ降れよ、からのたたみかけてくる感じがグッときます。
天気のいい日に自転車で走ると「グッディサンシャイ~ン」はよく浮かぶ。これからの季節に欠かせないフレーズですな。
鴨川、たしかに京都は有名どころが多いけど、タイトルにもってこれるところはあるようでないですね。三条大橋の等間隔に座るカップルに触れてくるあたり、やっぱ京都のひとやなぁ(笑)
前のアルバムの曲はやらないというアーティストもいるけど、ユウスケくんは惜しみなく演奏してくれて、一つの曲に思い出がいっぱいくっついてくるのがウレシイ。またアホになりにライブいきます。いっつもアホやけど。

続編 早かったから やっと追いつきました(笑)とても嬉しいです‼

「 雨男」は切ない思いが伝わってきてきますね。ユウスケさんのどんな想いなんだろう。恋が終わっちゃったのかなぁとか色々考えてしまいました。
「叫びたたいのさ」を年末ライブで聴いたときすごく興奮しました!一緒に叫びたいし、踊りたいし、盛り上がって大好きです。みなさんの演奏と迫力が凄かったな。ガラパゴスのテーマ曲。納得です。
自分が悩んでたり、道に迷っている時にこれだけ「マチガイナイ」って言ってもらえたら、前に進むしかないと確信しますね!
歌詞を間違えた川西さんに歌いながら「マチガエタ」ツッコミするのも好きです。

 それぞれに詰まってる色んな想いを感じながら改めてアルバムで、またライブで早く聴きたくなりました。
更なる続編ますます楽しみにしてます♪



なるほど!

またいろんなエピソードが聞けてなるほどなぁーと感じております。楽しい(*´艸`*)ありがとうございます!
ライブで盛り上がる曲も暴れたいので大好きですが、鴨川。しびれます。
鴨川の風景が浮かび、さらに自分の故郷の風景やら大好きな川の流れなど浮かんで心がぬくくなるけん←地元方言(笑)またこっちで頑張って帰ろーってなる曲です!
枚方で聴いた時はぐーんときました(〃艸〃)ステキな音楽とライブ。
振り返るとライブセトリがこの先どうなるのかワクワクしますねぇー♪

なんて素敵なアルバム!

ブログ読みながら
改めて
なんて素敵なアルバム!て思いました(*´ー`*)

ガラパゴスの『叫びたいのさ』は
LIVEで聞く
ありとあらゆる曲のなかでも
飛び抜けて好きです♪
他のミュージシャン含めて。
LIVEで聞くと腰抜けそうな位かっこいい!
シンプルな構成だから尚更(//∇//)

他の曲達も大好きな曲ばかり。
楽曲って
音源になる前にLIVEで初出しを聞いたり
音源で聞いたり
その後LIVEで進化したり。
同じ曲でも変化するのが楽しい。
LIVEに行く楽しみってそういうとこも
大きいですね。

今月も来月も
LIVEでユウスケ君の曲聞くのが楽しみですo(^▽^)o

あらためてみると

叫びたいのさをはじめ、どんどん進化していってる曲が多いですよね。ま、ライブは生き物なので当たり前といえば当たり前なのですけど...。
その分、CDを聞くと変化がわかるので、楽しかったりします。

Goodday Sunshine

このアルバム、わたしがはじめて買ったユウスケさんの作品です。
当時の一番新しいのをくださいってユウスケさんから直接…でサインも頂いたので聴く前から思い出いっぱいなやつなのです。

雨男が初めて聴いたときからグッときて今でも大好きです!ライブで聴けるとうれしい一曲♪またお願いしますね!w

これ読み直して、再度じっくり聴かせていただきます(*´˘`*)

続編書きたい。

>ゆうかさん
ライブにいくまでの時間に色んな事があって、歌詞や音の風景を想像してライブに来る。
それはとっても素敵なことやと思います。
家でゴロゴロしながら聴いてやってください(笑)

>アヤさん
ネットラジオで言ってたこととはまた違った事を感じてるんでしょうね。
自分自身感覚が変わったことはいっぱいあります。
だからこそ、前になればなるほど振り返って面白いんです。
次もお楽しみに!

>TATSUさん
マチガイナイ、勢いだけで言ってるんですけど、人生そんなもんです(笑)
これ聴いて馬鹿馬鹿しくなれればそれが一番いいのかなって思います。
これからも沢山聞いてやってくださいな!

>かときちさん
そ、カントリーロードは好きなコトやってるだけです(笑)
でも意外とギターが難しかったり、ミックスに凝ったりしてて、お気に入りです。
なんかのテレビとかで流してほしい曲です(笑)

>クミコさん
「雨男」ってポジションほど不思議なポジションはなかなか無いですからね(笑)
人からどう見られているのか。自分の中とのギャップみたいなものもあるのかもしれません。その時々で聴こえ方も変わってくるでしょうね。

>ベイさん
鴨川は京都で歌うとやっぱり特別な感じがします。
いつか鴨川で歌ってみたいもんですな(笑)
グーンとくる曲、たくさん書きます(笑)
>ひとみさん
「叫びたいのさ」はホントしばらくやってなかったんですけど、今や人気曲のようにもなってきました。
あの3人でやる時の良さが出るからだと思います。
そて、これからどう料理しよう(笑)

>よこやんさん
毎回違ってくるライブの生き物感はまた別に、進化して、させていくことは大事ですよね。
これからどうなっていくか、更に楽しみです。

>はちみつ◎◎さん
雨男はちょっと最近やってないかもですねー。
思い出の一枚。大事にしてあげてください!

雨男さまへ

先日の磔磔のライブ、そしてこのセルフ・ライナーノーツを読んで、思い出しました。

山田くんが叩いていた頃からユウスケくんのライブは何回か観たことがあったものの、まだ音源は持ってなかったのが、磔磔でのライブに感激して物販で「雨男…って歌ってた曲が入ってるCDを下さい」と手に入れた日のこと。

今でも一番大好きな曲です。

いつかこの曲のライブ音源CDを出して欲しいなぁ〜

Post comment

Secret