FC2ブログ

ただライブをするということがこんなに大切なんて。

東京に帰ってきました。
急遽編成の変更があったりでバタバタしたり、最終的にはコロナの影響で結果的に予約の半数がキャンセルになったり、色々とありましたが、京都 拾得でのライブは開催されました。


来てくれた人もキャンセルしてくれた人もそれも皆さんが自分自身できちんと考えてくれた事。


全てに感謝したいです。


賛否はあるだろうけど、それぞれの意志があって決めたことにはなにも言うことはないし批判もない。


参加する出演者、スタッフ、会場の方々、お客さん全てが、参加する意義と自分の行動に責任を持っていればいいのかなと思うし、難しいことであっても僕はそれを信じたいなと思う。
それは今回の件に限ったことではなくいつだってそうあるべきだと思う。


何百~数千。何万という大きい規模のライブでは不確定要素や状況があまりにも多すぎて、影響が大きすぎて、そらあ自粛も考えないといけないだろうとも思う。


でもぶっちゃけて、今の僕個人の活動規模はまだどんなに頑張っても数十人の規模です。(悔しいかな。。)
もちろんそれでも不確定要素はあるし、無視はできないんだけども、そんな活動の中においては出演者もスタッフも、会場の方々も皆さんときちんと話出来る環境だし、
お客さんだって顔や名前を知っている人だって沢山いるし、そこにいる皆さんと、直接、会って、「また来てね」って「人として」直接話ししたりすることだって普通にある活動しています。


だから僕はまず「人として」関わる会場やスタッフ、出演者、仲間やお客さんにきちんとそれぞれの意思を自分自身で判断して欲しいと伝えた上で、その判断を尊重、信じたいと思いました。
そんな自分でもやれることはあるだろうと。


街ではなんとか元気に過ごそうと友達と出かけたり、ご飯食べたり飲みに行って笑っている人達もいて、いざお店行こうと思っても意外とどこも満席だったりします。
それこそ一つの空間に数十人単位で集まり沢山の方々が時間を共有しています。
家にいたらわからなかったけど出てみたら分かることも沢山あるなあって。
それでそこにいる人達の楽しそうな顔を見てたら、自分の音楽もそんな力の一部になりたいなと思ったんですよね。


同じような規模や状況にも関わらず、世間が言うような「音楽イベントは自粛しないといけない」という雰囲気はなんだか違うと思うし、それぞれに置かれた状況を冷静に見極めた上で判断したい。
もちろん、それにはきちんと責任をもって行動すべきだけど、いざやってみたらそれを伴っても元気になりたい人は沢山いるんやなあと思いました。(自分も含めて)


とは言えどうしても見たいけど不安な方。行きたいけど諦めると判断をしてくれた皆さんも沢山。
それも正直な気持ちだと思うし、正しいことだと思う。
全然引け目を感じる必要もないし堂々と言えばいい。大丈夫。


だからそんな皆さんのためにも今回は少しでもライブを楽しんでもらえたらと、急遽でしたが、ツイッターで生配信をしました。


アーカイブで11日の夜までは観れます。
会場ではギターの音が出なくなったり、マイクスタンド倒れたり、色々トラブルもありつつ、最後はとても素敵な音楽になりました。
是非観てください!


東京60WATTS(ゲストで参加してます)
https://twitter.com/takataku777/status/1236584991707910144?s=21
フジタユウスケ
https://twitter.com/takataku777/status/1236603293150801920?s=21


急ごしらえという事で通信や音質画質など改良点はありつつ、やってよかったと思いました。
やっぱり生の音や空気がええなあとも思いましたが(笑)
だからこそ次はまた皆がおもいっきり楽しめる状況を作りたいし次に繋げたいと思いました。


拾得の皆さんが
「今日はほんまやってくれてありがとう。今のこの時期にみんなの心意気が気持ち良かったです」
「僕らなんかよりミュージシャンの皆さんの方が大変やと思います」


と言って頂けたけど僕はただ、大好きな店を守りたい。そこに集まる音楽を愛する人達が大好きなだけなんです。


「皆で乗り越えましょう。」

と握手を交わしてきました。(その後皆すぐ消毒してた 笑)
日本最古とも言われるライブハウス(拾得はライブハウスだとは言ってないけど)の皆さんとそんな話が出来ただけでもやってよかったなと思えました。


またコロナに水を差されないタイミングで東京60WATTSさんたちと一緒にやろうと思っています。
そん時は来れなかった皆も一緒に集まりましょうね!


そして、大変な状況の中、意志を持って来場してくださった皆さん。ありがとうございました。
皆の音楽愛に僕はテンション上がりました。
少しでも僕の音楽が力になったら嬉しいです。


改めて、こんな状況で僕がライブを開催することで色々考えさせてごめんなさい。
それぞれに考え、僕に直接意見を言ってくれる人もいた。
向き合ってくれて本当にありがとう。


これからも不器用ながらに頑張ります。
皆さん、どうぞよろしくお願いします。




フジタユウスケ





自分の意思で。

ブログに画像などが投稿しにくくなって書かなくなってしまっていましたが、最近アプリを手に入れて快適になったので久々にブログを書いてみる。


世の中のイベントが延期、中止になる中ライブしてきました。
想像以上にレッドクロスには人が集まってくれて、演者さんもお客さんもそれぞれマスクしたりこまめに手を洗ったり対策をしながらも、思い思いライブを楽しんでいました。
集まってくれた皆さん本当にありがとう。皆さんの顔見たらやってよかったなーと心から思えました。
自分の意思でやりたい、見たい事に対してはケアをして周りに迷惑をかけないようにする責任は発生するけど、それは何もコロナがあるからではないし、インフルだって風邪だって、ウイルスや病気でなくても、いつでも、なんでもそうあるべきだなとも思う。
不安だからやめておこうも、やりたいもそれぞれの判断でそれぞれが責任を取れる、納得のできる形で何を選びとるかでしかないですしね。正解や間違いもない。
だから人の選んだ行動に称賛も批判もしない。


ミュージシャンとして自分がやりたいこと(音楽)で飯食って、誇りに持ってやっていることに対しては常にそういった責任を持ってやっているつもりだし、これからもそうでありたいです。
だからやめなさい、やめてくださいと言われるまでは「自分の気持ちとしては」やりたいと思います(笑)
僕にはこれしかないんです。


同じ気持ちで集まった東京60WATTSさんとも気持ちよく楽しくセッションできた。
全員マスクで厳重に。(どっちかというと花粉のせいですが 笑)






来週の京都拾得も開催できますように。


参加したい!と思える方は是非、会いましょう。一緒に楽しみましょう。
こんな時だからこそ。


でも予約したけど不安な方はキャンセルして頂いても構いません。
無理はなさらぬようにお願いします。




2020年3月8日(日)
「そうだライブ、いこう。vol.32 ~京都拾得へおこしやす~」
場所:京都・拾得
出演:フジタユウスケ / 東京60WATTS
時間:OP17:30 / ST18:30
価格:前売3,000円 / 当日3,500円(各ドリンク代別途)
予約:より拾得へのメールにて受付。( jittoku@hotmail.co.jp )
予約方法詳細は以下のサイトをご参照下さい。
(必ずご希望のライブの日程を記載してください。)
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/yoyaku.htm



2019年。今年もありがとうございました。

今年もおしまい。
改めてあっという間でした。
自分の名義でのイベントやライブも細かい公演も合わせると60本近くやってたようです。
サポートも色んな現場でギターを弾かせて頂き、今年も充実した一年になりました。

自分の人生の中でも特別に大きな経験になったアメリカでのNAMMショーや旅での経験に始まり、台湾でのライブや人との繋がり。
新しい出会いや未知の領域へ踏み出す事が多かった。
怖いなと思う事も沢山あったけど、そんな心の中の小さなモヤモヤなど何もないと思えるくらい世界は広かった(笑)


そんな中で、改めて何より大切だと思ったのは、前向きな事(笑)
起こる全ての事に対して悪い側面よりも良い側面を見て、捉える事。
好きな事をやる事。やりたい事、欲しいものは、ただひたすらそれを願う事。
明るくいる事。笑顔でいる事。

その中でそんな自分の選択を認め、助けてくれる人が居てくれて。

だから自分も人に対してそうしていけるように、心掛ける事。
そしてその人達に常に感謝の気持ちを忘れない事。

よく考えてみたら、小さい頃から今まで、両親や祖父母にずーっと言われてきた事ばっかりだった(笑)

それを意識すると気がつけば周りの仲間にもそういう感覚の人が増えてきたし、何より特に母親が今でも一番その考え方を実践して飛び回ってて、その姿に未だに気づかされる。
もうすぐ70なのに夜行バスで日帰りでライブ観に来たり、旅したりしてますから(笑)

良き仲間に囲まれ、良き家族の元に生まれたなと、妙に感謝する年の瀬でした。


来年も自分の中で新しい、素晴らしい体験が待ってると信じて、心構えをし、来年を迎えたいと思います。
まだ出会えてない人はもちろん、しばらく会えていない人にも会えるような一年にしたいと思っています。

皆さん本年も本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
やっぱり皆さんのイエー!って声や笑顔があって、やっててよかった!と思えるんです。
来年もよろしくお願いします。


20191231110828210.jpeg

画像はアメリカの西海岸のどこか(笑)
どこまでも道が続いてました。

台湾初ワンマン無事終了!

台湾初のワンマン無事に終了しました。
今までの台湾ライブの1つの集大成。

日本人は僕と社長との2人だけ。
僕達以外は全て台湾の人と演奏し、スタッフも台湾の人達。
そして制作の方を入れず、可能な限り自分達の力でイベントを組み、会場を押さえて企画して進めてきました。
まだまだ規模は小さいものの、今の自分達にやれる事は精一杯やれたと思います。

ゲストに来てくれた、
最近は日本のフェスにも沢山出ているDSPSのEmiとは久々の共演。
彼女のオーラはどんどん大きくなります。
歌、声が本当に素晴らしい。大好きなミュージシャンです。

シンガソングライターのJustinは何度も一緒にライブをしてきました。
リハ1発でバッチリ決めてくれました。

台湾のユニット、shooshが居なかったら僕はここまで台湾に来る事はなかったでしょう。
バンドメンバーはshooshのメンバーと。

北京語ではなく、台湾語で自分の曲を歌ったり、中国語で作ったオリジナル「太棒了」もだいぶ受け入れてもらえるようになってきた気がする。

日本からも来てくれた方もいてくれたし、何より台湾のお客さんも沢山予約して足を運んでくれました。
とても地道ですが、それでも意味のあるものにしていきたいし、地道だからこそ得られるものがあるんじゃないかと思います。

まだまだどんどん仲間は増える。
更に来年も広がっていけたらいいなと思います。

とにかく支えてくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!

台湾での初ワンマン決定!!

今までにPUFFYやシュノーケルのサポートに始まり、ソロでもこの数年、台湾でのライブを何度もやらせて頂いてどんどんと、仲間が増えて輪が広がっているのを実感しています。
ミュージシャンや音楽関係者の皆さん。
そして台湾の音楽好きの皆さん。

日本のスタッフの皆さんや仲間のおかげで沢山の素晴らしい経験をさせて頂きました。
現時点でのその集大成としてついに、台湾でワンマンを開催することになりました!!

これまでにいろんな国でライブしてきましたが、一番沢山通い、沢山ライブをし、文化や色んなものを知ってこれた国は台湾がダントツ。
もちろん国も人も食べ物も文化も全て大好きだし、これからももっと知りたい。
8月に台湾ツアーを行ってその気持ちがさらに強くなりました。

そんな中での初の台湾でのワンマン。
でもワンマンと言えど、僕は1人では何も出来ないし、今までもこれからも仲間の力があって音楽をやれるんだと思う中で、台湾の仲間と一緒にフジタユウスケのワンマンを開催することにしました。

まずはシンガーソングライターのジャスティン(鍾鎮宇)。
彼とはワンマンのゲストに何度も呼んでもらったりサポートギターやレコーディングも一緒にやってきました。
ライブでサプライズでLET IT GOに参加してくれたり思い出も沢山です。
今回一緒にやりたい!と声をかけたら、快諾頂きました。

そして、トウ君こと、ドラマーの張至東(TOH)君。
彼とはXimeraギターのセッションや僕のサポートも何度かしてもらったことがあります。
ベースのカイ君こと陳德懷(KAI)君は日本に滞在していたこともあって日本語も話せてshooshでサポートした時に一緒に演奏しました。
また一緒に演奏したい!とお互いの願いが叶って、今回彼らにはミュージシャンの友達として演奏に参加してもらうことになりました。

そして大好きな台湾のバンドDSPSからエイミーこと曾稔文(AMI)。
最初にシュノーケルのサポートで行った時にDSPSと出会い、音楽に感動してそれ以来ずっとライブをやったり観に行ったり。日本でも何度も交流がありました。
大好きなバンドから、ボーカルのエイミーが参加してくれることになりました。嬉しい!

最後は僕の台湾での活動には彼ら無くしては語れない程お世話になりました。
shooshから、ギターのシン君こと李欣峯(HSIN)とボーカルのワンちゃんこと王暄晴(WANG)ちゃん。
何度もサポートもさせてもらったし、イベントも一緒にやりました。
彼らが来てくれる事はこのイベントにとってとても重要で嬉しい事。

こんな感じで僕にとっては台湾の欠かせない仲間たちが集合してワンマンを盛り上げてくれることになりました。

ぶっちゃっけまだまだどれだけお客さんが集まってくれるか、どこまで海外でワンマンをきちんと実現できるか不安な部分も沢山あります。
規模もまだまだ小さいものですが、仲間たちと皆さんと一緒に2019年の最後の大挑戦をやってみたいと思います。
日本からもこの新しい挑戦の成功に向けて、是非力を貸して頂きたい!

台湾の良さを伝える為に。
日本の良さを伝える為に。
そして世界はこんなにも広くって、でも近いんだってことを伝える為に。

台湾と日本を繋ぐ架け橋として、フジタユウスケの音楽が届けばいいなと思っています。
皆さん、どうぞよろしくお願いします!


2019年12月7日(土)
「Yusuke Fujita Oneman show in TAIWAN
〜With a Little Help from My TW Friends〜」
形式:バンド形式
場所:台北・Beryl Music -貝洛音樂-
https://berylmusic.weebly.com
出演:Vo.,Gt.:藤田祐介(YUSUKE)
Dr.:張至東(TOH)
Ba.:陳德懷(KAI)
Gt.:李欣峯(HSIN)
Vo.:王暄晴(WANG)
Vo.:曾稔文(AMI)
Vo.:鍾鎮宇(JUSTIN)
時間:OP18:30 / ST19:00
価格:前売500NTD / 当日600NTD
予約:10/10 12時よりメール予約受付開始。
宛先 ysk@nineup.co.jp
タイトル 12/7台北ワンマン
本文 お名前を英語で表記の上、枚数をお知らせください。
お支払いは当日受付にて現地通貨にてお願いします。