FC2ブログ

アメリカから帰ってきて。

この数日はずっと制作の作業や、家でのレコーディング。
ツアーの準備や機材部屋の整理。

曲はアメリカでのインプットが多かったからかやりたい事があり過ぎてまとまりきらない感じはあるけど、意欲には満ち溢れてます(笑)


そんな合間を縫って先日高校時代の同級生と15年振り位に飯を食ってきた。
音楽の専門学校でもあったのでそいつも当時から音楽好きだったけど、今でも音楽を愛している感じが話してて伝わってきた。
嬉しかったし、話しをしていて素直に楽しかった。
その頃の僕の印象は「とにかくずっとギターを弾いていた」らしい(笑)

部屋のオーディオを久々に見直した。
頂き物のLuxmanのセパレートアンプで部屋には大きすぎて、オーディオラックもないので、なかなか使えずにいて、「壊れているかも、、」と言われていたので、最悪処分も覚悟していた。

ところがそのアンプの全所有者の知人が突然亡くなられて、とてもショックを受けた。
悲しい気持ちは沢山あるけど、悲しむよりその人が残したものをなんとかしたい気持ちになって無理くりセッティング。
ちょっと故障箇所もあるけれど、自分で出来る調整、クリーニングをして、セッティング。
現状ではパワーアンプが置けないので、格好悪い変なシステムになったけど音が格段に良くなった。
これでまた音楽聴くのも楽しい。
ラックを手に入れたらパワーアンプも導入しようと思う。
これをくれた人が僕を天国から見て「あいつ相変わらずすっきゃなあ。」喜んでくれてたら嬉しい(笑)

その他にも、自分にとってとてもいいオーラを持つ友人と話をして感化されたり。
やりたいと思っていた事。めんどくさくて手をつけてなかった事。今までなぜか腰が重たかった事も積極的にやるようにしています。

新しい機材や感覚を試すだけでも時間はかかるし、ギターを弾くだけでも時間はかかる。
観たいものは多いし、聴きたいものが多い。
人にも会いたいし、気がつけばやりたいと思ってやっていなかったことが山ほどある事に気がついた。

アメリカで、あっちの人は自分から気持ちよくなりに向かってるんだなと感じたので、今は自分もそうありたいと思っている。

演奏スタイルも気持ちいい方向に「自分から」向かっていくアメリカ人を見習って、気持ち良くなるために何事にも少しだけ前傾姿勢で物事に取り組む事を意識していきたいと思っております(笑)

さて、2/28からはツアーだ。
久々に人前で歌うな(笑)

アメリカから帰って作った曲を衝動的にやりたくなったので、やる事にしました。
木下さんのアイデアも入って(これがまたカッコいい)本当に楽しみ!

バンド、弾き語り、沢山あります。
是非とも!

気持ちいい事、楽しいことは待っててもやってこない。
だから自分で掴みにいこう。
そうだライブ、行こう(笑)


ライブ情報はこちらから!


※ブログの写真の大きいファイルサイズがアップできないので、普段撮っている写真が載せられません。
なのでたまにつらつらとこちらで書きつつ、オフィシャルFacebookやツイッターなどで色々お知らせや日々の事を書きたいと思っています。

よろしくお願いします!

2019年、明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!
旧年中はお世話になりました。
2019年もよろしくお願いします!

初めて海外で、初めてのカウントダウンライブで迎えた新年は最高でした。
最高の仲間と最高に好きな場所で。

shooshの皆。UCARYちゃん。十鼓仁糖文創園區の皆さん。
本当にありがとうございました!

去年は急激に海外への道が拓けた一年でしたが今年は蒔いた種を咲かせる一年にしたい。
そして日本でも去年新たに出会った人、やりたくなったことを実現させたいと思っています。

ソロ活動ももっと皆さんにフジタユウスケの音楽の近くに居たいと思ってもらえるように、良い音楽を作り、面白い事、色々考えていきたいと思います。

まずは新年のワンマン二本立て!
来場者全員からのリクエストに応えるリクエストライブとちょっとしたゲーム(?)で日頃の皆さんの応援への感謝祭にしたいと思います。
京都はチケット残り少なくなってきています。
東京はまだ怖いくらい余裕があります(笑)

是非ご来場お待ちしています!

そしてギタリストとしても楽器屋さんのイベントに呼んでいただき、試奏会、そしてセッション大会を開催!
私の思い出からバタやんがベースで参加。
中居君も参加しようかなーと言ってました(笑)

今年はセッション活動も増やしたいのでこちらも要注目でお願いします。


2019.01.13.Sun
フジタユウスケ 2019年新春リクエストワンマン 〜Raw Sound Live〜「京都先斗町・2019年始業式」
形式:アコースティック形式
場所:京都・先斗町あだち
出演:フジタユウスケ
時間:OP17:00 / ST17:30
価格:前売3,000円 / 当日3,500円(各1ドリンク別途1,000円)
予約:11/27 12時より以下の専用フォームにて予約受付開始。ご予約時に「当日本人に歌ってほしい曲」の記入が必須となります。
https://tiget.net/events/41857

2019.01.14.Mon
Farida “Old Town”シリーズ試奏会
形式:アコースティック形式
場所:神戸三宮・Apple Guitars
出演:フジタユウスケ
時間:ST12:00ごろ
価格:無料
予約:不要。お問い合わせは 078-391-1134 まで。

2019.01.14.Mon
スタジオセッション feat.フジタユウスケ
形式:バンド形式
場所:神戸三宮・スタジオ246WEST
出演:フジタユウスケ(Gt.) / 篠原真人(Gt.) / バタやん(私の思い出)(Ba.) / 岩本奨也(Dr.)
時間:ST15:00ごろ
価格:見学1,000円 / セッション参加2,500円
予約:不要。料金は当日スタジオでApple Guitarsさんへお支払いください。お問い合わせは 078-391-1134 まで。

2019.01.18.Fri
フジタユウスケ 2019年新春リクエストワンマン 〜Guitar Show Live〜「The YSK Show Tokyo 2019」
形式:アコースティック形式
場所:四谷・LOTUS
出演:フジタユウスケ
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売3,000円 / 当日3,500円(各2ドリンク別)
予約:11/27 12時より以下の専用フォームにて予約受付開始。ご予約時に「当日本人に歌ってほしい曲」の記入が必須となります。
https://tiget.net/events/41856



今年はどんなことが起こるんだろうな。
みんなでとことんワクワク出来たら幸せですな!

恒例のワンマン無事終了

12/5、フジタユウスケとしての活動をして今年11年目の集大成のワンマンでした。
去年の京都 先斗町歌舞練場からの今年、どんなことをしようと思ったけど、出た答えは去年考えられなかった事を目一杯やることでした。

歌舞練場で初めて共演した森さんと佐藤さんのリズム隊コンビとのバンド。
今年はそこから発想は広がり、バイオリンの鹿島静さんとのコラボでの弦楽チームと出会い、6月、そして今回も出演してくれたのかもとさん、更に佐藤達哉さんという素晴らしいミュージシャンに出会うことができた。

今までのひたすらにロックで押しの強い(笑)音楽性から少しずつ方向性も変わり、自分の見せたい事、聴かせたい曲も変化を始め、そのきっかけでもあり、今年一番注ぎ込んだ編成がこの皆さんとの「バンド」でした。

ギタリストとしての自分も今年拓けた部分があって、それとどう混ざっていくか。
それが課題だったけど、それは終わっても課題だった(笑)
音の事。曲の事。
色んな変化に怖がらず進みたいなと思えたワンマンになりました。

新曲の「ムーンライト」という曲は、そんな環境から生まれたこの編成にぴったりな新曲。
今までの僕とは全く違うテイストの曲ですが、シンガーソングライターとしての僕の新しい一面なのかなと思います。


好きな事をやるのは楽しいけど大変。
沢山の人の力が必要やし、見えないところで沢山の人が僕の為に頭を使い、汗を流し、歯を食いしばり、笑い、喜び、支えてくれる事に改めて感謝します。

そして平日のクソ忙しい中足を運んでくれた皆さんに感謝!
大切な時間を僕に割いて、応援したり、音楽を楽しんだり。
そういう気持ちでいてくれることが嬉しくてしかたないです。
いつもみなさんありがとう。

そして今回来れなかった方にもまた僕のライブに行きたいなと思った時に僕がライブをしっかりやれているように頑張ろうと思います。
だから、また遊びにきてくださいね。

僕の音楽に関わってくれた全ての皆さんが僕の音楽で少しでも幸せになれたらそれが最高。
ドラムの森さんが酔っ払って言ってたけど、目指すのはそこだけ!(笑)

今年も残すところ都内と台湾のライブのみとなりました。

ここからは来年に向けてのライブ。

台湾のアーティスト、ジャスティンのサポートでのライブと、12/18新宿レッドクロス。
そして台湾の年末ライブの二本立て。
さらに精進します。

改めて、ワンマンに集まってくださった皆さん。
ありがとうございました!


年内まだまだ駆け抜けるぞ!
よろしくです!



12/5 二子玉川 Gemini Theater クリスマスワンマン セット

1 Amazing Grace
2 DooWop!
3 キコエルカイ
4 京はいつも通り
5 西へ東へ
6 雪のせい
7 Good night,sleep tight
8 アヴァンチュール〜Flickin'&Swipin’〜
9 Jingle Bell Rock(Brian Setzer)
10 Give Love On Christmas Day(Jackson5カヴァー,Second saturday Ver)
11 Jingle bell(Brian Setzer)
12 雨男
13 星に願いを
14 マイウェイのハイウェイ
15 ヘイヘイヘイ!
16 空に焦がれて

EN
1 ムーンライト(新曲)
2 雨が降っても


世界へ羽ばたく音楽!

XimeraギターのプレーヤーとしてMUSIC CHINA 2018に出演。

結果的に4日で13ステージ演奏やりきりました!
おかげさまで世界中の楽器ブランドの方に知り合い、ギタリスト、フジタユウスケとして繋がることができました。

台湾のFaridaやイタリアのBaroni、FOXGEARなど、海外のバイヤーさん達にも自分のステージを観てもらい、気に入って頂けたのか、アーティストとして今後の話をしてもらえたり。
FOXGEARなんかはDavid GilmourやSteve Lukatherなど、錚々たる面々も使用し、繋がりの深いブランドさんとこういう話ができるのは本当に嬉しいし、何より楽器の内容が本当に素晴らしいものばかりなので嬉しい!

上海で出会いとても気に入ったイタリアのBaroni Labを取り扱う京都の楽器屋さんとも偶然出会い、なんと僕や歌舞練場公演のことを知っててくれたり。
あの広い会場で日本の楽器店の知り合いにも偶然バッタリ会ったし、上海の音楽学校の講師の方や、台湾の楽器メーカーの方々。
なんだか奇跡的な出会いが沢山あった。

現地の人達にCDも沢山買ってもらったし、プレイを喜んでくれて色々話したり。
上海でプロデューサーとして頑張る同世代のシン君にも会えたし、上海滞在はとても充実でした。

今回機会を与えて頂いたXimeraの皆さんには本当に感謝です。


日本に帰ってから、東京の楽器ショーにも行きました。
こちらは東京ビックサイトで行われる楽器フェアというイベント。

更にそこで沢山の人に再会したり新しくFarida JAPANの方に出会ったり。
日本でもずっとお世話になっているIbanezやキクタニミュージックの皆さんも会えました。
色んな話があって、偶然にも続いた楽器ショーは、これからのフジタユウスケに影響の強い期間だったなと思います。


20181020042658d04.jpeg

MUSIC CHINAはデカイ!

20181020042440312.jpeg

Ximeraギターとうちわ。

20181020042200de3.jpeg

台湾のFaridaさんブースでも演奏しました。

201810200420228f2.jpeg

20181020041833563.jpeg

201810200418310e2.jpeg

今回の上海でとても気に入ったBaroni、FOXGEARも皆さんとも。

201810200420430a7.jpeg

そして日本の楽器フェアではおなじみのIbanezも。


もちろん今回の出会いや決まった事。
今後に繋がる沢山の話。
それらがうまく行くかは誰にもわからないけど、自分がどう受け止め、どう信じるかでしかないと思う。

ただ言えるのは、それらを前向きに捉え、信じて、信頼できる仲間や出会えた皆さんに感謝しながら、もっともっと大きな視野で次を、世界を、見て繋げて行きたいと思います。

もちろん日本の皆さんも!僕ら皆んなで盛り上げましょう。
僕はまず良い音楽、良い演奏、良い音で!
小さくても日本からムーブメントを発信したいです。

皆さんも一緒に、よろしゅうに!

あの頃にフラッシュバック。

LOVE LOVE LOVE 15th Anniversary「バカンスdeござんす’18 -Camp in びわ湖-」に出演して来ました。

ずっと活動を共にして来た仲間である、LOVE LOVE LOVEの15周年記念のイベント。

僕としては子供の時に通った琵琶湖、白ひげ浜でのライブというなんとも感慨深いライブ。
まさかここでライブする事になるとは。

出演者はビートモーターズや私の思い出、サクラメリーメンやTANAKA OF THE HAMADAのハマちゃん。
DJのSHIM TATSUYAさんや、キクチユウスケ君など。

20181008230040109.jpeg


スタッフも京都勢が参加していて、知り合いだらけ。
飲食コーナーも同級生の弟さんがいたりと、とても居心地のいいイベントでした。

20181009004114bed.jpeg


自分のライブはバンドで久々の野外。
野外が似合う曲が多いなと自分で思った。
きっとそれは僕自身が琵琶湖の広大な景色を見て釣りをしていたからなんだと思ってる。

だからある意味、琵琶湖でのライブというのは自分の原点回帰でもある気がします。

2018100823003654e.jpeg

相変わらずキレイすぎる星空に子供の時と同じように感動して、今だから思えることや仲間の存在。
色々感慨深い1日でした。

参加した皆さんもお疲れ様でした。
僕はすぐに上海の楽器ショーに出発します。

また全く別の世界へ。
世界は広い。

もっと広がっていきましょう!


1 サンライズ
2 ヘイヘイヘイ!
3 京はいつも通り
4 You’ve Got A Friend
5 マイウェイのハイウェイ(ゲスト浦山恭介&スパゲットー上田)
6 グッデイサンシャイン(ゲスト浦山恭介&スパゲットー上田)


201810082300406ef.jpeg

最後はバカンス音頭をみんなで!




そういえば釣りの方は一回だけアタリがあった。
釣れてはないけど久々にやって、限られた条件の中では上々の結果。
大好きだった釣りも今は音楽に一生懸命な時期なので、なかなかゆっくりできないけど、
またいつか落ち着いて釣りができる日がくればいいなと思う。